第2話

 先週金曜の放課後。

 クラスメイトに告白された。



 彼——大原くんは、明るくて快活な、クラスの人気者。

 彼の周りには、いつも誰かしら友達がいて、賑やかに楽しげな空気が常に満ちている。

 サッカー部のキャプテンで、いざという時にはしっかりと場の空気を読み、毅然とした態度を取れる。

 そんな頼もしさと爽やかな明るさを持ち合わせた彼は、男女を問わず周囲から慕われる存在だ。



 けれど——

 彼に告白された私は、困惑している。



 彼の気持ちが自分へ向いていることは、知っていた。

 その眼差しや、急にギクシャクと不器用になるその態度や、何かの拍子にぱっと染まる頰などを見れば、すぐに気づく。

 まるで、真っ直ぐで純粋な少年のようだ。


 彼のことは、嫌いじゃない。

 むしろクラスメイトとして好感を抱いている。


 けれど——

「異性」としては、どうか?

 実際に告白されて、改めてそう自分に問いかけてみても、答えなどさっぱり見つからない。




 中学の頃、家庭教師に数学と理科を教わっていた。

 端正な顔に眼鏡をかけ、どこか神経質で華奢な長身の男子大学生だった。

 親の希望で、彼の授業は自宅ではなく、近くの図書館の公共スペースで受けていた。


 私はいつしか、彼に強く惹かれた。

 先生として、そして異性として。


 ある日、授業内容から宇宙の話になった。


「僕もね、宇宙や星が大好きなんだ。

 星の本、よかったら貸そうか」


 先生の微笑みとその言葉に、私は迷わず頷いた。



 図書館の帰り、親に「友達の家に寄って帰る」と嘘のメッセージを送り、先生と一緒に彼の部屋まで行った。

 本を借りるために。


 言われるままに上がった彼の部屋で、強く彼に抱きしめられた。


 そのまま、ベッドに倒された。


 怖いとは、全く思わなかった。

 それは、私が毎晩毎晩脳内に思い描いていたことだった。

 こうして願いが叶ったことに、私は寧ろ酔いしれた。



 止めようのない勢いに、すべての行為は嵐のように過ぎていった。

 その熱に浮かされるように、私は彼に囁いた。


 ずっと、こうしていたいと。



 私の囁きを聞いた途端、彼は何か我に返ったように青ざめ——

 上擦るような声で、小さく「だめだ」と呟いた。


「このことは、僕たちだけの秘密だ。——な、わかるよな?」



 突然逃げ腰になったその態度と、怯えたような表情に——

 私は、彼の心の奥底の汚れた沼をそっくり見せられた気がした。


 ただ衝動的にヤりたくなっただけで、お前を好きなはずなどないだろう、と。 

 喋られると都合が悪いから黙っておけ、と——そう言われたのと、何も変わらなかった。



 その男とは、それきり会うことはなかった。

 先生急に都合が合わなくなったらしくて、と、それだけ母親から聞いた。




 3年前の出来事だが、別にどうでもいい。

 初めて好きになった男がたまたまクズだった——ただそれだけのことだ。



 そして。

 私には今、気になってならない人がいる。——大原くんではなく。

 その人がこちらを向く可能性は、ほぼないけれど。


 大人びて、いつも静かに穏やかで——

 時々さりげなく投げられる艶のある視線に、ゾクゾクとする。

 それが私の方を向いていないから、なお一層。


「長澤、次理科室一緒行こーぜ」

「ああ」


 品の良い仕草で、彼はすらりと席を立つ。


「ねえ、長澤くんってさ、彼女とかいないのかなー?イケメンだよね、なんか冷たくて怖そうだけど……」

 私の横で、友人が彼をじっと見つめながらわかりやすく頰を染める。


「——彼、中学校の頃、初恋の子が事故で亡くなったんだって。

 その子のことが、今も忘れられないらしいよ」


「……え? なにそれ!? ほんと!?」

「うん。男子たちがそういう話してるの、たまたま聞いちゃっただけだけどね。

 ——この世にいない相手と戦ったって、きっと無駄じゃない?」

「え〜……嘘お〜……超ショック〜〜……」



 そう。

 この世にいない相手になど、勝てるはずもない。


 私のこんな想いなど、彼には届かない。


 ……寧ろ、届かなくていい。

 変に冷めて、既にどこかが汚れている、私みたいな女の想いなど。



 ——汚してしまう気がするのだ。

 真っ直ぐに私を求めてくれる大原くんの想いを、受け止めてもいいのだろうか——こんな私は。


 金曜までに、答えを出すことになっているのに。




「理科室そろそろ行こうよ、咲」

「……うん」


 友にそう誘われ、重いため息をつきながら席を立った。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます