走光性

aoiaoi

第1話

 渾身の勇気を振り絞った告白が、今日、実を結んだ。



 大原雄介、17歳。平凡な県立高校の、ごく平凡な2年。

 平凡なりに打ち込んでることもあって。特に才能が目立つわけでもないが、サッカー部のキャプテンだ。



 先週金曜の放課後。

 入学以来一目惚れのように恋心を抱いていたクラスメイトに、意を決して告白した。


 自分の気持ちを、どうしても抑えられなくなった。

 彼女は、学年トップクラスの優秀な頭脳と整った容姿を持ち、常に穏やかで控えめな高嶺の花。まさにダメもとの体当たりだ。



 彼女——平井 さきさんは、戸惑うように俯いた。


「……少し、考えてもいいかな」


 長い睫毛が、どこか困惑するように伏せられる。

 綺麗な髪が、透き通るように白い頰にさらさらとかかった。



 他に、好きな人がいるのかもしれない。

 そうは思っていた。

 自分を見る彼女の目が、単なるクラスメイト以上に何か特別な感情を湛えたことは、これまでに一度もなかった。


 目の前の彼女の反応には、それを一層確かにする気配が漂っていた。



「——ダメだったら、はっきり断って欲しいんだ」


「ダメなんて、わかんないよ。

 だから、少し考える時間が欲しいの」


 彼女は、ふっと顔を上げると、蕾が開くように美しい微笑を見せる。


 考えたい——ということは、少しは期待を持ってもいいんだろうか?



「来週の金曜、答えるから。一週間、待ってくれる?」


「——うん。

 待ってる」



 そして——なんともざわざわと落ち着かない一週間が過ぎ。

 今日、奇跡が起こった。


 彼女は、静かに頷いてくれた。



「私、女として可愛くないと思うの。少しも。

 ——でも、こんな私でもよければ」


 ちょっと困ったような微笑を浮かべて、彼女はそんな言い方をした。



「…………本当に……?」


「うん」



「……すげえ……

 これ、夢じゃねーよな?

 めっちゃ嬉しい……奇跡だ、マジで……!!」


「あはは。大げさだって」


 半分呆然としてただそんな反応しかできない俺に、彼女はおかしそうに笑った。



 眩しくてたまらなかった、その眼差し。

 柔らかい笑顔。

 艶やかな長い髪と、涼しげな目元。綺麗な桜色の唇。


 そして、きっとこれから見るだろう、愛おしい怒り顔も、泣き顔も——全部。


 今日からは、俺のもの。



 こんな幸せが、あっていいんだろうか?



 いつもの帰り道さえ、目に映る全てのものが優しく美しく、まるで世界全体がこの幸せを祝福してくれているように見える。


 雲を踏むように覚束ない足元をなんとか真っ直ぐに歩きつつ、俺は生まれて初めて見る色鮮やかな夕暮れを仰いだ。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます