仔羊たちの血肉

作者 夏野けい

35

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者の、冒険的な、しかし実力者だということがよく分かる作品であった。
こんな未来があるのであれば、私はさぞ脂っこい肉塊になるのだろう。それはいいとして。

やはり愛なのだ。

愛は地球をどうのこうのいう番組もあったが、そういう愛ではない。

人が、人として成り立つために必要なもの……それは愛以外に無いのだ。

死して得られる愛を、果たして人は愛と呼ぶのか。はてさて、それは知るよしもなし。
しかし、この作品にある愛とは、まさにそういうものだと、私は感じたのだ。

……違ったらすみません。ポエムを読みたくなる作品でしたので、つい。

★★★ Excellent!!!

読み手にいろいろなことを問いかけてくるような、掌編でありながらずっしりとくる物語です。
こういうものは説教くさくなりがちで、押しつけがましくもなるのですが、『仔羊たちの血肉』にはそれがありません。
作者さまの力量なんだと思います。
皆さんもぜひ読んでみてください。