囚われた王女は二度、幸せな夢を見る

作者 三沢ケイ

王女を守ろうとした最後の騎士の命尽きた時、時は過去へと巻き戻り?

  • ★★★ Excellent!!!

政略結婚のため隣国を訪れたはずのアナベルは、相手国の裏切りによって投獄され、ただ死を待つ身に。
最期まで彼女を守ろうとした魔法騎士の命が尽きたとき、使えなかったはずの魔力が暴走! 気が付くと12才まで時が巻き戻っていました。
滅ぼされたはずの国、目の前で力尽きたはずの騎士。
何が起きたかわからないまま、一人未来を変えようとするアナベルですが……。
あらすじを見ると、どうもただ時を逆行したわけではないようで?

散りばめられた伏線を慎重に拾いつつ、最後にどんな展開が待っているのか?と、とてもワクワクする作品です。
溺愛ヒーローを描かせたら天下一品の作者様なので、もちろん恋愛面も期待大なのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

相内充希さんの他のおすすめレビュー 55