エピローグ 生まれた絆

「これが報酬です。お疲れ様でした」


 王都ナーサリアにある、ギルド本部。その受付で、二人は金貨二枚の報酬を受け取っていた。


「ほれ、借金完済だ」


 その報酬をそのままアレンはアリシアに渡す。


「短い間だったが、まあ楽しかったよ。今度は落とすなよ?」


「あ、はい。でも──」


 何かを言いたげにアレンを見上げるアリシア。だがその何かを言おうとしては顔をうつむかせる。ナーサリアに帰ってから彼女はずっとこの調子だった。


「じゃあここでお別れだ。まぁ、なんだ。新生活、楽しめよ」


 そんな様子のアリシアの頭を、ポンポンと叩きながら、アレンは身をひるがえした。



 これで良かったのだ。確かにこの数日間はなんだかんだで楽しかった、とアレンは思う。まだアリシアと一緒に過ごして見るのも面白そうだ、なんて考えだって浮かんでくる。しかし、自分のような力に飢えたろくでなしと居たって、彼女のためにはならない。彼女は街での華やかな暮らしに憧れてここに来たのだから、と。


「アレン‼」


 そんな彼の歩みを、少女の声が引き留める。振りむけばアリシアがいた。


「あの、えっと、その──」


 しかし、その後の言葉を言い出さない。


「なんだ、用が無いならもう行くぞ?」


 そう言い再びアリシアの元を去ろうとする。しかし、背後からアリシアの大きな声がした。


「キスです‼」


「はぇ?」


 頓狂とんきょうな声を上げ、アレンが振り返る。近くにいた人たちも、彼らの事を面白いものをみるような顔をして眺めている。


「っ、アレンがおぼれた時っ、人工呼吸をしたんです‼」


 顔をリンゴみたいに真っ赤にしながら、アリシアは言葉をつむぐ。


「あれが私の初めてでっ。いやっ、そういうことじゃなくて、えっと、その、乙女おとめとのキスは高いんですっ‼ とっても高価なんです‼」


 顔を上げアレンを見つめる。


「だからまだ完済じゃないです‼ ちゃんと責任もって全額返してください‼‼」


 その必死な表情から、アリシアの心からの言葉だと、もっと一緒にいたいと言っているのだと、アレンにはわかった。


「そうか・・・・・・」


 後に続く、お前も俺と同じ気持ちだったのか、という言葉はあえて飲み込んだ。


 そして彼女に、アレンはいつものように、にやりと笑いかけた。


「ったく、また借金かぁ、それじゃあしょうがないな。今度のはまた高くつきそうだな」


 その言葉を聞き、アリシアは満面の笑みでアレンに駆け寄った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ダブルエー・デュオ~竜化の腕輪を付けた傭兵は、金髪美少女に金の借りを返す~ 埋火 はるの @umorebiharuno

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ