魔陣幻戯4 『ブラック・マスカレード』編

作者 高尾つばき

31

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者さまの魅力全開のノンストップアクションストーリーです。
大阪が舞台と概要にありましたが、物語はルーマニアから始まります。
世界中で活躍するエクソシスト(悪魔に取りつかれた人を救う人)の師弟コンビは本国バチカンからの指令で「日出ずる国」日の本へとやってきます。
ここで日本側から出動するのが検非違使《けびいし》庁の保安官、らんときりの双子美女です。
世界の悪魔を相手に戦うエクソシストと日本の妖怪を退治する保安官の最強タッグが結成されます。

さてこの4人が立ち向かう悪魔との戦いとは。
大阪の片隅がタイヘンなことになっています。

想像しやすいキャラクター。
一緒に行動しているかのような臨場感。
ときおりクスっとさせられるエッセンス。
迫力満点のバトルシーン。

ドキドキもワクワクもそれからちょっぴり胸キュンも。
個性的なキャラクターが多数登場するのできっと「推し」キャラができるはずです。

高尾つばきにしか書けない「高尾つばきワールド」をご堪能くださいませ。

Good!

悪魔討伐のハードなアクションものながら、高尾つばきワールド(←私が勝手にそう呼んでいます)全開!
スリル満点、キャラクター性満点、面白さ満点で、それは高尾つばきワールドに共通しますが、今回は、メインの舞台は日本(大阪)なれど、世界各国に舞台を跨ぎ、時事ネタまで注ぎ込んだホットすぎる作品!

今回の個性たっぷりの登場人物は、バチカンの悪魔討伐のエクソシスト、検非違使庁の美人姉妹、それからカジノ誘致を進めようと水面下で動く元国会議員、元力士のマイペースな『ボデーガード』まで!

一見バラバラなキャラクターが、どう交わるのか? それが高尾つばきワールドの呪術によって、見事面白い作品に仕上がるのです♪♪
すごすぎます! こういうアイディアはどうやって生まれるのでしょうか!?

テンポの良い作品ながら、描写は丁寧で言い得て妙な表現の連続! 是非、ご一読下さい!

★★★ Excellent!!!

バチカンの最強エクソシスト、マルティヌスとその弟子である神父フィリップ。
日本の検非違使庁に籍を置く、最強かつ超絶美貌の双子、らんときり。
日本のとある地域を拠点に忌まわしい力を使い、世界を悪に陥れて征服しようとする邪悪な悪魔に立ち向かっていく彼らの奮闘を、躍動感たっぷりに描くSFファンタジーです。
何と言っても、この作者様の描き出す禍々しい空気と悍ましい猟奇的シーンは圧巻。読むほどにどろりとした闇に吸い込まれそうな恐怖感、そして頭を抱えて絶叫したくなる不気味さ、リアルなゾワゾワ感に存分に浸ることができます。
また、悪魔と聖職者・美貌の双子たちの戦闘シーンは生き生きとした躍動感に満ち、その華麗な挙動はスカッと胸がすくようです。
その一方で、登場人物たちのキャラクターや人間性、心の動きなども丁寧に描きこまれ、ただストーリーが表面的に面白く進んでいくだけではない味わいと奥深さが滲み出ていることも、この作者様の高い筆力があればこそです。
人間の心が悪魔により闇に呑み込まれるこの危機を、彼らはどう打開するのか。その世界を、手に汗握ってたっぷりとお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

バチカンの神父フィリップとマルティヌス。
悪魔討伐の旅をする二人のもとへ日本への使命が下された……。

連載中「第29話 発見」読了時点のレビューとなります。

ルーマニアでのおどろおどろしい祓魔の様子からはじまり、美人姉妹きりとらんの活躍劇。
そしてこの二組が出会い、共に手を取りあって「蝿の王」ベルゼブブの企みを阻止していく。

ハードなアクションあり、オカルトあり、その中にもぷぷっと笑えるコメディあり。
バランスよく各要素が散りばめられており退屈する暇がありません。

実際、ほぼわたしも一気読みで最新話に追いついてしまいました。
更新を楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

おぞましい悪霊との対峙というオカルト的設定の中で、近未来的な武器を駆使する胸踊るSF、そして鮮やかな体術で痛快に敵を倒していく『魔陣幻戯』シリーズ。
四作目となる本編は、ルーマニアを舞台にして幕を明けます。

神父でありエクソシストである師弟が世界じゅうを巡る一方で、日本ではとある組織の保安官である双子の姉妹が荒ぶる怪異を滅していきます。
そんな二組が出会うとき、日本に未曾有の危機が訪れるのです────

連載中の本作では、日本にじわじわと広がる脅威を描きつつ、美人双子姉妹がエクソシスト師弟といよいよ出会うという場面にさしかかっています。

シリーズを読んだことのある方ならば、この先に待ち受ける展開がどれほど痛快でワクワクするものであるのか、容易に想像できるはず。
毎日更新でしっかり連載を追っていけるのも魅力的な本作を、ぜひこのタイミングでお楽しみください!