25 混沌の祭りが明けた時

 松明たいまつの灯りが照らす、テンプラム神殿の大きな扉をマルコはくぐっていた。

 元の姿に戻ったアエデスとアルが先導し、となりにはゴードンもいる。

 周囲には、剃髪ていはつの美青年に戻った、神官たちも従っていた。

 一行は、神殿中央の敷物の上を進んで歩く。やがて、奥の四角い台座に到着した。


「……マルコ、見てごらん。

 これが……、ここの御本尊なんだよ」


 アルが呼びかける。近づいてそれを見ると、マルコは息を飲んだ。


 台座の上には、大人の頭二つ分ほどの、大きな石があった。

 その石は、右端にグリーの白い輝きを放つ部分と、左端にマリスの漆黒の部分がある。

 二つの色の間を、玄武岩の暗い灰色がつないでいた。


「これは……!」


 マルコが言葉に詰まっていると、アエデスが語り出す。


「混沌石。見ての通りじゃ。一つの石に、神の善意と悪意の両方の力を含んでおる。互いに相殺し、すぐに人に力を及ぼすことはない。


 だがの……、均衡きんこうをたもつため、周期が巡るごとに、その力を入れ替える儀式をやるのよ。

 それが、テンプラム祭」


「あの! あのディオニソス神は、ひょっとして……?」


 あわてながらマルコが聞くと、アエデスが顔をくしゃっとさせて笑った。


「秘密。……というわけにもいかんな。おぬしのおかげで無事に終えたのだから。

 そう、この石に宿る神を、お主らのマリスとグリーの力も借りて召喚したのよ。実際にお越しいただいたのは、50年ぶりのことじゃ……」


「普段は……あの作り物の舞で、お茶をにごしてますからねぇ」


 飄々ひょうひょうとちゃちゃを入れるアルを、アエデスが目を細めてにらんだ。


「……。普段の祭りも決してあなどるでない! 混沌石の気だけでも、充分に人を惑わせる。

 ……ただのぉ、まさかあれほど巨大な姿をとるまでに、祭神が均衡きんこうを失っていたとはな。

 わしの目もくらんでおったよ。今年、儀式をできなければあやういところであった」


 そう言うとアエデスは、マルコとアルに向けて小さな背を曲げ、ぺこりとお辞儀をした。

 マルコはあわてて彼女の手をとり、顔を上げてもらった。

 アルはおどけてふんぞり返り、ゴードンはあきれてそれを横目で見ていた。


 しばらくの間、マルコは混沌石をいろんな角度からながめた後、一同に質問した。


「最後の一撃……、あの爆発の時、いったい何が起きたの?

 神さまはこの石に戻ったの?」


 アエデスも、アルも少し戸惑うように顔を見合わせる。

 ゴードンが、静かな眼差しで淡々と語った。


「私は第二の民ゆえ、第三の神に由来する光や音を感じることはできない。

 見たことといえば、あなた方3人が、棒であの巨人……失礼、混沌神をたたいたこと。

 それから、巨大な混沌神が震えるように縮んでいき、やがて風のようにこの神殿の中へ吸い込まれたことだけだ」


 ドワーフが語ると、周りの神官たちがざわざわと話し出す。その時のことを思い出したようで、彼らは自らの肩を抱いたり、祈りをつぶやいた。


「まあ、前とは比べものになりませんね。

 真の神追い……それが、こうも命がけだとは……」


 アルが神妙な顔をして言った。

 アエデスが応じる。


「だからこそよ。入れ替えのさなか、立ち会う人は生まれ変わる事ができる。祈りを託す事ができる」


「いやもう本当に……、とんでもない目にあいましたよぉ!」


 アルが情けない声をあげると、一同はなごやかにわらった。

 マルコは油断して、つい余計な一言が出てしまった。


「ハハハ……。でも変わったままでも良かった、ってこともある、かも……しれ……」


 アエデスとアルがものすごく怖い顔でにらむので、マルコは下を向いて最後をにごした。

 ゴードンは、飾りのない穏やかな笑顔で、その様子を静かに見つめていた。


     ◇


 テンプラム神殿を出た時、神追いの一行はこれまで見た事のない、まばゆい光景を目にした。


 正面にある遠くの山から、今まさに日が登っている。

 白む空の下、参道では祭りに参加した千もの人が、涙を流し、笑顔で喜んでいた。

 人々の様々な髪の色が、朝の光りを反射している。

 壮年の男に戻った旦那衆が、ほこりまみれの富者たちと手を取り合い、抱き合っている。

 泥で汚れた顔の淑女と、同じく泥まみれの紳士は、お互いを見て笑い合い、そして抱き合うと涙を流した。

 老いも若きも、女も男も、財を持つ者もそうでない者も、やがて混じり合う。

 そして様々な色となって、世界をかがやかせていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます