24 混沌の祭り 神追いの終わり

 丘の頂上にある神殿は、夜更けの暗がりに沈んでいた。

 しかし、いくつかの松明たいまつが近づいて、その大きな扉はゆっくりと開きはじめた。


 神殿の前では、巨大な半獣半人のディオニソス神が、群衆のかけ声と、棒が地面に打ち鳴らされる音を浴びている。

 巨神は今、苦しむようにあごをあげ、じりじりと後ずさりを続けていた。

 前列の小娘衆はむろん、その後ろの蛮人たちにも、巨神の先にある神殿の姿が、もう間近に迫って見えた。


 群衆を上から見ると、激しく声をあげつつも整然と進む中に、黒い髪に飾りをつけたアエデスの頭があった。

 黒髪は、松明たいまつの赤と橙色を反射している。

 となりには、同じく黒いゴードンの頭がある。やがて、ゴードンの黒い頭が、アエデスから離れていった。


     ◇


 その場の人々の心は、「アイ! アイ!」というかけ声とともに一体となっていた。


 最前列のマルコの元にゴードンが駆け込んだ。こぶしでマルコの盾をガンッ! とたたいて「マルコ! もういいぞ!」と言うと、右手に走る。

 そのままゴードンは、右側から様子を見ているアルに向かって、腹から大声を響かせた。


「アルーーー! しっかり受け取れ!」


 ビュンッ! と棒を投げる。

 アルはそれを片手で受け取ると、驚いたようにひゅうと息を吐き、そして口もとを緩めた。



 アイ! アイ! アイ! アイ! アイ!

 という音の間に、別の甲高い音が響く。

 カンカンカンカンカンカンカンカン––––



 何事かと人々のかけ声が止む。

 振り返って群衆の方を向いた、マルコの大声が響いた。


「聞け! 全軍! ……逃げろ!」


 人々が顔を見合わせ戸惑う中、小娘衆のかしらも叫ぶ。


「みなさん! 最後の儀式です! 後ろの人から坂をおりて、ここから離れて!」


 人々が少しずつ後退しはじめる。巨神が、のけぞらせていた体を、ゆっくりと戻す。


 さざ波のように群衆が引いた道の真ん中。

 一本の棒を横に両手でかかげ、顔を下に向ける、アエデスがたたずんでいた。


     ◇


 神殿前の参道で、右側では、アルが詠唱してグリーの白い光りを輝かせていた。

 左側では、マルコがマリスをつまんで高くかかげている。

 アエデスが詠唱を終えた。

 すると、グリーの白い雲と、マリスから出た赤黒い雲が彼女の棒に集まり、からみ合う蛇のように巻きついた。

 マルコにつままれた神の悪意の石は、その間ずっと、ブブブブブ……と、何かを恐れるように震えていた。


     ◇


 巨神の周りが静かになった。人間は離れ、神にとって不快な音は止んだ。

 混沌の神は、牛の頭をめぐらせ辺りをうかがう。


「必ずくる!」


 道の左からマルコが叫ぶ。

 巨神は、足先にたたずむ小さい者に気づいた。よく見ようと、大きな足を踏み込み、腰をかがめた。


「きた! いっち! ……にーのっ!」

「––––よう、かしこみかしこみ申す!」


 マルコとアエデスの声が交差する。

 アエデスが顔をあげると、混沌神の牛の顔は目の前だった。彼女は唇を動かすと、人と思えないほど、跳んだ。


「……さんっ!」


 宙を舞う少女を見上げ、マルコが一声を放つ。彼は左の白いすね当て、アルは右の黒いすね当て。

 そしてアエデスは、牛の白黒の瞳を、横に一閃いっせんした。


     ◇


 爆発音がして、小娘衆は振り返った。見上げると、坂の上に花火が見えた。

 そのまま動けず見つめていると、先をおりていた蛮人たちも戻ってくる。

 劇場に残っていた人たちも、頂上の光りに向かって、全ての人が坂を登りはじめた。


     ◇


 マルコは身体ごと吹き飛ばされ、石柱にぶつかった。まばゆい輝きが続く間、目を開けず、やっとまぶたをあけた時には、何もかもが終わっていた。


 参道には、座り込んだ老婆のかたわらに、ゴードンがかがんでいる。

 向こう側には、薄灰色の法衣ローブ姿のアルがうつ伏せに倒れていた。

 顔をめぐらせ神殿を見ると、松明たいまつを落とした神官たちが、扉の周りで全員が腰を抜かしているようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます