23 混沌の祭り 神追い マルコのいくさ

 深夜の神殿参道で、ディオニソスの巨神が荒ぶっている。

 それを前に蛮人の集団も、美熟女神官も、さらに最前列の小娘衆まで、みながつかれ切っていた。

「アイ、アイ」と言うかけ声も勇壮ではなくなった。


 小娘衆のかしらはあせっていた。もう巨神をすこともできず、かといって皆をうまく退却させる方法も思い浮かばない。

 途方に暮れていた頃、いつの間にかとなりにいた、立派な着物の美少女が呼びかけてきた。


「そなた、旦那衆のかしらよの?」


「やばいっ。かわいい! あなた誰? 可愛いの暴力」


 かしらはつかれも忘れ、その美少女に見入った。

 アエデスは、あきれて目を細め、軽くため息をついた。


「しっかりせい。神官長である」


 そう言うと、小娘衆のかしらの耳に口を寄せ、急いでこそこそと耳打ちしだした。


     ◇


 マルコは、混沌神の攻撃が当たらない参道の左側にいた。棒と盾を手に、中央の群衆に目を向けると、アエデスに聞いたかしららしき人をキョロキョロと探す。

 すると、前列の後ろ中央から、華やかな女の子がこちらに手をふっている。

 マルコは「実はおじさんなんだよな……」と一瞬気が散ったが、すぐに首をふった。

 気をとり直して、小娘衆のかしらを見つめ、棒で盾を「カン!」と鳴らし叫ぶ。


「全軍、後退!」


 そしてマルコは、小娘衆と巨神の間におどり出る。「神さま、こちら!」と声をあげ、巨神の注意を引きながら横に歩いた。

 小娘衆のかしらが皆を誘導する。


「みんなー! いったん、撤退! ゆっくり後ろに下がって! 他の人を押さないで!」


     ◇


 アルは、参道の右側、巨神を向いている群衆が良く見えるところにいた。

 人々がつかれて、ゆっくり後退するのをながめている。

 巨神の方へ目を向けると、ふり下ろされる獣の手を、マルコが俊敏に回避していた。


 向き直った壮年のアルは、力強く詠唱をはじめる。グリーの光りがまばゆく輝き、瞬時に、数百もの白い光の雲があらわれた。

 その光りは、アルの顔に刻まれたしわを浮かびあがらせる。そして、となりにある第三の神の石板も。


 石板に描かれた第三の神テテュムダイの、もがき苦しむ左腕と、半分だけの静かな顔が、くっきりと浮かびあがっていた。


 その場にいた人々は、グリーがもたらす奇跡に心から救われた。一人ひとりを取り巻く雲の、白く暖かい輝きが、四肢ししみいるようにつかれを取り除いていった。


 小娘衆はすぐに元気よく飛び跳ね、マルコの元へ向かおうとする。あわててかしらが止めた。


 美熟女神官たちは、みなほっとしたようにほおに手を添え、しかしすぐに、キリッとした顔を巨神へ向けた。


 蛮人たちも皆、活力を取り戻して、背筋をのばし次々と松明たいまつを高くかかげた。初老のたくましい男と、となりのふくよかな娘が、顔を見合わせ微笑んだ。


     ◇


 マルコは巨神が繰り出す攻撃につかれていた。

「だけど、そろそろのはず」と思い、息を整えながら、道の真ん中を後退しはじめる。

 背後から娘たちの黄色い声が聞こえた。


「マルコさーん! OKで〜す!」


 複雑な気持ちでマルコは顔をしかめたが、頑張って気持ちを切り替えた。おもてを上げ、盾を「カン! カン!」と二度鳴らす。そして棒をビュン! と前方の巨神に向けてふりおろすと、号令を発した。


「全軍、前進!」


 マルコは、自らが率いる群衆の熱気を背中に感じながら、真っ向から巨神と対峙する。

 はじまりは小娘衆だった。


「アーーーーーーーーーーーーーーーイ!」


「アーーイ! アーイ! アイ! アイ!

 アイ! アイ! アイ! アイ!––––」


 数百もの人がみな、口々にかけ声をあげ、ゆっくりと歩き出した。その先には、グリーの光りと松明たいまつに照らし出された、混沌の巨神がいる。


 群衆の中には、緑の葉と羽の飾りをつけた少女と、ドワーフもいた。

 アエデスは人々と一緒に歩きながら、何かつぶやいていた。


「––––清めたまえ、我らの罪を流し生まれたる赤子のように無垢むくに戻したまえ––––」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます