21 混沌の祭り 神追いの作戦

 混乱した神殿参道では、グリーの白い光と百もの松明たいまつが、何かが起きそうな初夏の夜を演出していた。


 マルコがアエデスたちの元へおりていると、棒と松明たいまつを持って果敢にも巨神へ向かう熟女衆とすれ違った。

 彼はそれを目で追ったが、いったん指示をもらおうと急ぎ駆け下りだした。


 アエデスは立ち直っていた。アルとゴードンを近くへ呼ぶと、向かってくるマルコにも手招きをする。

 そして、すぐに作戦会議をはじめた。


「いろいろあったが……ここからは時間との戦いじゃ!

 犠牲者を出さず、夜明けまでに奉納を済ませる!」


 汗をかきながらマルコが訴える。


「あの! 棒を持ったおばさんたちが登って行ったけど、大丈夫?」


「あの者たちの力も借りる。とはいえ支援はいるな。

 テンプラムの徒よ! 旦那衆が……いや神追う女たちが! 負傷したら手当てのほどを!」


 美女神官たちはアエデスの求めにキリッとうなずくと、それぞれ着物をひらめかせて坂を駆けはじめた。

 アエデスが、マルコとアルに向き直る。


「よいな。女たちは混沌神を追い立てるはず。お主らは間隙を突いて、今度は同時にすねに当てよ。色を間違えるなよ」


「同時に当てる?」


 アルが聞きかえす。

 周りを、今度は布一枚の集団が、松明たいまつを手に騒がしく駆け上がる。

 アエデスは無表情のまま一呼吸おいて続けた。


「それで混沌神を遠くまで飛ばす。そうさな、あと数回打ち込めばいけるじゃろ。

 みなの者! ゆめゆめ油断するなよ!」


 会議が終わると、マルコはあわてて坂を駆け上がりはじめた。

 後ろからドワーフの野太い声が聞こえる。


「マルコ! 忘れものだ」


 坂の上でマルコが振り向くと、ヒュンと風が鳴り、何気なく上げたマルコの手に白木の棒がすっぽりと収まっていた。

 驚いて棒をちらりと見た後、マルコも不敵な笑みを浮かべる。


「ありがとう! ゴードン!」


 二人は、お互いを初めて呼び捨てにし、遠くから見合った。

 豪奢ごうしゃ法衣ローブのままのアルは、そんな二人を微笑ましくながめた。そして、マルコを追いかけ、あわただしく坂道を駆け上がっていった。


     ◇


 マルコとアルが去った後、アエデスとゴードンも並んで坂を登る。

 ふいに、アエデスがゴードンの腕をつかみ、崩れ落ちて、あえいだ。


「ハァ……時間との……戦いじゃ」


「アエデス様……」


 ゴードンは、息を切らすアエデスを見つめ、眉尻を下げた。


     ◇


 巨大なディオニソス神は、神殿参道のなかばで、熟女衆たちに白木の棒で追い立てられていた。


「アイ、アイ、アイ、アイ、アイ!」


 熟女衆は口々に叫んで、棒で地面をたたき巨神にせまった。苛立いらだつように巨神が腕をふるう。

 みんながよける時もあれば、誰かが外側まではじき飛ばされる時もある。美女神官がそれを介抱した。

 しかし、熟女衆の勇壮なかけ声にされ、足下にいくつも棒がくるわずらわしさから、巨神はじりじりと後ずさりしていた。


 さらには、手には松明たいまつ、布切れ一枚を着た裸足はだしの集団。ほこりにまみれて、もう蛮人の群衆にしか見えなくなった元富豪たちも追いついた。

 その者らは、祭りのしきたりなど知らなかった。だが、心を合わせるように、熟女衆と一緒に「アイ、アイ、アイ!」と声を響かせる。

 数百の声が空気をうならせ、巨神をも威圧した。

 派手なマントをなびかせる熟女衆のかしらが、それに気づいてふり返る。彼女は、口の端をあげて妖艶ようえんみを浮かべた。


 その時、坂の両端、石柱の陰から、二つの影が巨神に向かって飛び出した。坂の右側、巨神の左足には俊敏な小柄な影。左側、巨神の右足には、背を曲げた長い影が必死に走る。


 マルコは、巨神の白い左すねに近づくと、坂の反対側を見た。アルがあごをあげてまだ走っている。仕方ないので、マルコは足踏みしてアルの到着を待った。

 巨神は、熟女衆と蛮人たちのかけ声にされ、うっとうしいように頭をらせていた。


 アルは、やっと巨神の黒い右すねの間合いに入る。坂の反対側のマルコに大きくうなづいた。

「せーのっ」とマルコの声がして、棒を振りかぶるさなか、あちらではもう火花が散ったのがわかった。

 なのでアルは、あわててすね当てめがけ棒を振り切った。


 巨神と対峙する群衆の前、右と左で順に火花が散った。巨神が夜空に跳ぶと、向こうには頂上の神殿がおぼろに見える。

 飛び上がった巨神は、参道のはるか向こうに降り立った。

 熟女衆のかしらがすかさずふり返って叫ぶ。


「さあ! 行くわよ。みな遅れないで!」


 熟女衆、美女神官団、蛮人たちが、土煙を上げながら参道を駆け上がる。

 その勢いにはじかれ、マルコとアルは合流できなかった。そのまま二人はつかれ果て、それでも坂の両端を登りはじめた。


 ふとマルコが先を見上げると、遠くで巨神が足踏みしている。

「次は何が……?」自分には影響ないとわかってはいたが、マルコの胸の鼓動は早まった。



ジャンジャン ジャンジャン ジャンジャン

ジャン!



 混沌の神ディオニソスは、神殿参道を遠くまで見渡す。そして、ブルブルブルッと牛の首をふった。

「ガッチャッ!」と音をたてると、瞳が左右白黒に戻った。


     ◇


 走る蛮人集団は、進みが遅くなった。元淑女で、たくましい蛮人だった男はバテた。元紳士の、ふくよかな女がとなりから追い抜いた。


 剃髪ていはつの神官たちはみな、坂を走る進みがすぐさま遅くなった。

 息を切らしながら、群衆の間をかき分けお互いを探す。

 彼女たちは、あでやかな美熟女神官になっていた。

 仲間を見つけると、「もうやだあ」と声をかけ合い、励まし合った。


 元々の旦那衆は、熟女衆をへて、今は小娘衆となっていた。彼女たちは走りがぐんと速くなり、自分たちでも驚いていた。

 小娘のかしらがあわててみんなを引き留め、可憐な声をあげる。


「ちょっと待って! みんな聞いてっ!」


 同時に小娘衆は立ち止まり、かしらを中心に円陣を組んだ。

 かしらは両拳を胸の前で握ると、訴えた。


「もうすぐだよっ!

 わたし達、もう少しで、神追いをじょうじゅできるの!」


 周りの小娘衆が一斉に泣き出す。


「だからお願い。もう少し、もう少しだけ、みんなの力を、分けてもらえるかな?」


 そうかしらが言うと、小娘衆は美しく澄んだ声で、「アーーイ!」と元気よくこたえた。

 そして、みなが同時に棒をかかげ、同時に坂の上に顔を向けると、同時に駆け出した。

 小娘衆の一連の動作には、寸分の乱れもなかった。


 そして、あの二人にも変化は及んでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます