20 混沌の祭り 神追いの願い

 マルコが巨神に向かって駆ける。

 その少し前、劇場から大勢の人々が参道へと殺到していた。


 立派な着物に変わった、剃髪ていはつのテンプラム神官たち。

 貴族の衣装に変わった地元の旦那衆。手には棒と盾を持っている。中には例年参加の––––そして貧相な腰巻に変わった––––富者もいる。

 さらに、布切れ一枚の蛮人姿に変わり果てた数百もの観客たち。

 そんな人たちが、坂を埋めようと怒涛の勢いで駆けはじめた。

 変わりないドワーフ神官戦士の数名は、他より遅れていた。


     ◇


 最初に追いついた神官の一人が、ガニ股で歩くアエデスの背中に訴えた。


「アエデス様、大変です! 観客のやんごとなき方々が、元の姿に戻せと……」


 アエデスは、ごつごつしたあごを回し、興味なさげな顔で振り返って答える。


「あぁ? うっちゃっとけ。

 混乱、大歓迎!」


 言うが早いか、巨神が見える前方へと向き直った。そんなアエデスの変化に困った神官は、すがるようにゴードンの肩をつかむ。


「早く戻せと、強くせまるのです!

 ですので……神追いが無事終われば戻ると、そう答えました。そうしたら……」


 そう聞いて、振り返ったゴードンが見たのは、手に松明たいまつを持ち、必死の形相で駆け上がる数百もの人間だった。

 そして背後から、あの音が聞こえた––––。


 マルコが棒で巨神の白いすね当てを叩いた時、周囲の参道を照らす火花で、先の石板まで見えた。

 マルコは、第一の神の石板––––エルフを生んだ、腰から上だけの丸い神––––が目に入った。

「もうすぐ半分だ」と彼は思う。


 巨神は坂の上に飛び去り、棒はやはり砕けた。なのでマルコは、振り返ってゴードンを探した。

 そこで彼も、坂の下から近づいてくる松明たいまつの灯りと群衆に気づく。

 そして背後から、同じく例のあの音が聞こえた––––。



ジャンジャン ジャンジャン ジャンジャン

ジャン! …………ガチャッ!



 自らを抱きしめ腕をまわしていたアルは、はっと気づくと平らになった胸を手でまさぐる。ほっとした顔から、残念そうな表情に変わった。


 アエデスは、はっと気づくと内股になり、しばし思い出すように上を向く。そして老婆は力なくしゃがんだ後、恥じるように手で顔を抑えた。


 神官たちは、丸みを帯びた体の線に色気がある、剃髪ていはつの美女神官となっていた。

 彼、ではなく彼女らは、動揺する事もなく、しゃがむアエデスの周囲に集まった。

 そして強い意志を示すかのように、美しい顔をキリッとさせて手で印を組むと、一斉に巨神の方を向いた。


 布切れ一枚の元紳士は、哀れな目にあっていた。豊満な胸を腕で必死に隠し「こ……、こんな事って……あり得ないから!」と泣き崩れた。

 周りの者が次々と、豪奢なマントや泣けなしの布切れを差し出し、彼女にかけてくれた。


 布切れ一枚の元淑女は、自らのたくましい上腕筋をじっと見つめていた。

 そして「くっ……くそがあああああああ」と叫ぶと、松明たいまつをむんずとつかみ、猛烈な勢いで坂を駆け上がりはじめた。


 元旦那衆は、熟女衆となり、むしろ団結を強めていた。

 派手なマント姿の、かしららしき、脂ののったいい女が皆をまとめる。


「みなの衆! わかってるわね!

 あたしらぁ、できる事をやるしかないの!いつも通りの神追いやるわよぉいいわねぇ。


 アーーーイ!」


 すると、熟女衆は同時に棒をあげ、

「アーイ!」

と応える。彼女たちは棒を手に、

「アイ! アイ! アイ!」

と叫びながら坂を駆け上がっていった。


 マルコとゴードンは、ある意味冷めた気持ちで、眼下の混乱に満ち満ちた光景を眺めていた。そして同じ事を考えた。

「これが……混沌……」と。


 しかし、二人はまだ気づいていなかった。混沌にさらされた人々が、自らの苦境を脱するために同じ一点を見つめはじめた事に。

 すなわち、その場の全ての人々にとって、神追い成就じょうじゅこそが共通の願いとなっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます