13 神官屋敷の大浴場

 すっかり日は沈んで、テンプラム神官団の屋敷にいくつもの明かりが灯っている。心地良い虫の音が、初夏の訪れを告げる。

 屋敷の地上階には、大理石でできた大浴場があった。白っぽい柱、彫像。そして床の間には、白濁した青緑色の湯をためた浴槽。

 マルコは、足先から、そろりそろりと湯につかった。


「ふううーー! はぁ〜〜…」


 全身を包む湯の熱さにはじめ驚き、しびれる肌の震えがおさまると、この上ない快感をマルコは味わっていた。


「温泉に入れるなんて、うれしいなあ〜!」


 喜びを実感したくて、マルコは一人で大声を出してみた。声は広い浴場で反響し、彼は溶けるような笑顔になる。

 そうして、首まで湯につかると、その日の事を思い出していた––––。


     ◇


 一杯の神酒で覚醒した神官長アエデスとの面会の後、アルは「それでは!」と何度も言ったが帰してはもらえなかった。

 アルとマルコは、テンプラム神官屋敷の特別賓客となり、お祭りが終わるまで、食事も宿も供される身となった。

 マルコはやっと落ち着くことができてほっとした。だがアルは、特に食事が不満なようで、野菜と豆腐ばかりの料理を前に「せめてあの、ごった煮を……」とぶつぶつ言った。


 夕食の後、二人はあらためて神官長に呼び出された。

 向かう廊下で、白装束の神官たちが小走りに行き交う。「今年は急きょ、50年祭になるらしい!」とあわただしい様子だ。


 部屋に入ると、大きな目を開いた神官長アエデスが、一人でいる。またあの陶器の杯と、加えて大ぶりなとっくりが机の上にあった。


「来たな! それでは昼の続きをしようぞ、アルフォンス!

 そのニーグラム……、袋をとれ」


「はい。……前置きもないんですねぇ」


 アルは肩を落とした後、手に持つ大杖から暗い袋をとった。神の善意の石、グリーが白く柔らかい光りを放つ。

 アエデスは両腕を回し、手で次々と印を組む仕草をしながら、口もとはささやくように詠唱した。すると、応えるようにグリーは輝きを増す。たちどころに雲の筋のような光りがいくつもあふれ出た。


 アルは杖を手にしながら、心底嫌そうにグリーの光りを見つめた。アエデスは、ふうと息を吐きつつ詠唱を続ける。部屋中に柔らかい光の雲が漂うと、その手を下ろした。


くな! 探究者よ。グリーの扱いは、わしに一日の長がある」


「はい。わかってはいますが、こういつも見せつけられると……」


「何を言う! こたびグリーの新たな力を引き出したのは、そなたの手柄よ」


 その言葉で、アルはすかさず顔を上げ、笑顔になって目を潤ませた。


「さて!

 傷心の魔法使いを慰めたところで本題よ。

 マルコ。お主のマリスを、このばばにも見せてくれるかの?」


 アエデスが昼間よりも優しく言うので、マルコも落ち着いて「はい」と答える。袋からゆっくりと、うずらの卵のような黒い石を取り出した。


 神の悪意、マリスと呼ばれるその石は、マルコの手のひらに紫の光りをにじませていた。

 すると赤い光りを放ち、白装束の老婆の顔を照らそうと光りが動く。

 赤い光りがアエデスの顔に差しかかる時、彼女は顔を横にフッ! と息を吐いて、光りを吹き飛ばした。


 黒い石は、戸惑うように紫の光りを揺らす。


 そして、再び赤い光りで照らすが同じように、アエデスの一息で光りは飛ばされた。

 だが、たびたび繰り返されると、部屋の白い雲は一つずつなくなり、最後はアエデスがわめいた。


「やめい! もう充分じゃ。マルコ、それをもうしまっておくれ。袋の口は、しっかりと結ぶのじゃぞ」


 そう言って彼女は背中を向けると、机にある杯を上げてぐびぐびと飲み、深いため息をついた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます