11 テンプラム名物のごった煮

 翌日の昼、マルコとアルは、食堂の外のテーブルで注文した料理を待っていた。すぐそばを、歩く人々が通り過ぎる。お祭りの初日、宿の通りは多くの人出で大変なにぎわいだ。


 マルコは杯から水を飲みつつ、目の前で頬杖をついて残念そうなアルの顔をながめた。今朝、神官戦士団の天幕から、追い出されるように出てきたのだ。

 呆けたように、口を半開きにしてアルがつぶやく。


「……ゴーディが、あんなに、せちがらいとはなぁ」


「……仕方ないよ。今日から警備で忙しそうだったし。それに、何かと、ものいりだって……。

 それよりアル、……その、神官のところには行かないの?」


 マルコが尋ねると、アルは口を半開きのまま答える。


「あぁー……、やだなぁ。あのお婆さん本当に苦手なんだよなぁ。なんとか会わずに済ませられないか……」


「そんなに嫌なの? ……じゃあ、いっそのこと次の町へ向かっちゃう?」


 マルコは、本音を言えば、早くマリスを王都へ届けたかった。さらに自分の心に正直になれば、早く端村に戻って、歌う小熊亭にいるシェリーに会いたかったのだ。

 しかしアルは、何かひらめいたように、かっと目を見開き、その案にのってきた。


「……いいね……それ。いけるよマルコ!


 我々は、この使命が一刻の猶予も許されない事に思い至った!

 神官戦士ゴードン隊長のご忠告もあったが、それでもなお!

 アルバテッラを愛するがゆえ、危機を未然に防ぎたい一心で、涙を飲んで、テンプラムの地を後にしたのです……聖なる牛肉も諦め」


 テーブルに足をのせ、胸に手をあてアルは一人芝居をしている。マルコは、あっけにとられたが、やがて笑顔になる。


「いい感じだね! ……それじゃ、さっそく?」


と立ち上がろうとするマルコを、アルが強く制した。


「待った! ここで、このテーブルで、まだやらねばならないことがある」


 マルコが不思議そうに首をかしげると、熱を帯びた目でアルが言う。


「ごった煮だよ、マルコ。ここに来たら、名物のハギスを食べなきゃ」


 また食べ物の話しか、とマルコは少し呆れた。が、お腹は空いていたので座り直し、アルの長話に付き合うか、と気持ちを切り替えた。

 アルは目を輝かせて、テンプラム名物のごった煮料理について語りはじめた。


「名物と言っても、実はいろんな種類があって、一つの味としては語れない。

 この辺でハギスと呼ぶ料理で共通するのは、牛、豚、または羊の胃袋に、様々な肉や野菜、穀物を煮込んだものを詰めた料理なんだ……」


 今度はマルコが頬杖をついて、ふむふむと頷き、話しを聞く。アルの後ろを、店の女給があわただしく横切る。


「ここのハギスは特に有名で、味も種類も豊富でね。

 旅に持っていける保存用は発酵されてて、通好み。まず、マルコにはここで万人向けの––––」


 ふとマルコが通りの向こうを見ると、剃髪ていはつの白装束の団体が、こちらを指差していた。「あ」と思うが、アルは話しに夢中なままだ。

 店からは、さっきの女給が、器用に三つの皿を運んできた。


「……それでね、マルコ。注文したのは三品だ。まず、子どもや女性にも大人気! 一位のあっさり味。僅差で二位のトマト味!

 そして––––」


 目を閉じて語り続けるアルに加えて、両脇からの呼び声、三つの声が同時にあがる。


「ヘイ! お待ち! プレーン、トマト、ホット、汁多め! 煮込み固め!」

「カラシナという、珍しい香辛料が入った、辛い味なんだ!」

「あちこち探しましたよ! キリング様。さあ! 参りましょう!」


 テーブルに置かれたごった煮の皿と、右の女給と、左からむんずと肩をつかむ神官たちを、アルは「え?」とキョロキョロ見比べる。


「あちゃあ、見つかった」とマルコは頭を抱えた。まだ状況が飲み込めないアルが、テンプラム神官たちに有無を言わさず引っ張り上げられた。

 またも成り行き任せだけど仕方ない、とマルコも諦め、椅子から立ち上がった。


     ◇

 

 テンプラム神官たちの居住地は、屋台と宿の繁華街から円形劇場を越えて反対側、閑静な一角にあった。


 道中、マルコとアルは、周囲を剃髪ていはつの神官たちに厳重に警護されて歩く。

 真剣な表情のアルが、ひそひそ声でマルコに何度も忠告していた。


「いいかい? マルコ。ついたら神官長の元へ、挨拶にうかがう」


「うん」


「今はまだ、ご老人はシラフのはずだから……。絶対にマリスやグリー、それに神さまの話をしてはいけないよ」


「なんで?」


「ぐっ……。なぜなら……、そうした話しになると、彼女が覚醒しようとするから」


「覚醒?」


「……要するにね。普段の彼女は只のお婆さんに見えるんだけど、神酒を飲むとキレッキレ––––」


 とここで、白っぽい石造りの屋敷に到着して、神官の一人から「ヴィルジニアス様が、中でお待ちです」と案内された。


 アルは声は出さず口だけで「ぜったい!」とマルコに言ってるようだった。

 大きな石柱に挟まれた門をくぐりながら、マルコはアルの方へ顔を向けて、何度もうなづいていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます