8 テンプラム祭の前夜の風景

 神殿参道で、もう日が沈もうとしている。

 アルは「せっかく、ここまで来たから」と、マルコを頂上の神殿前まで案内した。

 夕日を背後に浴びる神殿は、逆光の中、輪郭は輝く光りを放っている。遠くからや、登りながらながめた時よりも、より一層、荘厳に見えた。


 その神殿の前に、何人かの参拝者がいる。その人たちは、かたく閉じられた正面の扉に向かって、指を組んだり、手を合わせたりしている。マルコには、何か、お祈りをしているように見えた。それで、扉の奥には何があるのかが気になった。


「……アル、この神殿の中には何があるの?

 ……神様の、銅像とか?」


 アルは、ぼんやりと神殿をながめながら、さすがに話しつかれた様子で、小声でマルコに答えた。


「いや……。そうだね……。ちょっと、驚くようなものが安置されている。あさってのお祭りの後に中が見れるよ」


「……もったいぶるね」


「んん……。言うと、また説明が長くなるから。あさっての、ご開帳を、お楽しみに」


 そんなやりとりをしていると、神殿の扉の横に立つ、剃髪ていはつで真っ白の作務衣さむえを着た人が、じっとこちらを見ている。

 ふと、視線に気づいたマルコは見返した。よく目を凝らすと、剃髪ていはつながら眉目秀麗のとても美しい男だ。

 男は、横を向いて他の神官に声をかけた。


 すると、アルもはっと神官の様子に気がついて、あせった顔をマルコに向けて、ささやいた。


「やばい! 見つかった。もう行こう、マルコ」


「……どうしたの? 知り合い?」


「話しは、後あと! もたもたしてると、つかまっちゃう」


 アルはマルコの手を引き、参道を元来た方へとくだりはじめた。マルコもしぶしぶ引っ張られていたが、ふいに、その手がびくっと動く。


「しまった! 今夜の宿を予約しておくの忘れてた!」


     ◇


 暖炉の火が照らす明かりに加え、テーブル、カウンターにも並べられた数々のランプ。その宿屋の酒場は、まばゆい中、にぎわっていた。


 大勢の客がテーブルについて、騒がしく喋りながら、食事をしている。口を大きく開けて笑う婦人も見える。人々には活力があり、みな、期待に満ちた眼差しを光らせている。

 マルコは後になって知ったことだが、遠くからテンプラムに来た観光客たちは、悪く言えば、欲の深い金持ちだった。


 入り口に近いカウンターにマルコが目をやると、魔法使いは大杖を持った手を振り上げ、大げさな身ぶりで亭主に話していた。

 つかれたマルコは、玄関に入ってすぐの小さな椅子に腰掛ける。テーブルに座る満たされた人たちと、傍目はためにも交渉が難航してそうなアルの後ろ姿とを見比べていた。

 やがて、アルがつかれ切って戻ってきた。


「ここもダメだ……。物置部屋も空いてないって」


 神殿を参拝した後、アルとマルコは日が暮れる参道を急いで駆け下り、円形劇場の先の屋台の混雑をかき分けかき分け、宿屋を訪ね回っていた。


 道は、どこも大勢の人々でごった返している。屋台の灯りに照らされた人々の顔は、どれも、もの珍しさに興奮し、熱気を帯びた目を見開いている。

 マルコは、数日前の端村の閑散とした通りが夢だったのか、それとも、今歩いている、人で充満した通りが夢なのか、どれが現実なのかよくわからなくなっていた。

 

 やがて、手を引くアルが窮屈そうに振り返って、マルコに向かって叫んだ。


「あそこ! あの……、あの宿屋が人気がないはずだから!」


 とマルコの手を引っ張る。マルコは心で「やれやれ」とつぶやきながら、離されないよう必死でついて行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます