2 丘を越えて。大地をいろどる人たち

 快晴の空の下、マルコとアルは、幾重にも連なる丘を、とぼとぼと歩いていた。

 光りで輝く緑の芝を、足で踏み締めるのは、はじめは楽しかったが、三つほど丘を越えたところで、マルコは暑さにまいってしまった。


「……フゥ……アル、まだ、着かないの?」


 息も絶えだえにマルコが訴えると、先を歩くアルがつかれた笑顔で振り返った。


「……うん。……この先に、見えるはず」


 そう言って彼は、登っていた丘の頂上に到達すると、両手をあげて「フゥーーーッ! あれだ」と、よく通る声をあげた。


 マルコも何が見えるんだろうと気になって、早足で頂上へと向かう。緑一面だった景色は様変わりして、眼下には様々な色が広がっていた。


 見下ろすマルコの目に入ったのは、正面左手に丘があり、その稜線に立ち並ぶ白っぽい石柱と、その間に所々ある石板のようなものだった。

 石柱も石板も、遠くにたくさん並んでいるが、近づけば、一つ一つがかなり大きい物だと思われた。それに並んで、左側の頂上に向かって歩く何人もの人々の姿も一緒に見えたからだ。ここからだと、人の姿は石板に隠れる小動物のように見えた。


 人々が目指す先に目をやると、丘の頂上に、古代の神殿のような建物がある。赤と青の派手な色の壁のようで、屋根や柱に金が装飾されているのか、昼の光りできらきらと輝いていた。

 一方、右手に目を移すと、丘のふもとには、様々な色の天幕が貼られていた。こちらは、数えきれないほど多くの人でごった返していて、人々の様々な頭の色が光りを反射していた。


 二人は頂上の原っぱに並んで座り、竹筒の水を交互に飲んで、その風景を眺めた。マルコは、前々から気になっていた事をアルに尋ねてみた。


「……アル。端村でも思ったんだけどさ。

 この世界の人たちって、髪の毛がみんな、色んな派手な色をしてるよね?」


「……そうだねぇ。それこそ、神が望んだことで、私たちは大地をいろどるために、この世に生まれたんだ」


「大地をいろどる? ……それだけ?」


「いや、それはまあ、後でマルコに説明するけど、神話からのたとえで……。もちろん、みんなそれぞれの生きる目的を考えながら過ごしているよ。

 ……でも、私たちは、ただ生きて、存在するだけでも、大地をいろどる役目を果たせている。神の意に沿い生きている。

 そういう考え方も持っている」


「……それじゃあ、僕なんかダメじゃない?

 派手じゃない、真っ黒い髪をしている」


 その言葉を聞いて、はっとしたアルは、マルコの方を向いて言った。


「そんなことはないよ! 大地を彩るというのは、それ自体が比喩であって……、髪の色で、人の優劣など決められるはずがない!

 …………なんだけど、……まぁ、縁起えんぎの良い髪の色、縁起えんぎの悪い色、というのを気にする人たちもいる。

 …………王都の貴族とか?」


 マルコは、北にあるという、これから向かう王都がどんな所なのか、少し想像してみようとした。が、水を飲んだせいもあり、ぐうとお腹が鳴る音がした。

 アルが素早く立ち上がり、


「そりゃ、お腹も空くよね。こんなに歩いちゃ。ちょっとふもとの屋台で何か買ってくるよ」


 と言って、丘を駆け下り出した。と思うと、途中で振り返り、


「マリスを、その袋から出しちゃダメだよーー!」


と叫んで、また駆け下りて行った。

 マルコは、意外と体力のあるアルに驚いた。そして、彼の髪の橙色オレンジと、法衣ローブの薄灰色が、草原の緑を横切る様を、いつまでもながめていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます