1 裸の決意「西のいにしえの町へ」

 アルバテッラの南、はずれ森の西の境で、葉が茂る木立の中に、朝の光が一筋差した。照らす先には焚き火の跡が見える。

 木立の向こう側、葉の隙間から先に草原の緑がのぞける。そこからは、流れる川のせせらぎが、途切れなく聞こえていた。


 マルコは、焚き火のそばの木に背をあずけて座り、旅の連れのアル––––神の善意の石を隠した、杖を持つ魔法使い––––と大喧嘩してしまった事を、後悔していた。夕べは意固地だったかもしれないと思う。しかし今でも、アルの言い分に心から納得したわけではなかった。


 「やっぱり、どうしても端村はしむらに一度戻りたい」と譲らないマルコに対し、アルはさとすように、何度も丁寧に説明した。


 マルコの腰の、暗い袋の中に入れてある黒い石––––マリスと呼ばれる、神の悪意の石––––が、この地、アルバテッラの人々にとって、いかに危険なものであるか。

 先日、枯れ川の洞窟の奥深くで、アル自身が、その石に支配されて、もう少しで人ではない何かに変わってしまいそうだった事。何かの拍子で、その石が袋から出されてしまえば、端村の人たちも、容易にそうなってしまう事。

 そして、いつも最後には、寂しそうにこう言った。


「端村の人たちは、昔から、その神の悪意の石の近くに住んでいた。だから何年も何年も、そのマリスの災いを受けて、弱ったに違いないんだ。

 マルコ、君のおかげで、やっと彼らは解放される。……だからこのまま、自然と活力が戻ることを、そっと見守ってあげて欲しい」


 マルコは、頭ではその理屈がわかっても、会いたい人に会うことができない辛さは変わらなかった。

 頭ではわかる正しい方向と、心の向く先が、どうしても一致しないことがある、と彼は知った。


 それでもマルコは立ち上がって、アルに自分の思いを伝えようと思った。そう決意すると、さっきまでは顔も合わせたくなかったのに、早く、アルに話したくなって彼を探しはじめた。

 アルは朝ご飯の後、「川で洗い物をするね」と言って木立の向こう側へ消えたままだ。


「アルーー! わかったよ!

 端村に寄るのは、マリスを王都へ届けた後にする!」


 マルコがそう叫びながら、木立をかき分けて森を出ると、正面は太陽に照らされ、光り輝く草原におおわれた丘だった。


「マルコー! わかってくれると思ってたよ!」


 そう答える先に目をおろすと、土手の下を流れる浅瀬に、手ぬぐいを持つ裸のアルがいた。そのまま彼はこちらを向いた。


「それじゃ、このまま丘を西へ越えて、私たちはいにしえの町、テンプラムへと向かう!」


 日の光りで橙色オレンジの髪は輝き、笑顔をはじかせ、一糸まとわぬ姿のまま、彼は何も隠そうとはしなかった。


「いやあああああああああああ!」


 マルコは、女の子のような悲鳴をあげてしまい、真っ赤になって、アルに背を向けた。


「どうした? マルコ! ……まさか、神の悪意が––––」


「違う! 違うよ、アル。お願い……。お願いだから、何か着て!」


「…………。なんだい。……男同士なのに」


 アルは首を振り、小川から上がろうと、じゃぶじゃぶ水音をたてた。


 マルコは自分でも、なぜアルの裸にこんなにも動揺したのか不思議だった。思い出そうとしてみても、この地に来る前の記憶は、ぼんやりとしてわからないままだ。

 自分の身体と魂はズレてるのかな? と彼は一瞬考えたが、それは脳裏をかすめただけで、すぐに忘れてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます