18 謎を探求する者

 エルベルトが崖のきわに腰かけながら、目をつむっている。風が木の葉を揺らし、枝葉がこすれる心地よい音を、のんびりと聞いて楽しんでいた。

 どこからか羽ばたいてきた小鳥––––頬と腹が白いシジュウカラだ––––が彼の肩に留まり、耳元でさえずる。

 エルベルトは、くすぐったそうに首を傾けた。


 と、その時、


「……あああああああああああああ!」


と叫び声を上げながら、マルコが洞窟の入り口から走って飛び出してきた。


「よし! でかした!」


と、この男には珍しいかけ声をあげ、エルベルトは片膝立ちになって弓をつがえ、構える。

 小鳥は飛び去っていった。


     ◇


 マルコは勢いのまま、丸石で歩きにくい河原まで駆けて、転びそうになる。

 何とか踏ん張って振り返ると、洞窟の入り口はぽっかりと黒い穴のままだった。

「あれ?」とつぶやきながら、剣と小盾を構えると、一呼吸おいて、緑色の集団が穴からわらわら飛び出てきた。


「イイィィーーッ!」 

「ギァアアアアアーー!」

「シギイイィッ!」


 それぞれが思い思いのおぞましい金切り声をあげながら、小鬼ゴブリンたちは日の下にその姿をさらした。

 緑色の肌に、衣服は申し訳程度のボロ布をまとい、手には棍棒というにもお粗末な棒切れや、茶色の曲がった剣を持っている。

 日の光に照らされると目は白濁して、耳と口が不自然に大きいのはさっきと同じだ。

 マルコは、小鬼ゴブリンたちが子どもの背丈程度の者ばかりだったのが意外だった。

 気持ちは悪いが、太陽の下ではあまり怖くはない。


 小鬼ゴブリンたちは、勢いにかられて真昼の光の下に飛び出してしまったことを、全身で後悔していた。

 先頭の者たちは日なたに出たとたん身をよじり始め「ヒイイィッ!」とか「フィイイッ!」など叫びながら、目をおおったり、両手を頭の上で泳がせる。

 が、一族が後から後から穴から出てきて押し出してくるので、やがてばたばたと前の者から転び倒れた。


 刹那せつな、マルコの頭のすぐ上で、いつか聞いた風切り音が、ヒュン! ブンッ! と立て続けに鳴る。

 エルベルトが、何連続も矢を放っていた。


     ◇


 洞窟の入り口の前に、小鬼ゴブリンの死体が五体並んでいる。

 全て、頭か胸を一本の矢で射抜かれて即死だった。

 何匹かは矢を受けながらも、命からがら洞窟の中に逃げ帰ったようだ。


 マルコは、小鬼ゴブリン亡骸なきがらをじっくりと見渡しながら、強烈な違和感にとらわれていた。


 手にはささくれ立った棒切れ。錆びた剣。

 腕は子どもと同じ細さで非力そうだ。

 足も遅いので、逃げるのもた易かった。


 それぞれの体の下には黒い血が広がっていった。

「マリスの毒。

 夜に対峙していれば、あのホロホロ鳥や森のぬしのように、この魔物たちも恐ろしい相手なのかな?」


「だとしても、あのポンペオに鍛えられたはずのセバスティアンの、この鎧をバラバラにするほどとは……」


「それに、あの小屋を作りあげたセバスティアンが、わざわざ危険な夜の森を抜けて、自分からこんな場所へ来るかな?」


 マルコが真剣に考えていると、崖上のエルベルトから声がかかる。


「よくやった、マルコ。小鬼ゴブリンの事もわかったろう。

 奴らはまた攻めてくるだろうが、今日の作戦は無事終了だ。


 なにより、こちらの被害がないのが、喜ばしい––––」


 エルベルトは今、ねぎらいの言葉を続けていたが、マルコの耳には入らなかった。

 今のマルコの頭には、以前の言葉が次々と蘇っていた。


     ◇


 エルベルトは言った––––「セバスティアンは小鬼どもにやられたようで––––。

 アルの手紙はこうだ––––御子息を森の事故で亡くされている––––。


 洞窟のことは?

 エルベルトが語った––––「なぜ、アルフォンスがその洞窟を知っていたのか、私にはわからない––––。

 アルは小熊亭で話していた––––「長年私は、この近辺にその石があるんじゃないかと調査をしていて––––。


 セバスティアンと洞窟をつなぐのは?

 それはきっと、エルベルトの言葉通りだ––––「彼は、マリスの毒が森に及ぼす悪意を調べていたが、彼自身があれに取り込まれ、誘われてしまった––––。


     ◇


 マルコは、はっとおもてをあげ、洞窟の穴の中へ鋭い眼差しを向けた。

 はるか奥で壁がぼうっと何かの明かりを反射したように見えた。

「何かがいる」


「間違いない。この洞窟の奥に、セバスティアンを呼び出したマリス、神の悪意の石がある」マルコはそう確信した。

 


 エルベルトは、洞窟に顔を向けてただならぬ様子のマルコを眺めて、戸惑っていた。


「マルコ、上がってこい。もう、帰ろう」


 それを聞いたマルコは、ゆっくりとエルベルトの方を見上げると、泣きそうな顔になっていた。


「……あの、うまく言えないんだけど、僕は、もう一度この中へ入らなきゃいけない」


 エルベルトは毛色ばんで言う。


「何を言っている? 正気か?」


 マルコは下を向いて、自らの鎧に目を落とした後、再び顔を上げ、泣き笑いのような表情で、エルベルトに哀願した。


「……もう、鎧を壊しちゃいけない……。

 もう……セバスティアンにおきたような事は、なくさなきゃ……。


 ……アルが、僕なら運べるって…………。

 お願い……。中を、確かめてみたいんだ」


 この顔は見たことがある。エルベルトは強烈な既視感にとらわれた。

さとで、言うことを聞かぬ同胞だったか……、いや、もっと後、アルフォンスに紹介されたセバスティアンだ」


 初めて森で会った時、髪が濃い赤紫色のその青年は、泣きそうな顔でエルベルトに哀願した「この森を……村を守るために、あなたのお力を、どうかお貸し下さい」と。


「あれは、意志が固く、それを貫く者の顔だ」

エルベルトが思い出している間に、マルコは洞窟へと走り出した。


 エルベルトが思わず手を伸ばす。


「待て! マルコ! アルフォンスが––––」


 マルコにその言葉は届かないまま、彼はまるで、投げ放たれた鉄の槍が真っすぐ飛んで岩をも貫くように、洞窟の深くへ一直線に身体を飛ばしていた。


     ◇


 洞窟の暗がりに、たくさんの赤い光が二つ一組でさまよっている。

 素早く動いて赤い残像を残すが、剣の光がきらめくたびに、一組の赤い瞳は閉じて消え、残像もなくなった。


 マルコは、かろうじて見える洞窟の中を、走りながら回避の踏み込みをして、小鬼ゴブリンを次々と斬り伏せていた。

 前回出会った二匹は、子どもと老人だったかもしれず、今は小鬼の中でも屈強な者が襲いかかってくるが、むしろリズムを合わせやすい。

 自分の中から、こんなにも力があふれてくることに、彼は気づいていなかった。

 彼が気にしていたのは、進むごとに遠く感じる壁、先ほどからぼうっと白んで見える奥の壁だった。

 そして、自らにある怒り。


 小鬼ゴブリンたちは、一様に好戦的という訳でもなく、中には恐怖にかられた顔で棒を振る者もいた。

 が、マルコは右に左に避けると、即座に小剣を振るい、相手に傷を負わせ、または命を奪っていった。

 自分は怒りの矛先を求めてるだけかもしれない、とマルコは思い始める。

 友を失ったエルベルトの哀しみ、小熊亭の夫婦が背負っている人生の辛さ、シェリーのどうしようもない心の傷。そうした事に自分は無力だと、そう彼は思い込み、それが怒りとなって、小鬼たちに向かっていった。


 そうした感情も、暗がりの中で身体を動かすうちにやがて溶けていき、マルコはだんだん無心になって、半回転を繰り返しながら奥の壁に向かって進む、剣そのものになっていった。



 身体を交互に半回転して先へ進む。

「いったいいつまで?」マルコはつかれていた。


 小鬼ゴブリンたちは、いっこうに数が減らないように見えた。

 息切れしながら奥を見ると、白っぽい壁の明かりが広がってるようにも見える。

 しかし、何かに近づくことを阻むかのように、小鬼ゴブリンたちもますます必死の形相で襲いかかってきた。


 ふと、棒がしたたかにマルコの頬をたたく。錆びた剣が腿の衣服を裂く。

 今度は自分自身に怒りの矛先を向けるように、マルコは乱雑な動きで剣を振るい、ただ近づく者を傷つけるばかりになった。


 またあの言葉が、ちらりと浮かぶ。「彼自身があれに取り込まれ、誘われて––––」

 その言葉を、怒りに任せて打ち消したくて、彼は両手を広げ、あの時の森の獣のように、咆哮した。

 


 マルコの吠える声にびくりとおののいた後、さらに何かの合図を感じたように、小鬼ゴブリンたちは一斉に後ろを振り返った。

 赤い光は消え、左手からの明かりで奥の壁が一面に白んでいる。

 小鬼ゴブリンたちは洞窟の奥へと向かって、銘々が四つん這いになって駆け始めた。


 咆哮を止め、泣き出したくなったが、もう涙も枯れたマルコが、ふと我に返ると、四つん這いで走る小鬼ゴブリンたちの影が、左手奥の壁先に、次々と消えていくのに気がついた。

 耳をすますと、小鬼ゴブリンたちが走るザザザッザザッという音に混じって、何か重たいものを引きずる低い音が聞こえる。


 マルコは、やっと目指すものに近づけた期待で力を取り戻し、小鬼ゴブリンに遅れまいと、駆け出した。


 左手の壁を越えて、マルコが目にしたのは、暗いほら穴の先に浮かんだように見える、四角い入り口だった。

 その四角い中に、ぼうっとした明かりと、何かの空間、柱が見えた。

 小鬼ゴブリンたちは次々とその入り口に吸い込まれいく。


 遅れをとるまいと、マルコも必死にそれを目指して駆け出す。だが、四角い入り口はだんだんと細くなって、狭まり、マルコが届かせようと手を伸ばした時、ガタリと音をたてて完全に閉まった。

 辺りは、星のない夜のように真っ暗闇になった。


 マルコは、前につんのめって倒れた。

 そして、頬を地面につけたまま、そのままゆっくりと、まぶたを閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます