17 洞窟の中

 洞窟の入り口はさほど大きいものではなく、人が並んで三人も通れば狭く感じるほどの間口で、高さもマルコの背の倍はあるかないか程度のものだった。

 穴の周りはゴツゴツした岩におおわれていて、地面は乾いた土がホコリを舞い上げている。


 マルコが後ろを振り返ると、丸い石が散乱した河原の先に、ほんの少しの水がちょろちょろと流れる浅瀬がある。

 地層がむき出しになった高くはない崖上に目をやると、崖ふちに腰掛けて、こちらを見ているエルベルトがいた。

 彼は微笑みを浮かべ、弓を持った腕を振り、低い声を上げた。


「大丈夫だ。ここからなら良く見える」


 マルコは不満げに手を上げて、ぎりぎり届くような小声で訴えた。


「だからなんで、一緒に入ってくれないの?

 本当に、僕一人で行かせるつもり?」


「悪いな。土の中は苦手な性分だ」


 短い理由で済まされて、一人で洞窟に侵入させられるなんて、普段の彼なら怒りを表に出すか自分の我を通して従わないだろう。

 しかし、この時のマルコは、そんな理不尽な状況でも冷静だった。

 もう一度、洞窟の入り口に体を向けて、奥へ目を凝らしてみるが暗くてよく見えない。


 背後から、エルベルトが低い声で呼びかける。


「奴らは、奥で眠っているかもしれない。

 手前から慎重に進んで、見つかったら急いで戻れ。後は何とかする」


「了解」


 振り返らずにマルコは言うと、腰の後ろに手をやって、崖を降りる前にエルベルトから渡された剣を、またもや触って確かめてみた––––。


     ◇


 エルベルトは、どうしても自分は洞窟の中には入れないので、「代わりにこれを」と言って、一振りの剣をくれた。


 細部まで模様が刻まれた、凝った意匠の鞘から抜いてみると、小剣よりも少し短い刀身は、優美な流線形を描く片刃の剣だった。

 その柄の部分は、狐か狼のような姿が形作られていて、開いた口から刀身が出ている。

 洗練された業物わざものだが、その意匠からは、なんだか原初的な印象も抱いた。


「それじゃあ、予備の剣として持ってくよ」


とマルコは応えて、腰帯にしっかりと結んだ––––。


     ◇


 そんな予備の剣を手で触って、まだちゃんとそこにあることを確認した後、少し安心して、マルコは左腰から静かに小剣を抜き、左手には鉄付小盾メタル・バックラーを構えた。

 ふうと一息つくと、マルコはゆっくりと、慎重に、暗い穴の口の中へ入って行く。

 余計な事や自らを不安にしてしまう考えを、頭に想い浮かべるようなことはなかったが、一人で洞窟の暗闇を目の前にすると、さすがに緊張して、一歩一歩と足を進めた。


 エルベルトは、崖の上からマルコが洞窟に入っていく様子を眺めていた。

 ゆっくりとだが、しかしためらいはなく、彼は穴の暗闇の中に消えていった。


     ◇


 洞窟の中に入って、マルコが驚いたことは、入る前の不安や緊張とは違って、穴の中は少し暖かく、居心地も案外悪くないと感じたことだ。


 普段と違うと最も感じたことに、暗闇の中に入っても初めから目が慣れていた。

 いつもは、急に暗い部屋に入った時は、物の輪郭が分かるまでに時間がかかるものだが、この時は、入ったとたんに奥の様子がうかがえて、さほど不安がなかった。


 洞窟の中は、乾いた白っぽい土の壁が続いていて、見たとこ、しばらく先まで一本道だ。

 マルコは油断せず、辺りの気配をうかがいながら少しずつ進んだ。



 エルベルトに施してもらった加護のおかげか、不思議と夜目がきいて、歩き続けたマルコだったが、そろそろ明かり無しでは先は難しいと思いはじめていた。

 と、その時、右側の少し先に分かれ道があるのに気がついた。


 「どうせなら、あそこまで行って、いったん戻るか」などと考え歩いていると、その別れ道の壁際で、子どもの頭のような何かが動いた!


 マルコは、ゴクリと生唾を飲み込んだ後、小盾を持つ手に力を込めて、そろりそろりと忍び足で分かれ道に近づいていく。


 もう右の壁の端はすぐそこだ。壁に顔を寄せ、少しずつ、少しずつ、右手をのぞき込む。


 すると、何かが脚に触れ……。


「ギァアアアアアアアアアーーー!」


「うわああああああああああ!」


 マルコは、何かの金切り声を浴びて思わず叫び声を上げた、が、目の前には何もない。

 あわてて下を向くと、頭二つ下に、初めてみる、顔の作りが人とは違う者がいた。

 赤く光る目と、横に飛び出した耳、そして大きすぎる口がいっぱいに開いて絶叫している。

 それが、棒のようなものをマルコめがけて振り回す。マルコは後ろに飛び上がって、不気味な生き物から離れた。


 それは奇声を上げながら、なおも棒を大振りに迫ってくる。


「イイィィッ! ギァアアアアアアアアアーーー!」


 今度はマルコは、棒の動きを見切って、左に踏み込み、反転して小剣を振るった。

 腰がすわらず、かすった手応えしかない。しかし、


「ヒギイイィッ!」


と叫んだかと思うと、その生き物は次の瞬間、分かれ道の奥へと、四つん這いになって駆け去って行った。


「ハァ……ハァ……やったのか……?」


 マルコは、呆気なく撃退できたことになかなか実感がわかず、しばらく放心していた。


 呆然としたまま、元の道へ戻るほうへ振り返ると、目の前に、もう一匹がいた。


「……………………」


 今度の相手は寡黙なようで、これ以上ないほど驚いた様子で、赤い目を見開きこちらを見ている。

 マルコも思わず見つめ合ってしまったのだが、


「……フイイィッ」


と言って、その生き物が、ゆったりと棒を振るうと、マルコも調子が狂ってしまい、「ふおおお」と必要以上にゆったりと左に踏み込み、棒をよけた。

 「何かの作戦か?」とマルコが考える間もたっぷりある中、相手の脇が隙だらけだったので、何気なく剣を横に払うと、


「……ヒィッ」


と短く声をあげ、やはり四つん這いになって、本道の奥へとよたよたと駆け去って行った。

 マルコは思わず独り言が出た。


「ど……どういうこと?」



 洞窟の入り口から真っすぐ続く、本道の奥に目を凝らすと、赤い光がチラチラと見える。

 こちらの騒動が奥まで聞こえたのだろうか。


 マルコは「数が多いという事か」と思い、赤い点々を数えてみた。

 心の中で「1匹、2匹、3匹、……4匹、……5匹……」と数えていると、手前の赤い点は大きくなり、まばたきをし始める。

 瞳が間近に迫ってくる。マルコは、


「……ちょっ、ちょっと、多過ぎる……

 ……うわ……うわあああああああああああ!」


と叫びきびすを返すと、遠くに光る出口を目指して、全力疾走で逃げ出した。


 背後からザザッザザザッと追ってくる音に恐怖を感じたが、両手をふって全力で走っていると、だんだんと音が遠くなり、後ろを見返ると引き離せてるようだ。


「……ん?」と思いながらも、マルコは出口めがけて一直線に突っ走った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます