16 枯れ川の洞窟

 翌朝、森が終わる境の崖に立つと、雲一つ無い青い空が見渡せた。


 暗い森の木々は背後で終わっていて、正面の岩場の先はまた山になっているがさほど高くはない。

 身を乗り出して下をのぞくと、遠くない崖下は、水がほとんどない枯れた川になっていて、向こう側の河原の崖に、ぽっかりと空いた黒い穴が見える。

 あれが例の洞窟か、とマルコは思った。早朝からエルベルトと連れ立ってきたが、小屋からそう遠くはなく、意外だった。


「あまり身を乗り出すな。見つかると危険だ」


 木々の間からエルベルトが声をかける。マルコはあわてて木の間に作られた野営の場所に戻った。


     ◇


 森の木々が終わる手前、葉が多めに茂る木の下に、エルベルトは焚き火を起こして、座る所や荷物置き場を整備していた。

 焚き火の上には、鳥肉の切り身が棒に刺さって炙られ、食欲をそそる香ばしい匂いを漂わせていた。

 焼き鳥を作る前にも、エルベルトは断固とした口調で「今回は、残りの鳥肉を山賊焼きにする」と宣言していた。マルコはその時は「はあ」と応じただけだったが、今は食べるのが楽しみで仕方がない。


 マルコは、小鬼ゴブリンを見張る不安と、美味しそうな焼き鳥を待つ、うきうきした気持ちとが混ざって、自分でもよくわからない混乱した心持ちになっていた。


 エルベルトは、たまに鳥肉に調味料をかけて棒を回し、かと思うと背中を向けて、ガラスや食器を準備する音を立てながら、話した。


小鬼ゴブリンどもも、さすがに日がある間は出てこないはずだが、用心にこしたことは無い。

 入念に準備した上で、昼間、こちらから不意打ちをかける方がいいだろう」


「なるほど……。

 ところでさ、天気良くなったのはいいけど、こう晴れてると、けっこう暑いもんだね。

 歩いたから喉も渇いちゃったよ」


 とマルコが言うと、背を向けているエルベルトは、目を開いてニヤリと笑みを浮かべ、すみやかに竹筒の水を注いで何かを用意しはじめた。


 しばらくすると、爽やかな笑顔で振り返ったエルベルトが、手に持ったガラスの杯をマルコに渡して言う。


「このお茶を飲め。渇きを癒して、すっきりするだろう」


「……わぁー、ありがとう! これ何? 冷えた緑茶かな?」


 見ると、ガラスの杯には鮮やかな緑色の液体が入って、底には細かくきざまれた葉が見える。

 よく冷えて、美味しそうだ。

 マルコは上衣の首周りをパタパタと扇ぎ風を入れながら、その冷えたガラス杯を傾けた。

 一口飲んで気に入ったようで、グビグビと飲みはじめる。


 すかさずエルベルトはマルコの方を向いて、手と指で何かの仕草をしながら、こう唱えた。


「森におわす木の霊よ、此の者に、静かなる加護を––––」


「ん? 何か言った?」


「ああ、おまじないだ。少しは涼しくなっただろう」


 エルベルトに言われて、マルコは確かにそう感じた。

 そのうえ混乱した気持ちも落ち着いてきて、まずは鳥の山賊焼きに集中することにした。


 焼きたての鳥にかじりつくと、外側の皮はパリッと音をたて、口の中に濃厚な肉汁があふれ出す。

 噛むと、塩味と少し酸味もある旨味が口中に広がって、マルコは美味しいものを食べる喜びで、不思議なことに、笑いがこみ上げてきた。


「ふふ。……うまい! 本当に美味しいよエルベルト! ありがとう!」


「そうか……。良かったな。

 まあ、あまり大声を出すな」


 と、いつもの控えめな笑みを浮かべて、エルベルトは応じた。

 彼も一口かじって口を動かすと、一瞬、目を見開いたが、その後は冷静さをたもつような笑みを浮かべて、焼き鳥を食しつつ、小さい鍋でお湯を沸かしはじめた。


 二人で焼き鳥を楽しんでいるさなか、マルコが申し訳なさそうにエルベルトに声をかけた。


「……あの、何か飲み物ある?

 さっきのお茶を残しておけばよかったんだけど……。水でいいので––––」


「まあ待て! 早まるな」


 エルベルトは、お湯が入った鍋を手に、いそいそと背中を向けると、何やらごそごそ準備をはじめた。


 しばらくして、爽やかな笑顔で振り返ったエルベルトが、手に持ったお碗をマルコに渡して言う。


「このスープを飲め。焼き鳥の油を流してくれる。

 さらに旨味もよく味わえるだろう」


 受け取った腕をのぞくと、濃厚な茶色の液体が入っていて、焦げ茶色の粒が浮かんで見える。

 嗅ぐと落ち着くような、出汁だしの良い香りもして、マルコは素直に口にした。

 すると、スープ自体にコクがあり、旨い。

 残りの焼き鳥を急いで口に入れもぐもぐとした後、両手で腕を傾け、ズズーッと流し込む。


 すかさずエルベルトはマルコを見つめ、手と指で何かの仕草をしながら、こう唱えた。


「地に住まう土の霊よ、此の者に、安らかなる加護を––––」


「ふううう〜……。美味い!

 この組み合わせも、言う通り最高だったよ! エルベルト」


 マルコは満面の笑みを浮かべて、エルベルトに感謝した。

 すると、気持ちはさらに落ち着いてきて、美味しい食事を楽しめた後の、充足感に満たされた。

 加えて、次の行動への意欲のようなもの、つまり、やる気も出てきた。


 二人で後片付けをした後、エルベルトは珍しく、そわそわしながら、こう切り出した。


「食後の飲み物も用意した。もちろん、昨日のようなことは決して無い!

 酒の成分はないことを確認して––––」


「ちょっと待って! エルベルト」


「……何だ?」


「さっきから僕に、何かいろいろ飲ませて、おまじないをかけてるでしょ?

 僕の事、バカだと思ってるの?

 何をやってるのか教えてよ」


「精神が安定し、洞察力も増したな。

 加護がちゃんときいている」


 と言って、エルベルトはおまじないについて説明をはじめた。


 エルベルト自身は魔法を使うことはできないが、自然の中の存在にお願いして、まもりや助けを与えることはできるとのことだった。

 だが、その効果は、ほとんどが精神に作用するものなので、過信は禁物、とのことだ。


 マルコは尋ねる。


「……で、これまでは、どんなおまじないをしたの?」


「森の中や、洞窟の中でも、落ち着いて考え、行動できるまもりをかけた。

 ……先日、森のぬしに遭遇した時のような動揺はないだろう」


「……なるほど。それで、次は何をしようとしてるの?」


 それを聞いたエルベルトは、マルコが初めて目にする、ニヤリとした笑みを浮かべた。


     ◇


 マルコが手渡されたガラスの杯には、輝く白銀の液体が入っていた。

 彼がそれを太陽に向けてかざすと、日の光を浴びてまばゆい光を発した。

 マルコが一口含む。


「とろりとして甘い!」


 マルコは、目の前でニコニコと笑顔を見せるエルベルトを横目でにらんだ後、ゆっくりとその液体を喉に流し込み、体が喜ぶ甘さと、体に入ってくる感覚まで味わう。


 エルベルトは、今度は真っすぐにマルコを見つめ、手と指で何かの仕草をしながら、低く、なめらかに甘い声で、こう唱えた。


「鉄にも銀にも宿る金の霊よ、此の者に、貫く意志の加護を––––」


 ぐっぐっと喉を鳴らして、マルコは白銀の液を飲み干すと、大きな息を吐いた。


「ぷはー! うまかった!

 ……じゃなくて、……今のは何をしてくれたの?」


 エルベルトはマルコから杯を受け取りながら、達成感を得たように、心からの穏やかな笑顔を見せて言った。


「分かりやすく言えば、君に勇気をさずけた」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます