15 森の小屋でのひと時

 目が覚めると、見慣れぬ狭い天井を眺めながら、自分の魂がゆっくりと身体に入り込んでいる気がした。


 扉が開いて、薄茶色のふち無し帽から、濡れて光る黄緑色の髪をたらした男が現れた。昨日と同じ、緑色のブーツに赤茶色の上衣のままだが、全身がぐっしょりと濡れている。

 男は声をかけてきた。


「マルコ、もう昼前だ。

 君も体を流すといい。外は春の雨だ」


 そう言われて、マルコが窓を見ると、確かに雨粒がガラスにあたり、その向こうの緑の葉っぱは、雨と日の光りで輝いていた。


 ぼんやりとエルベルトを眺めていると、濡れた服のまま、ホロホロ鳥の大きな白い肉をテーブルに置き、取ってきたらしい野草やキノコも並べる。

 マルコが寝ている間に下準備をしていたようだ。


 彼は森の爽やかな芳香を漂わせていて、不思議なことに、服もずぶ濡れなのに不自然な感じが全くしない。

 まるで一風呂浴びた後のさっぱりした人のようだった。ふとこちらを見て、低く甘い声を出した。


「どうした? 服が濡れるのが嫌なら、ベッドの下の手ぬぐいを使え。

 このユーカリの近くなら、裸になっても安全だ」


 マルコは起き抜けのぼんやりした頭でよくわからないまま、その指示に従う事にした。

 衣を脱いで下着姿になり、手ぬぐいを持って扉に向かう。

 その背中に、エルベルトが断固とした口調で言った。


「今日は、鳥鍋を食べる」


 マルコは思い出したように振り返って尋ねた。


「そう……。ところで、エルベルトはあの後、眠ったの?」


「枝の上で寝た。

 月の光がまだ美しいままだったから。


 ……そう言えば、夕べ君と出会った時も、私はあの木の上でうたた寝をしていた」


 マルコは、それがとても信じられず、からかわれているのかと思い、ちょっとムッとした。


     ◇


 マルコは、大きなユーカリの木の下で、全裸になって、はずれ森に降る雨を浴びていた。

 最後の下着を脱ぐ時に「これって普通じゃないよな」とためらいはしたが、試しにと思いやってみたら、たとえられない解放感があり、相当、気持ちがいい。


 口を天に向けて大きく開いて、雨を飲んで喉の渇きを癒すと、昨晩の暗いような重たいような気持ちがいくらか軽くなって、お腹も減ってきた。


「ご飯を食べて、エルベルトとこれからの事を話さなきゃ」


 マルコは元気が出て、そう口に出していた。


     ◇


 テーブルの上には、直に鍋が置かれている。

 マルコがのぞき込むと、鳥肉に加えて様々な緑のもの、キノコや少しの人参、玉ねぎも見えた。

 木の上にある、こんな小さな小屋なのに、立派な鍋料理を食べられる事にマルコは驚いた。


 エルベルトが淡々と語りはじめるが、なんだか喜びを抑えてるように聞こえる。


「つくしに、ふきのとう、見ての通り水菜はたっぷり入れてある。

 アルフォンスが差し入れた野菜は大分古いが、これで最後だ。


 鳥肉はマルコの獲物だ。……感謝する。塩と、エルフの調味料……本来は気付け薬だが少量なら平気だ。それで味付けした。


 キノコは……、ああ、もういいだろう。さっそくいただこう」


 マルコも賛成し、ワクワクして席に着くと、指を組んだエルベルトが、じっとこちらを見ていた。

 マルコは無言でうなづき、同じように指を組んで、一緒に声も合わせる。


 「命をいただきます」


 エルベルトが、ふっ、と控えめな微笑みを浮かべた。


     ◇


 空のお碗を前にして、マルコは満足した吐息を漏らした。

 こんなに美味しく食べて、満腹になれたのはいつ以来だろう。


 エルベルトは、背中を向けて、桶で鍋を洗いながら話しかけてくる。


「亭主夫人の笹ご飯も良かった」


「本当! 笹のいい香りが染みて……、最後の雑炊まで、さっぱり食べられたよね! 全部、最高に美味しかったよ。

 ありがとう!」


 マルコがそう返す間に、エルベルトは狭い空間でてきぱき動いて、ガラスの杯に真珠色の飲み物を注いだと思うと、マルコの前に差し出した。


「食後の飲み物だ。口直しになる」


「……あ、僕、お酒は飲めないんで……」


「大丈夫だ。これは酒とは言えない」


 と言って、エルベルトはマルコを見て穏やかに笑った。


     ◇


 窓枠に腰掛けたエルベルトが、物憂げな眼差しを、雨が降り止まぬ外に向け、手にした竪琴ハープをゆったりと鳴らしている。

 美しい旋律に合わせておもむろに口を開き、低い美声で歌いはじめたところで、顔を真っ赤にしたマルコがくだを巻き出した。


「……これぇ、おしゃけじゃないって! えるべるとひったあよねぇ! もうもくのめないんだがあ! もうねぇ! あだがくだくらしてぇ!」


 エルベルトは、あくまで視線は外に向けたまま、マルコの方を見ずに答える。


「何度も言うが、それは酒とは言えない。

 …………だが、済まなかった」


 そう言うと、いきなり竪琴を激しくかき鳴らし、熱く歌いはじめた。

 マルコはテーブルに突っ伏した。


     ◇


 ユーカリの大木を西日が照らし、幹に直接日が差し込んで、虹色を光り輝かせる。

 上には、板でできた小さな小屋があり、豊かに茂る緑の葉が屋根も見えないほどおおっている。

 朝から降り続いた雨は止んで、葉から光るしずくがいくつもの星になって地に落ちていった。


 小屋の窓から、郷愁を誘うような竪琴の美しい旋律と、低い男の声が、森の中に流れ、広がっていった。


 マルコは、水が入った杯を手に握りしめたまま、ふいにピクリと動いて、ゆっくりと頭を上げた。

 西日が差し込む窓際で、逆光で黄緑の髪を光り輝かせながら、男が竪琴を鳴らし静かに歌っている。

 異国の言葉で意味はわからないが、うっとりして聞き惚れた。演奏が終わって、声をかけた。


「……とても、きれいなメロディーだね。

 ……少し、物悲しいような。……何て言ってるの?」


「いろいろ言っている」


「……分かる言葉にして、歌ってみてよ」


 とマルコが言うと、エルベルトはぎょっとした顔をしてマルコをまじまじと見た。

 それから下を向いて、ふっ、と控えめな微笑みを浮かべた後、すばやく顔を上げて目をつむり、必死にぶつぶつと口元で何かを唱えはじめ、眉間にはしわを寄せている。

 マルコは、ぐびりと一口、水を飲んで、歌の翻訳が終わるのをゆっくり待つことにした。


 しばらくして、エルベルトは竪琴の音合わせをし、そして、おもむろに歌いはじめた。それは、次のような内容だった。



 エルフの火 エルフの火

 人ならぬ人と歩むとき その炎を燃え上げる

 あだなす者を焼きつくさんと 西に東に飛び火する

 エルフの火 エルフの火

 この世が果てるその日まで 浄化の炎 絶えることなく

 エルフの水 エルフの水

 浄化の炎 目に映すとき その海 何処いずこも繋ぐ––––


 

 とここまできて、エルベルトは演奏をパタリと止め、指で目頭を抑えた。

 あわてたマルコが叫ぶ。


「どうしたの?」


「ここから先は本当に悲しい」


 エルベルトは、そう答えた。


     ◇


 だらしなくベッドに仰向けになったマルコが、天井を眺めている。

 気怠さがまさり「心配してるだろうから、端村に帰らなきゃ」と言い出せないまま、窓の外は日が暮れて、いよいよ暗くなってしまった。

 小屋での夜は二晩目だ。


 エルベルトは持ち歌を全て歌い終わったようで、たまに散発的に竪琴をつまびいていた。


 マルコは天井を眺めながら、さほど興味ない風に尋ねた。


「……エルベルト。小鬼ゴブリンって何?」


 竪琴の音が完全に止まる。

 沈黙。

 返事が無いなんて初めてだ、とマルコは思い、上半身を起き上がらせてエルベルトを見た。


「…………実際に、見た方が早いだろう。


 明日あたり行ってみるか? あの洞窟に」


 と、エルベルトも、まるで森の散歩にでも誘うかのような、何気ない風で答えた。その言葉にマルコは返事をしなかった。

 これまで、成り行きに流されたり、そうでなくて自分で選んだ事でも、大変な目にあってきた。

 彼は次の行動を決めることが、おっくうで、怖いような気になっていた。

 次にいったい何が起こるのか、実際のところは、分かったもんじゃない。


 そんな具合にマルコは悶々もんもんと考えていたが、一方で、エルベルトは何かがやっとすっきりしたような清々しい顔になり、竪琴を片付け、「干し米が残ってたから、あれで何か作ってやろう」とつぶやきながら、夕食の準備をはじめた。


 はずれ森の夜は、ゆっくりと更けていき、外は澄んだ虫の音が聞こえる。

 虹色のユーカリの木の上にある小屋でのひと時は、何かに守られているように何事もなく、安らかに過ぎていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます