13 歌う獣との死闘

「グァアアアアアアアアアアアア!」


 端村のはずれ森、満月の光の下にさらされた広場で、苦しみに悶えている獣は、巨大な熊だった。


 マルコは、荷物をおろしなんとか立ち上がると、相手の正体が分かり、自分の気持ちも少しずつ、だんだんと落ち着いていくのが分かった。

 慎重に周りをうかがうと、満月が照らす広場は、木々の間にある円形の原っぱで、広さは人が50人は座れるだろうか。視線をめぐらせると、右手の樹木の間に、ひっそりと彼が立っていた。


 その男は、使い込まれてそうだが汚れもない緑色の長いブーツをはき、細い体の線が分かる赤茶色の上衣チュニックを着ていた。手には長い長い弓、大きな羽のついた矢の筒を背負っている。

 満月が、白い顔と、薄茶色のふちなし帽子を照らす。目の上から耳元まで隠す帽子からは、新緑の黄緑色をした髪があふれ出て、月の光を反射していた。


「まずは、森のぬしをなんとかしよう。話しは後で」


と、男は低く甘い声で呼びかけると、足音も立てず、木々の裏側へと姿を消した。



 左目に矢が刺さった巨大な熊が、マルコを切断しようと腕を振り下ろす。

 だがマルコは、「これこそ丸太だ」と思い、足をさばいて、体を横にその攻撃をなんとかかわすことができた。「斜め上から来るのがやりづらい」と思いながら。


 それでも次に、熊が右腕で大振りの横払いをしてきた時、マルコは腕の左手に踏み込むと同時に、体に染み付いた動きで反転し、小剣の一撃を繰り出していた。


「ガアアアアッ!」


 森のぬしは腕を上げ悲痛な叫びを上げる。マルコの攻撃はきいていた。


 熊が、腕を守るように踵を返したとたん、先ほど聞いた風切り音が、素早く三度も続いた。足、横腹、首に、立て続けに矢が刺さる。

 たまらず、熊は横に転げ回り、苦しさから空気を震わせるうめき声を上げる。


 マルコは、もうこれでこの動物は逃げ出すんじゃないかと思っていた。

 しかし、こちらを向いて、苦しそうに鼻から白い息を吐くと、森のぬしはまたもや立ち上がり、満月の光で巨大な人影を再びつくる。そして、広場を、いや森の全てを支配しようと、歌うように咆哮した。


     ◇


 もう何度目の攻撃だろう。

 熊はただの熊ではなく「森のぬし」と呼ばれる存在であることを、マルコは身にしみて理解してきていた。


 弓使いの男とマルコが繰り出す攻撃で、主は、体から何本もの矢を生やし、両腕にいくつもの傷を負って、血を流していた。広場の草地に点々と染みになったその血は、月明かりに照らされて、黒々と光っていた。


 だがしかし、森のぬしの闘争本能は、一向に衰える気配がなかった。


 マルコは息を切らし、戦いを続けていた。

 ぬしの攻撃を何度も回避して、いけると思えた時は、反撃して一太刀浴びせる。足は常に動かして、一ヶ所で止まらないように注意を払った。

 後ろに下がると、ふと背中に硬い幹があたった。それより下がれない事にマルコは恐慌状態になり、あわてて横に転げ回って起き上がる。

 もう、つかれて、足を動かせそうにない。

 そう思いながら、ふと、ぶつかった大木の白っぽい幹に目をやった。


 弓使いの男は、慎重に矢を放つようになっていた。

 森のぬしが、あの少年と思われる剣士に全身で突進する時は、柔らかい横腹か、脚のつけ根、関節を狙って放ち、少しでも勢いを削ぐようにした。

 一人であれば、––––そもそもぬしと戦う事などしないが––––隙をみて木にのぼり、上から目や眉間や口を正確に射抜きたかった。

 が、あの剣士のことを思うと、そのような賭けはできない。「さて、残りの矢は何本だろう」彼は、何年ぶりか思い出せないほど、久しぶりに焦りを感じていた。


 森のぬしは、痛みのためか怒りのためか、ぞっとするうなり声を繰り返しながら首を回し、その痛みの元凶である者をあくまで探しているようだった。

 その前に現れたマルコは、両手を下げてぬしをじっと見つめる。目を合わせた後、背中を見せてあの大木の方へ逃げ出した。

 ぬしはそれを見逃さず、突進する力をためた。



 マルコは大木を背に、巨大な熊が突進してくるのを見ていた。

 城壁も破りそうな勢いだ。


 すかさず横から細身の影が現れ、低い声で言う。


「死ぬ気か? 私は左。お前は右に抜けろ」


「ハァ……ハァ……大丈夫……ハア……このまま……」


 マルコは、そう答えたつもりだったが、息切れが激しくて、ちゃんと言葉にできたか心もとなかった。


 突進してくる熊に対して、正面から男は弓を引き絞り、狙いを残った方の目に定めた。

 確実に射抜いて、そして左に抜ける。そうしないと突撃を受けて自分も死ぬ。

 こんな運任せの捨て身の戦法など彼には経験がなかった。

 しかし、冷静に、機をうかがっていた。


 ブンッ! と空気が鳴り、矢は正確に森のぬしの右目を貫いた。

 しかし、勢いはみじんも衰える事なくこちらへ突撃する。弓使いの男は左に飛び上がり、マルコは剣を手にしたまま、その場で沈んだ。


 森のぬしは、視界もないまま、頭から大木の幹に激突した。

 地響きが鳴り、大木は揺れ、暗い葉っぱが何枚も降ってくる。遠くで鳥がわめいた。


     ◇


 弓使いの男は、––––これも思い出せないほど久しぶりに––––汗をかきながら、なんとか巨大な熊の右手をどかすと、そのむくろの下にいたマルコを引きずり出した。

 マルコは目を見開いてガチガチと歯を鳴らし、手に持った剣は、森のぬしの黒い血がべったりとついて月明かりで光っている。

 森のぬしは、激突の衝撃か、マルコの一突きか、または両方によってピクリとも動かない。

 身体の下から黒い血が広がり、水たまりをつくった。


 男は言った。


「見ろ。その漆黒の血を。すっかりマリスの毒にやられている。一刻も早く洗い流した方がいい」


 マルコが、黒い血だらけの手で頬をぬぐうと、鼻の横から耳もとまで刺青いれずみのような黒い筋がついた。

 男はそれを見て、はっと厳しい表情になったが、マルコは気にせず、ひと息ついて男を見上げると、はにかむような笑顔を見せて言った。


「……はじめまして。……僕はマルコといいます」


 弓使いのその男は、ふっ、と彼特有の控えめな微笑みを浮かべ、なめらかな甘い声でつぶやいた。


「なるほど。アルフォンスの言った通り、君は、ただの人ではないらしい」


     ◇


 マルコが見た森の灯りは、夢ではなかった。


 まだ早春なのに、豊かな緑を茂らせるその樹を見上げると、大きな枝が分かれる所に板で組まれた小さな小屋がある。

 戸口のランプがおぼろげな灯りをともしている。

 そこから伸びる枝に、細い梯子が吊り下がっていた。

 月明かりの錯覚か、幹は縦に何色もの筋が走る、虹色に見えた。


 エルベルトと名乗った弓使いの男は、マルコに肩を貸して、はずれ森に一軒と思われる、その小屋まで連れてきてくれた。

 彼は狩人で、以前はもっと北の森が猟場であったが、おととしからたまに、はずれ森のこの小屋で寝泊りしているとのことだった。


「さっきは、あんなところで……、いったい何してたんですか?」


 休むところまでたどり着けて、元気が出てきたマルコが、はきはきと尋ねると、


「こっちのセリフだ」


 エルベルトは、これまで通り短く答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます