9 はずれ森での危機

「キャーーーーーーー!」


 はずれ森の空気を切り裂く、シェリーの悲鳴が聞こえる。

 マルコは、足をすくわれ身体が宙返りする中、地面を上にスギの木漏れ日を下に目が回る中、またもや、今は考えるべきではない事を、次々と走馬灯のように頭に浮かべてしまっていた––––。


     ◇


 あれから五日は過ぎようというのに、アルは戻ってこなかった。なのでマルコは、あの日に聞いた善意の石や悪意の石といった諸々が、何だか現実のことだったのではなく、夢だったように思いはじめている。


 夢といえば、マルコは夜、アルの事をよく思い出す。まだ数日会ってないだけなのに、懐かしく思う気持ちになる。

 すると、なぜか彼の耳元でアルのぶつぶつ言うつぶやき、何かを唱えるかすかな声が聞こえる気がして、そのまま寝入ってしまい、朝には忘れた。


 朝起きると剣の訓練、午後には決まって狩りに出かける。

 歌う小熊亭の食卓では、彼は「アルにも、この美味しいお肉を食べてもらわないと」と狩りに励む言い訳を話して、ポンペオ夫婦も暖かい笑顔で聞いてはくれるが、実は、シェリーと一緒に過ごしたいだけだった。


 狩りの成果は日によって違う。無い時もあれば一羽の時も。初日のように二羽取れたのはおとといだったか。

 だけど毎日が安心できる繰り返し。決まった場所と決まった場所の間を往復するこの感覚は、彼の何かにひどく染み付いた、

「……以前の記憶?」

 と、ここでマルコの意識はさめた。


     ◇


「あたたたた…………」


 マルコが地面から体を起こすと、激突した後の猪豚いのぶたが足をバタつかせ、こちらを振り返るところだった。

 なるほど、顔は茶色の毛におおわれたイノシシで、口からは見るからに危険な牙が二本飛び出している。ただ年寄りなのか、牙の先はどちらも削れて丸い。もしあれが尖っていたらと思うと、マルコはぞっとした。


「マルコ! 大丈夫? ……このっ」


 風を切る音がして、シェリーが射たとみられる矢が猪豚のももとお尻の辺りに刺さった。

 だが、お尻をぶるるっと震わせただけで、猪豚は平然として長い鼻をフゴフゴと鳴らしている。


「あーー! こいつあぶらがのってて、矢が効かない!」


 シェリーが右手の草むらから叫ぶ。


 マルコは、桃色の猪豚の下半身をながめて「……あぶらがのっている?

 なるほど、それが美味しいお肉の部分か」

とまたも気が散りそうになった。

 だが、首を横にふって目を開き、今の戦いに集中した。


 なんとか右脚の力で立ち上がったマルコは、左足がぶらんとしてろくに力が入らない事に気づいた。

 次の突撃がきたら、左に踏み込んで避けることはできそうにない。


 蹄を地面にこすっている猪豚を見ると、高さが足りず、これまで訓練した南方剣術でそのまま打ち込むことも難しそうだった。


「フゴッ? フゴッ? ブヒイイイイい! ブヒイイイイイイーーーッ!」


 猪豚が突然騒ぎはじめ、周りを見回しはじめる。


 マルコは「痛くなって怒ってるのかな? シェリーが狙われると厄介だ」と思い、スミス老に研いでもらった、格段に切れ味が鋭くなった小剣を、静かに抜いた。

 試しに、左肩にある鉄の肩当てに剣先をあて、チーン、チンとかん高い金属音を鳴らしてみる。


 猪豚がしっかりとこちらを向いて、苛立つようにひづめを鳴らしはじめた。


「ブヒイーーーーーッ!」


 猪豚の突進は、風のように早く、丸太のように重たい圧で、マルコの身体をはるか遠くへ吹っ飛ばそうと一直線に迫った。


 マルコは剣と肩当てを左に寄せて突進を誘導する。

 牙の切っ先がぶつかる寸前、なんとか体を横に右脚をひざまずき、突撃の右手にピタリとつきながら剣を突き出した!


 深々と貫いた刀身にすかさず左の小盾をあてて支える。


 身体を引きずるほどのもの凄い重さと勢いが、剣を通して伝わってくる。彼の右膝は地面とこすれて衣服は破れ、左脚はおかしな角度に曲がった。


 たとえようもない激痛が両脚から瞬時に伝わる。手から剣を離さないことだけを考え、マルコは意識を強くたもった。


 横腹に剣が刺さった猪豚は、勢いのまま、マルコを中心に小さな円を描いて走る。

 マルコは剣を離さず、身体は回転させられている。弓を構えるシェリーが狙いを定めるが、マルコに当たりそうで矢を放てず、唇を噛んだ。


 それでも剣が、猪豚の体を裂き、あふれ出す真っ赤な血が、地面にきれいな円を描くころ、突撃の勢いはやっとのことで止まった。


 シェリーが弓を放り投げ獣のように駆けてくる。

 マルコは、口を開け何か叫ぶシェリーの顔を見たのを最後に、痛みで気を失った––––。


     ◇


 次にマルコの目が開いた時、安らかで幸せそうに見える、目尻の下がった猪豚の顔が、目の前にあった。


「マルコ気づいた! 大丈夫? もうすぐ家だから、がんばって……がんばって……」


 朦朧もうろうとした意識の中、シェリーの泣くような声を聞いた。

 首を動かしてみると、どうやら担架に乗せられて村まで運ばれているらしい。倒した獲物の身体も、同じ担架のとなりに乗せられ運ばれている。


 視界に再び闇がおりてくる中、マルコは、猪豚と自分がぴったりと一緒に添い寝させられている事に「なんで?」と思った。


 そして、「シェリーはあんな風に泣くんだ……」と思ったところで、また気を失った––––。


     ◇


 今日、三度みたび、意識がさめた時、マルコは左頬が暑すぎると感じて目を開けた。

 彼は体が動かせなかった。大きな揺れる椅子に座らされて、毛布でぐるぐる巻きにされている。

 首をまわすと、小熊亭の大きな暖炉が、すぐ左でパチパチと薪を燃やしていた。


「あつっ! ちかい。近すぎるから!」


 シェリーとソフィアがマルコの顔をのぞき込み、泣き顔から笑顔になった。真っ赤な顔をしたポンペオがこちらを見た後、部屋中に大声でどなる。


「英雄! マルコのお目覚めだ。みんなー! ちゃああんと生きてるぞーーー!」


 雪壁山脈の南の麓に位置する端村での夜、歌う小熊亭には煌々こうこうと明かりが灯り、その一階の窓から外にあふれんばかりの大歓声が響き渡った。


 中には、「ウェーーイ!」だの「サイコー!」だの「本当にウマい!」だの、よくわからない酔っ払いの声も混じっている。


 いったい何人いるんだろう? 驚いて目を丸くするマルコに、ソフィアが涙を流しながら、声をつまらせて語りかける。


「治療師さんの話しによるとね……ウッ……命には全く……ううっ

 ……別条はないんですって! ああぁ……


 でもね……脚を、やられて!

 ……ウッ……冷やすのと……ウッ……動かすのが……ズズッ……一番……良くないそうなのよ! あぁー」


 と言って泣きはじめ、となりのシェリーと抱き合った。


 マルコは叫んだ。


「分かった……。分かったから。少し……暖炉から離してーーーーーっ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます