7 はずれ森

「……あの、シェリー……さん?」


「まだそれ早い!

 私の名前は、シャルロット。

 ほら! ちゃんと前向いて歩いて!」


 スギ林が屋根となってひんやりとした木陰こかげが続く森の中、マルコが先に、腰まで伸びるシダの緑をかき分けながら歩く。

 シャルロットは手にした弓を機嫌良く持ち替えながら、周囲に目をやり、後に続いた。


     ◇


 小熊亭の亭主ポンペオが、食堂で二人に森を散策することを提案した時、夫人のソフィアとマルコは抗議の声をあげ、シャルロットは食事中にもかかわらず、飛び上がって喜んだ。

 彼女は狩りを共にする相手が見つからず、しばらく森に入ることができなかった。

 どんな相手だろうと、この機会を待っていたのだ。


 ポンペオは、初めてのマルコに親切に、端村のはずれ森に入る注意点を教えてくれた。


 一つ、門を通り見張りの兵に––––例え酔っぱらっていても––––挨拶すること。これから森へ入ることを知らせるため。


 二つ、日が暮れて、動物が凶暴になる前に必ず戻ること。そのために、日の位置と森の中で過ごせる時間をあらかじめ確認すること。


 三つ、森へは、門の近くの入り口––––人の手が入ってすぐに獣に会うことがない––––から入ること。


 亭主夫婦が玄関から手をふり、二人を見送って中に入ったとたん、シャルロットはマルコを手招きして、全ての言い付けを破った。


     ◇


 森の木漏れ日を見上げて、マルコが言う。


「シャルロット……さん? ポンペオさんの言った通り、門から行った方が良かったんじゃない?」


 秘密の近道があると言って、シャルロットは村の境の柵が壊れているところまでマルコを案内し、盗人のようにこっそり出て、道から離れ鬱蒼うっそうと茂った木立にまさに侵入した。


「いいの! 今日は、なんとしても成果をあげるよ……」


「でも、僕は昨日この、……この国に着いたばかりで、いろいろ慣れてない、というか……」


 マルコが肩ごしに振り返りながら遠慮がちに小声で訴えるが、シャルロットは辺りを入念に見回しながら、歩みを止めず答える。


「お兄ちゃん……ウホン! 私の兄様が言ってた。狩りに行く前は気の持ちようが大切だ。酔っぱらいの相手なんてしたらツキが落ちるって。

 それにあの……マルコ。きっとマルコも嫌な事言われたんじゃない?」


 マルコは「まあね」と答えつつ、両手をふって何でもなかったようなふりをした。


「私なんて、しょっちゅうからかわれる!

 ……それもあるけど、でもね、一番の理由は近道した方が獲物に早く近づけるから」


 村の食料不足が深刻なんだろうかと思い、マルコは他に何か話題はないかと考えた。

 歩きながら、ふと思ったことをそのまま口に出してしまっていた。


「……。お兄さんとはよく狩りをしたの?」


 風が吹いてスギの葉が音をたて、背後の足音がふと止んだ。

 マルコも何気なく歩みを止め、背中に神経を集中する。遠くでフクロウが鳴いた。


「……なんだよ。

 ……そんなの、そんなのあんたに関係ないじゃん!」


 マルコは「しまった」と思い、どうしようかと考えながら、相槌あいづちにあまり間を空けたくはなかった。

 そこで思い切り引きつった笑顔を作り、後ろに横顔だけを見せて言った。


「だよね!」


 今の彼には、これが精一杯だった。

 やがて、背後の足音が再び聞こえたので、ほっとして徐々に歩きはじめる。


 しばらくして、後ろからシャルロットがぽつぽつと話しはじめた。


「……。あなたのその、着ている鎧。

 お兄ちゃんの鎧……、よごすなとは言えないけど…………。


 ぜったい、こわさないでね」


 マルコは一度もふり返らなかったので、シャルロットがどんな顔をして、どんな気持ちでそう言ったのか全くわからなかった。


 だが、この言葉を、その後長い間、マルコは忘れることができなかった。


     ◇


 左肩の背後から、シャルロットの白くて細い指が伸びてくる。指差す先にその鳥を見つけた時、その愛らしさにマルコは胸が高なった。


 ホロホロ鳥は人の腰くらいまである大きな鳥で、体は黒い羽におおわれているが、白い水玉模様がまぶされてとてもおしゃれだ。

 黒くまん丸の目の周りから首筋にかけて涼しげな水色の縁取りがあり、頭上のトサカと口ばしのふちは、ツヤのある赤色だった。


 そんな華やかな首が、何かを探すように地面の草むらを小まめにつついて、反射する色鮮やかな光をふりまいている。

 低木の陰に座ったまま、マルコはうっとりとその様子を眺めた。


 すると今度は、左肩から矢の先が伸びてくる。ふり返ろうとしたマルコの肩をぐっと何かが抑える。


「……このまま。静かに」


 弦を引き絞る音をたて、シャルロットが弓であの鳥に狙いを定めている。

 マルコは心の中で「危ない! 逃げてー」と叫んでいた。


 ひゅんとうなる音がすると、矢は鳥の横腹に刺さったようだ。

 口ばしを開け、羽を広げて騒いでいる。

 マルコは、これが目的とはいえ沈む気持ちをおさえられずに下を向いた。

 顔のすぐそばで、あわてた声がささやく。


「なにやってんの? これからだよ!」


「え?」


 マルコは目の前のシャルロットの顔の近さにどぎまぎしつつ、その眼差しの先を見ると、一瞬で表情が変わった。


「えーーー?」


 そのホロホロ鳥は体の横に矢を生やし、その傷をものともせずに、猛烈な勢いでこちらに突進してきていた。


「ケエエエーーーーッ!」


 黒くて愛らしかった目が、怒りで赤く燃え上がっている。距離が不自然なほどの速さで縮まってくる。


「はやっ……! ほら! 早く構えて!

 南方剣術! 集中!」


 シャルロットにかされ、マルコはあたふたあせりながら腰から小剣を抜いて、余計な事を思い出す。


 それは、ポンペオが「手入れしてないからなまくらだけどな」と罪のない笑顔で渡した物だった。

「本当に役に立つのか?」マルコは不安になる。


 考える間もなく鳥の鳴き声が迫る。小剣を右手に、小盾バックラーを付けた左腕を構えた。が、遅かった。


「ゲエエッッ!」


 近くで見ると巨大な口ばしが、勢いをつけたまま小盾バックラーに突撃し、鈍い衝撃音で空気が震えた。

 頭上の枝の小鳥が一斉に飛び立ち、辺りが騒がしくなる。


 マルコの身体は軽く後方に吹っ飛び、片膝を付いていた。衝撃で左腕は感覚を失い、だらりと地面に垂れる。


「いったああ…………。き、気をつけて、シャルロット! ぼ、僕の後ろに隠れて!」


「言われなくてもやってる! なんとか一撃あててスキをつくって!」


 巨大な鳥が、足で何度も地面を蹴り上げながら、こちらをにらむ。

 マルコは深い呼吸を一つして「丸太よりはマシか」と思い、戦うことに決めた。


 前触れなく鳥が突撃してきた。

 今度はその動きが見えたので、訓練通りに足をさばいて体を横に口ばしをかわし、合わせて小剣を横に振る!

 しかし腰が引けて、マルコの剣は鳥の首をかすっただけだった。


 鳥は「キュー!」と鳴くと、それなりに痛かったようで、首から血を流しながらマルコを鋭くにらみつけ、もう我慢ならんと言いたげに、羽を大きく横に、ゆっくりと広げはじめた。


「……クエエエエエ! …………クェッ?」


 鳥があわてて背後を見ると、尾羽の辺りに二本目の矢が生えている。

 シャルロットが放った矢が命中していた。

 今度は、シャルロットに身体を向けて羽を大きく広げはじめる。再び「クエエエ……」とはじめたすきを逃さず、マルコが後ろを突いた。


 次々と二人に挟みうちにされた鳥は、やがてどさりと地面に倒れた。

 まだ息があることに気づくと、シャルロットはマルコを制して言う。


「あとは私に任せて」


 機敏に短刀を取り出すと、鳥を隠すようにしゃがみ、おそらく首を切断した。

 そして、ぶつぶつとひたむきに何かをつぶやいている。

 しゃがんだシャルロットの姿があまりに真剣だったので、「何かのお祈りかな?」と思い、マルコは彼女をそっとした。


 しばらくして、シャルロットがつかれ切ったようにゆっくり立ち上がると、マルコは待ちかねたようにはずんだ声をかけた。


「いやあ、意外と凶暴でびっくりしたよ!

 僕の剣は……全然良くなかったけど……でも、なんとか仕留められた。

 腕のしびれも引いてきたし、もう一羽いっとく?」


 それを聞いたシャルロットは、呆然とした表情で振り向いた。


「これから……、二つ目の命を狩れるの?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます