6 中庭での出会い

 縦横ななめに走るつなが、丸太の仕掛けから次々と外されていく。

 地面と並行に吊り下げられた特大の丸太一本が、ゆらゆらと揺れ始める。

 マルコは、半信半疑になりながら、かたずを飲んで見守っていた。


 それは、巨大な丸太の振り子だった。


 長い丸太の側面には無数の打ち傷があり、奥になるほど側面中央が深くえぐれている。


 ポンペオがわざとらしく声を上げる。


「やることは簡単だ! ……ふぅ。この丸太を思いっきり揺らして正面から立ち向かう。そして向かってくる一撃をかわし、合わせて打ち込みをする」


 危険すぎるとおののいたマルコは、口をぱくぱく動かしながら、ソフィアを見る。

 が、彼女は目を閉じ熱心に何かのお祈りをつぶやいている。こちらを止めてくれる様子はない。


 気合の一声が聞こえたので、マルコは向き直った。

 すでに振り子の丸太をブランコのようにゆっくりと押して放し、両手をだらりと下げながら、無謀にも前に歩くポンペオがいる。


 そこから時間がゆっくり流れるように、マルコは彼の動きをつぶさに見る事ができた。


 丸太はゆっくりと奥に揺れて上がり、上方にのびる縄の先の留め金が、ぎいときしむ音をたてると今度は戻り始める。

 ゆっくりと加速し、ごおと風を切る音をたて、真っすぐに突撃してくる。


 ポンペオは、丸太が触れる寸前に足をさばいて体を横に向け、すんでのところで丸太の左手に避けた。


 かたわらをもの凄い勢いで通り過ぎる突撃をやり過ごし、丸太が小盾に触れる音がする中、背中のバネを十分にねじり、背後で逆手に持った木刀を構えた。

 と思うと踏み込んで前に進み、背中の回転を戻し、木刀を横振りに打ちつける!


 木と木が猛烈な速さでこすれ合う轟音が中庭に響いた。

 全てがほんのわずかな間の出来事だった。


 ポンペオはそのまま前転してごろんと転がると、地面に大の字になったままだ。

 そして、心底嬉しそうに笑いはじめた。


「ハハ……。 どーだー? マルコー?

 ハァー……。これが南方剣術の極意だ!」


 地面に寝て、空を見上げたまま、声はこのうえなく得意げだ。そのままマルコをけしかけた。


「……どうだ? お前もやってみるか?

 だーい丈夫! 怪我をしても数日でなおる」


 朝の話しと全然違うと思いながら、マルコは肩を落として下を向いた。

 ソフィアが小走りに亭主のもとに駆け寄っている。


 軒先のきさきの上、屋根の上にいる、何者かの影は動きはじめた。


     ◇


 重い丸太をゆっくり押しながら、マルコは自分の身に起きている事を思う。

「なぜこんな事に?」と、繰り返し考える。


 すると、ポンペオから鋭い一喝いっかつが飛んだ。


「集中!」


 そう言われても、マルコは集中して覚悟を決めることができなかった。


 丸太が揺れて上がり、上の留め金がぎいと鳴る。

 突撃してくる丸太を正面からとらえたマルコは、こすれた丸太の断面が、何かの獣の顔に見えて仕方なかった。


 恐ろしい顔が猛烈な速さで自分にせまってくる。その恐怖で完全に自分を失ったマルコは、情けない悲鳴を一声上げて、丸太の軌道から直角に転がってしまった。

 つまり、丸太から逃げた。


 辛い気持ちになりながら亭主夫婦の方を見ると、夫婦は違う方向に気を取られて顔を向けている。

 マルコも二人の視線の先を追った。


「カタキは任せて!」


 昼の太陽の逆光の中、獣のような素早い影が、軒先の屋根から飛び降りたかと思うと、一直線に振り子の丸太へ駆けてくる。

 あざややかな桃色ピンクの髪を後ろでしばり、ふさが跳ねてまぶしい桃色ピンクの光を反射する。


 手には小ぶりの木刀、柔らかそうな革鎧を着た細身の少女が、丸太の前に対峙した。


 亭主夫人ソフィアは、両手を頬に空気を裂く悲鳴をあげた。

 となりの亭主が妻の肩を抱き、けわしい顔で、いや不敵な笑みを浮かべ、少女へ一声。


「集中!」


 一度空振りした丸太は、今まさに二撃目をその少女に向けてふり下ろそうとしていた。


 少女は、素早く一度、舌舐したなめずりすると、丸太の先を凝視ぎょうしする。

 突撃が少女の身体を吹き飛ばすと思われた刹那せつな、踏み込んだ彼女はぎりぎりのところで体を半回転し、丸太の右手によける。

 しかし、やり過ごすのではなく、そのまま木刀の一撃目を打ち当てて体を一回転。

 さらに回りながら進んで二撃目を打ち込み二回転。

 少女の肌が露出した白いあしを軸に、桃色ピンクの髪の房が光りを放ちながら跳ね回る。


 その光景は優美な舞そのもので、マルコはこれは踊りを観ているのだと思った。


 だが二回転を回りきる、その時、少女の足が地面にぴたりとついて踏ん張った。

 足から上半身に順にねじれてためた力が、順手で木刀を持つ右肩を逆回転させ、その反動の力を一気に丸太に打ち込む!


 先のポンペオの一撃に引けをとらない、木と木が撃ち合う衝撃音が中庭に鳴り響く。


その勢いのまま少女は側転を決めて、ゆれる丸太から離れる。そして最後は剣先を上に向けるポーズを決め、必要のないかけ声をあげた。


「ハーーー! ……。……見た?

 今の見た、お母さん?」


「ああああああ〜! 私のシェリー! いったいなんて真似を––––」


 ソフィアが泣きながら、両手をあげて娘を抱きに歩み寄る。

 父親のポンペオは取りつくろったようにしかり声をあげるが、


「こらあ、シェリー! こんな……危険な訓練をしちゃいかん! そんな、曲芸みたいな技は、実戦に使えたものじゃあない! 最初の、あの踏み込みはとても良かったな。……とにかく! もうやっちゃ、ダメだぞ」


 ずっと顔はにやけっぱなしで、全く怒っているようにはみえない。


 それから、亭主夫婦の娘シャルロットは、マルコに向き直ると、背筋と脚を真っすぐに伸ばし、堂々と歩いて近づいてきた。


 桃色ピンクの髪が揺れ、白い肌に目力めぢからのある整った顔が見える。


 はじめ、期待に満ちた微笑みを浮かべたその表情は、近づくにつれだんだんと失望し、残念そうな表情に変わっていく。


 最後はマルコに駆け寄って、片方の手のひらを頭の上にかかげ、自分とマルコの背丈をあわてて比べる仕草をする。


「背! 背の高さ、そんな変わんない!

 それに…………。

 んもー、なあにが『異国のイケメン狩人』よ!

 あーー! また、あの魔法使いのおっさんにだまされたーーー!」


 それを聞いた母親のソフィアが、怒ったように片手をあげて駆け寄ってくる。

 ポンペオが豪快に笑いながら歩いてくる。


 にぎやかな笑い声が響き合い楽しげな空気に満ちた、歌う小熊亭の中庭で、マルコは一人、深く傷ついて落ち込んでしまった。


 だがこの時、彼の数奇すうきな運命の歯車が、やっと回りはじめていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます