5 小熊亭の中庭での訓練

 翌朝、マルコが目をさますと、アルは出かけていなかった。


 はじめマルコは、ベッドの上でまたぼんやりと不安にとらわれた。

 が、奥の扉を見ると、昨日の事を思い出すことができたので、ふうと息を吐いて、着替えて階下に降りてみることにした。


     ◇


 夕べの食堂へ階段を降りていると、亭主ポンペオとソフィアの話し声が聞こえてくる。


「……おまえ、大丈夫か?

 無理、しなくて、いいんだぞ」


「大丈夫! 今朝はとっても調子がいいの。

 …………。

 アルのお野菜を食べたおかげかしらね?」


 夫人の明るい声が聞こえた。


「……。実のところ、あいつが来ると、俺も体調がいい。すっかり肉のついた腰もこーんなに回るぞお」


 おどけて体をひねっていたポンペオが、マルコと目が合い気まずそうに挨拶する。


「……あ! ああ……おはよう」


 大笑いしていたソフィアも、笑顔をはじかせ、マルコへふり返りほがらかに挨拶した。


 マルコも「おはよう」と返し、何を話そうかと、下を向いてもじもじとした。

 すると、ポンペオが何か思い出したように手のひらでおでこをたたき、厨房ちゅうぼうの台から急いで何かを取ってきて、マルコに手渡した。


「あいつから、ほら! アルから書き置きの手紙を預かってるぞ!」


 手にした薄茶色の紙をマルコがあせって開くと、手紙は柔らかい白い光を放った。


 光がおさまると、マルコにも読める字が手紙にしたためられている。


     ◇


 マルコへ


 君を置いて出かけることになって済まない。話した通り、私はマリスを運ぶための、特別な入れ物を忘れてしまった。杖のグリーにもかぶせているものだ。あれがないと危なくて仕方がない。


 村で馬を借りることができたので、入れ物を取りに北の町へ行き、二、三日で戻ります。


 これからの旅のことを考えて、身を守る魔法の巻物スクロールもいくつか調達するよ。


 その間、ポンペオさんから剣術を学んでいるといい。話しはしてあるから大丈夫!

 君も自分で身を守るすべが必要だろう?



 世界をいろどる神々のご加護がありますように

             アル 



追伸 大事なことを忘れていた。

 剣術を学べたら、亭主の娘のシェリーと狩りに行くといい。すばしこくて、弓を使える。もしホロホロ鳥がとれれば最高だ。

 あの、チーズかけ野菜スープリゾットにお肉が加わると、ここまで無敵か、と私が言った感動を味わえるだろう。私も楽しみだ。


追伸 もっと大事なことを忘れていた。

 狩りでは、猪豚いのぶたに充分注意してほしい。非常にどう猛なので、怪我でもしたら大変だ。

 しかし、そのお肉は美味だ! とろけるようでいて味は濃く、お米にあう。もしとれたら、どうか私にも残しておいてほしい。塩漬け肉でも構わない。


 そうそう、日が沈んだら森には決して近づかないこと!


追伸 一番大事なことを、伝え忘れていた。

 実はポンペオさんとソフィアさんは去年、大切な御子息を森の事故で亡くされている。

 もしかしたら、二人の態度で妙に思うようなことがあるかもしれないが、どうか優しく接してあげてほしい。できる限りで大丈夫だから。


     ◇


 本文より追伸の方が長い手紙に、マルコはあきれた。また、アルの食べ物への執着ぶりにも感心しつつ、どうしても最後の追伸の内容が気になってしまった。

 そろそろと手紙から顔をあげると、亭主夫婦がうるんだ目でこちらを見ている。

 その二人の間から奥に、台にかけられた皮製の鎧が見えた。


 革鎧の左肩には、ざらついた光沢のある金属の肩当てが付いて、鈍く光っていた。


     ◇


「……これは、メタル・アンド・レザー。鉄と革でできた鎧だ。

 マルコ、おまえさん、剣を習いたいんだって?

 アルのやつが言うには、おまえさんは異国で狩りをしていたから、すじはいいはずだってことだ。

 ……何にしても、安全な装備が、まずは肝心だからな……」


 マルコは、いったいなにから訂正しようかと目を泳がせながら迷った。すると、となりのソフィアが、急に嗚咽おえつするように涙声を上げはじめたので、それにも驚いた。


「本当にね! ……今まで、どうしても捨てられなかったの。

 でもね……マルコ。あなたが使うのなら、あの子もきっと喜んでくれると思うのよ。

 剣をふるにも、獲物をとるにも、まずは自分が怪我しないようにね––––」


 耐えきれないように、腰をかがめてソフィアは泣きはじめた。その肩にポンペオが優しく腕をまわし、背中をさする。


 マルコは、すっかり狼狽ろうばいして声も出せず、亭主夫婦をながめながら心の中で思った。

「僕は剣にはそんなに興味なくて、異国で狩りをしていたなんて全くの嘘で、息子さんの形見の鎧をいただいて狩りに出かけるなんて、正直、なんだか気が重いです」


 だがしかし、発した言葉は違っていた。


「……ありがとう。ポンペオさん、ソフィアさん。……その鎧、試しに、着てみます。

 ……いろいろ、教えてもらえますか?」


 夫婦は涙で崩した顔をあげると、笑顔を見合わせ、感激したようにマルコを見上げた。


     ◇


 簡素な朝ご飯––––卵の燻製くんせいと野菜とご飯とキノコのスープ––––を済ませ、マルコとポンペオが、小熊亭の中庭で木刀をふっている。


「……右! すかさず左! ……そうだ。……まだ休むな! 次は突き!」


 ポンペオは、剣術の訓練になると人が変わったように厳しくはげしかった。


 マルコは、例の革鎧––––マルコには少しだけ大きく腰垂こしだれが長い––––を身に付け、左の手首には木製の小盾バックラーを付けていた。

 が、どうも慣れず、思った通りに動けない。


 それでも、亭主がかかげる小盾に木刀を打ち込むうちに、だんだんとさまになっていった。


「二人とも! 無理はしないでね!」


 亭主夫人がはらはらした様子で、組んだ指を胸にあて叫んでいる。


 亭主はやがて、活きいきと不敵な笑みを浮かべ、軽やかな足さばきで身体を自在に動かす。木刀と小盾をたくみにあやつりはじめる。


 マルコは歯をくいしばって、太っているのに機敏な亭主の動きに食らいつく。


 二人の木刀がしだいにリズムよく交差し、やがて木と木がぶつかり合う甲高い音を間断かんだんなくたてていった。


     ◇


 歌う小熊亭の中庭に、組み上げられた丸太の仕掛けがある。ポンペオは、その柱に背中を預けて、地べたに座り込んでいた。


「はああーー……! はあーー……。

 ふううううう〜!」


 不安げに眉をひそめたソフィアと、頬から汗を垂らしているマルコが、そろって心配そうにポンペオを見下ろしている。


「あなた、今日はもう、終わりにしたら?」


「そうだよ、ポンペオさん。大丈夫? 僕が慣れてなくて無理させちゃってゴメン––––」


 すかさずポンペオが片手を上げてさえぎる。


「まあ! 待て……。ひと息ついたら……。はああー……。大丈……ぶ、だから……。……おえっ! こいつを……。

 ふうう〜〜! 今日のしめにしよう……」


 マルコとソフィアは、困ったように顔を見合わせ、二人とも何か言おうと口を開けると、またもポンペオが片手をあげて続ける。


「……しばらくしたら! はあ……。動けるから。それまで……、マルコにこの、……南方剣術の、講義だ。ヒー……。


 ……そもそも、この剣術は、山脈の南にやってきた、狂戦士バーサーカーたちがみ出したもので……」



 それからポンペオは、息も絶えだえにマルコに剣術の由来を語り出した。


 昔、雪壁の山脈と呼ばれる地域を根城にしていた狂戦士バーサーカーの一族は、斧と剣の二刀流で、盾はこのまなかった。

 しかし、力のない者や狩りをする時のために、小盾を手首に付け、いざとなれば武器を両手持ちにできる装備にしたという。


 その特徴は、盾の受けを最小限にとどめ、敵の一撃を可能な限りよけ、その反動を次の攻撃にいかすことだった。


 話しは長かったが、マルコは、踏み込みや足のつま先での回転、重心移動のやり方について興味深く聞いた。

 ポンペオの「相手の最初の一手をよければ、大抵なんとかなる」という言葉が胸に響いた。


 話しがひと段落すると、ポンペオは立ち上がって、やぐらのような丸太の仕掛けにしばってあった縄をほどき、たぐりはじめた。


「いいか? ふう。一回しかできそうにないから、目え開いて……、よおく見やがれ!」


 なんだか言葉づかいも荒々しくなったと思いつつ、マルコはその場から離れて、何が始まるのか見てみることにした。


 ソフィアは、遠く離れた軒下のきしたまで避難し、またも両手を組み合わせて祈るような仕草をしていた。


 日は中天に昇って、軒先の屋根をまぶしく照らしていた。

 そこには、何者かの影があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます