1 山の上のアルの小屋

 窓から差し込む朝の光を反射して、部屋の空気がきらめいている。


 マルコは、見知らぬベッドに腰かけ、ぼんやりとした頭で、それをながめていた。

 正面には、木製の机。その上の棚に空のガラス瓶が大小いくつもある。

 その左には本棚。すり切れた背表紙が何段も並んでいる隙間すきまに、ほこりだらけの巻物が何本も押し込まれている。


「ここはどこだろう?」彼は思い出せなかった。


 すると左手の戸が開き、長い杖を手に、薄灰色にあせた法衣ローブをまとった、長身の青年がのぞき込んだ。


 橙色オレンジに近いその短髪は、外からの日の光でかがやいている。

 その頭上にある杖の先には、丸い形の袋がかぶさっていた。袋の色は暗く、不思議にそこだけが無の空間のようだ。


 マルコは、その袋から目を離せずにいた。

 見つめていると、その小空間だけ、夜空をながめているように視線が吸い込まれる気がした。


 マルコと目が合った青年は、好奇心に満ちた目を丸くする。喜びをかくせないように口に手をあて微笑ほほえみながら、よく通る声をかけた。


「調子はどう? そろそろ体を起こせそうかな」


 青年に話しかけられると、マルコは自然と言葉が出てくる自分に驚きながら答えた。


「そろそろ動かせそうです、アルフォンス……さん」


「アルでいいよ、マルコ。……それじゃ、出かける用意をするから、外に出て手伝ってもらえるかな?」


「その……、どこに行くの? なんで出かけるんだっけ?」


「あ。ああー……。また……記憶をなくしたんだね」


 マルコは少しはずかしそうに頭をかいた。

 アルと名乗る青年は、大げさに顔を上げ手で目をおおった。だが、指の隙間すきまからマルコを見ると、口もとはゆるんだ。


     ◇


 小屋は、山脈につらなる大きな山に建っていた。正面を見下ろせば、つぼみがふくらんだ木々を越えて、森のむこうには、広大な平野がのぞめる。


 ふり返って後ろには、雪をかぶった真っ白な山のいただきが、青空をいて遠くまでそびえている。

 マルコは白い息を吐きながら、新鮮な空気と雄大な景色に心がはずんだ。


 アルは、小屋の前にある小さな畑からいそいそと野菜を収穫し、となり合う小ぶりな井戸と、そしてびた荷車の間を行ったりきたりしていた。

 荷車は金属製の二輪車に引き手がついて、車軸に槍先のようなとげがある。古代の戦車のように見えた。


 その車に、収穫したキャベツや人参、玉ねぎなどの野菜を積み込みながら、アルはだらだらと話し続けていた。


「……まあ、そんなわけで、さ! 私は君をこの地に導いたんだけど……、ここ数日は魂と肉体の定着のために君と対話を繰り返していて、大変だったんだよー?


 ……なんで呼んだのか、……なぜ君なのか、……これからどうしたいのか、何度も同じ話しをしたんだけども、ね!」


 と、両手いっぱいのキャベツを荷車に積んだところでアルは手を止め、真面目な顔でマルコの方を向いて、あわてて手をふった。


「や! もちろん君のせいではなくて、これはもちろん召喚術をつむいだ私の責任だ。そもそも––––」


 マルコはのどがかわいたので、話しを聞き流して歩くと、井戸端いどばたのひしゃくで水をすくって一口飲んだ。

 冷たい水が、のどから腹へと滑るように流れるのが分かり震えがくる。だが、身体がしんと洗われるようにみ渡り、今まで飲んだこともない味だ。


「ぷはーっ! うまい!」


 マルコは、ひしゃくの残りを一気に飲んで、さらにすくう。

 アルは手を伸ばして、思わず声をあげた。


「あ、あー! そんなに急に冷たい水をたくさん飲むと、お腹……痛くなるよ。

 ……とりあえず、召喚した理由、君にお願いしたい事は、端村はしむらに着いてから、ね? また話すよ」


 上衣チュニックそでで口をぬぐいながらマルコは尋ねた。


「はしむら? 今から、そこに行くの?」


「そう。ここから半日ばかり、ふもとに降りていく。……ほら、ちょうどここから見える、あの屋根がいくつもあるとこだよ」


 アルが指差す方に目をこらすと、森のとなり、小さな広場の周りに点になった屋根が見える。100世帯はなさそうな小さな村のようだ。

 それぞれの屋根は、昔は色とりどりのあざややかな色だったのかもしれない。しかし今は、全体が灰色がかってくすんでみえる。


 マルコは、自分の事も思い出せないまま、多くの見知らぬ人たちと会うのが、だんだん面倒になってきて、肩を落とした。


 そんな様子には気づかず、アルは続ける。


「世界をいろどる神の教えかなわず、さびれてく一方の村だけどね……。

 昔から、王都から遠く離れたはしっこにあるから、端村はしむら


「どうしても、すぐ行くの?」


 マルコの問いかけに、アルはうなだれるように下を向いて答えた。


「そう……ここにはもうご飯がないんだよ」


「……仕方ないか」とマルコは思った。


 だがしかし、命の危険にさらされるとは、この時は夢にも思っていなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます