プロローグ

 暗闇の中、光るしずくが落ちて青い水面みなもに波紋を広げるように、かすかに呼びかける声が届いて、意識はさめた。


 上には、ぼんやりとした明かりが見える。声は、そこから聞こえるようだった。


「……は…………きこ…………か?」


 呼びかけられた人は、声を聞き取ろうと、その光を見つめた。すると、それはうずの形になって、外側へとすじが広がっていく。


 光の筋は、一つ一つが黄金色こがねいろかがやく異国の文字で、列をなしている。


 しだいに、音楽も聞こえてきた。いや、正しくは、男の声を幾重いくえにも重ねた詠唱だ。

 低い声、高い声、ある声は力強くゆったりと、ある声はささやくように急ぐように。

 その多重奏に合わせて、光のうずは少しずつ広がり、やがて視界を白く染めあげていく。


 音と光は、意識の中にゆっくりと深く浸透する。その人は、まるで身体が暗く暖かい湖に沈んでいくように感じた。


 再び声が問いかけてくる。


「……こんどは……きこえ……ますか?」


 夢からさめて、まどろむ頭から初めて言葉を発するように、その人は答えた。


「……ふぁ……はい」


 呼び声は、ほうと一息つくと明るく話す。


「よかった! ……わたしは、……るばてっら王りつあかでみー……たん究者、あるふぉんす・きりングともうします。

 ……あなたのお名前は?」


 呼びかけられた人は、おずおずと答える。


「……マ……キ」


「まき?」


「………………。マキ……オ」


 光の向こう側から楽しげな笑い声が響く。息づかいまで近づいてくる。


「マキ・オ? なんだか古代エルフの字名あざなのようだね。とても高貴で、素敵な名前だけど……この辺りでは目立ち過ぎる。

 ……不本意かもしれないが、こちらへ来てもらったら、平凡な名前がいいよ。

 …………。

 マルコでどう? 大河からこっち、南では、とてもよくある名前なんだ」


 呼びかける声は急に饒舌じょうぜつになり、なんだかやけにれしい。


 マルコと名付けられた人は、ようやく意識がはっきりしてきていた。

「夢を見ているんだろうか?」と思う。


 詠唱の音楽は続き、大きなこだまが空気に充満している。


 その人は疑問が一気に胸に湧き上がった。


「マルコ? 名前を変える? いいですよ。

 ……いままで良い事もなかったし……。

 でも、あなたは誰? これは夢––––」


 その瞬間、全ての音が止んだ。


 男は、今度はどこまでもよく通る声で太陽のように朗々ろうろうと、いかづちのように激しく、大音声を唱えた。


「我、神の善意なりしロムレスのグリーを用いる者!

 アルバテッラの人ならぬ異邦の人の承認を得たり!

 第三の神の力を借りて、此の人を我が元へ召喚するものなり!」




 そうして、全てが真白になった––––。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます