あの時の君と

作者 ひろきち

112

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「僕は彼女が嫌いなはずだ」の大和・春姫を助けた時、幸せだった有坂くん山下さんのアフター。有坂くんは鶴間大和くんにとって大親友・大恩人なのかと。そんな有坂くんを形成するうえで、お付き合いしていた山下さんの有坂くんへの影響は良い意味で大きかったのでは。
どれだけ仲良しでもケンカもする。浮気はケンカというより即別れにつながる。それはわかる。17・18歳くらいの過ちがどれだけのものか?その後の約5年程かけてどう償われてきたのか?短いストーリーでも私には良く伝わったから、ハッピーエンドで良かったと思えました。ちなみに私の嫁は無理だそうです。人それぞれですね。
私にとっての大学時代の恋愛・失恋の連続という今となっては良い思い出の期間、この二人は失恋・悔恨に費やしていたかと思う、もうええやん、って思います。

後、別作品ですが、有坂くん・山下さんを引き合わせた大室小春ちゃん、幸せになってね。

Good!

この主人公、ヘタレで女からしたらチョロいな。えらくアッサリ元鞘にしとるわ。現実じゃあり得んわな。どちらにしろ「物語」だから存在しているだけで。正直ムカつくこの若菜ってオンナ。ただ、ストーリーがしっかりしてるから三部作ではなく、もうちょっと長編でまとめてくれたら人間描写にも厚みが出て若菜って言うクズも違う表現が出来たように思う。実に勿体ない。むりやり前・中・後編に押し込んだからただただクズの浮気カップルとしか印象が残らなかった様に思う。