昼と夜とを映す空

夕暮れごろから

空の様子は刻一刻と変わる

緑、桃色、むらさき、赤

くるりと回る星

万華鏡のよう


昼間は目立たない町明かりが

煌めきだす

静かな青の中の輝き


やがて空にも

ぽつりぽつりと

明かりが灯る


現れたのはオリオン座

止まっているように見えるけれど

星はいつでも舞っている


あの光は

彼方にある昼の輝き


こちらは夜

人の力では回せない

万華鏡の影の中で

遠い昼に思いを馳せる


あちらの昼は

何年前のものだろう

誰を照らしているのだろう


数えきれないほどの昼が

夜の力で現れる

私が知っている昼は一つ

夜は私の知らない昼を映し出す


地球の裏側の昼は

今 誰を照らしているだろう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

良くも悪くも、星の回転は止まらない 月澄狸 @mamimujina

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画