まどろみの、浜辺にて。

作者 緑茶

36

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

夢という現象の持つロマンを感じる作品でした。

夢は脳の機能がもたらす現象だということを聞いたことがあります。
しかし、本当にそれだけなのだろうかと疑ってしまいます。夢には僕らの知らない未知の力が隠されているのではないかと思ってしまいます。
それは、きっとこの作品のような未来であっても同じなのではないかと思いました。

★★★ Excellent!!!

金色の海辺の第一印象が美しく洒落ていて切なく、次にくる灰色の現実に打ちのめされました。語り口もこなれて格好良く、粗暴さもありながら教養を感じさせる。横たわる灰色の現実に対して、黄金色の美しく物悲しい夢はそれはそれは鮮やかに立ち現れる。

電子の夢に溶けるように、私もどこかへ迷い込みそうでした。