第2話 どちらかと言えば生臭いような

 処理が追い付かないが一個一個整理していく。


 布団の中には美羽花みうかが居たはずなのだが、そこに美羽花の形を成したものは存在していない。

 代わりに緑と黒を混ぜたどろどろの物体——海苔のり佃煮つくだにのようなものが、横たわっているという表現で良いのか分からないがそこに在った。掛布団と敷布団の間には白く泡立った糸が引いている。ちょうど納豆の糸のように思えた。しかし漂ってくる香りは、焼き上げられなかったシーフードグラタンのそれだった。香ばしさは無い。どちらかと言えば生臭いような。そこにチーズの発酵臭も加わっている。


 百歩譲って食品であったとしても美羽花ではない。はずだ。


 僕は混乱しているのにどういうわけか落ち着いていて、まず玄関に向かうことにした。

 そこには美羽花の靴が置いてあった。夏物にも目を通したが、すべて置いてある。次に美羽花のカバンを物色する。鍵があった。

 つまり、美羽花は外に出ていない。帰って来たときに確かに解錠をした記憶がある。外に鍵も持たずに裸足で出たとしても、ドアに鍵が掛かっていることの説明がつかない。


 携帯電話は。

 寝室に戻って美羽花の布団の周りを見ると、枕のすぐそばに置いてあった。

 僕は何となく自分の携帯にメールが届いてないかを確認した。彼女からのメールが来ていた。


『バカ』


 そう一言書かれていた。

 彼女の悪い癖だ。何はともあれ僕のせいにするのは。

 しかしながらこれですべてが腑に落ちた。

 これは美羽花だ。

 ネバっぽい糸を引く、生焼けのシーフードグラタンの匂いを発する海苔の佃煮。

 彼女は不貞腐ふてくされた。不貞腐れた成れの果てに、こうなった。


 僕はキッチンの椅子に座って、目の前に雑然と置かれたコンビニ袋を手に取った。プリンとお菓子が入っている。でもなんでかそれを食べる気にはなれなかった。彼女はもう海苔の佃煮だが、これは彼女のために買ってきたものなのだから、食べてはいけないような気がした。もしも彼女が海苔の佃煮から人間に戻ったら、その時に渡そう。だから冷蔵庫に入れよう。消費期限は大丈夫だろうか。


 ぼんやりとミュシャに行けなかったなと思って、なんだかんだで自分も楽しみにしていたのだと気付いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます