第3話 暗闇の中でなら彼女に届きそう

 朝起きても彼女は海苔のり佃煮つくだにのままだった。食べなくて大丈夫だろうか。いや、彼女をではない。彼女が、だ。


 朝御飯はだいたい僕が準備をしている。と言っても、インスタントコーヒーとトーストを用意するだけだけれども。

 なんとなく彼女の分も用意して、「いってきます」と布団に向かって言って家を出た。


 会社でいつも通り仕事をして帰ってきても、部屋の中はなにも変わってはいなかった。


 温かかったコーヒーは冷め切り、マーガリンを塗っておいたトーストはバサバサに乾燥していた。


 僕はシャワーを浴びてから、テーブルの上の冷えたコーヒーをすすり、トーストを夕食にすることにした。


「ただいま」


 返事が返ってくるわけもない。


「今日さ……特になんも無かったわ。いつも通りだった」


 美羽花みうかが海苔の佃煮になってしまってから、部屋はとても静かだ。彼女はテレビっ子だったので、見もしないテレビがずっと付いていた。なんで見ないのにつけておくのかを聞いたら、無音が怖いのだと言った。そのとき僕は意味が分からなくて、ふーんと適当に返事したのだけれども、今ならその怖さというのが解るような気がする。

 僕は何年かぶりにテレビのリモコンを握って、電源を付けた。

 テレビは、確かに言われてみれば安心をもたらすものだった。誰かの声が聞こえているというのは、悪いことじゃあないんだなと思った。


 いよいよやることが無くなって時計の針を見るとまだ22時を回っていなかった。彼女が海苔の佃煮になると、こんなにも速度は緩慢になるものなのか。


 仕方がないので寝ることにした。リモコンで電気を消すと、ふわりと闇が落ちた。


 自身の布団の中から美羽花の方に手を伸ばして、布団の中に指を侵入させると、でゅるっという感触が指に伝わった。

 彼女は性交渉をするとき、必ず電気を消したがった。恥ずかしいからと言っていた。暗闇の中でなら彼女に届きそうな気がしたけれど、それは思い違いだった。


 手に付着した海苔の佃煮を鼻に近づけると、やはり焼けていないシーフードグラタンの匂いがした。ティッシュで拭いたが、匂いは取れなかった。手を洗おうか迷ったが、起き上がるのが億劫で、迷っているうちにそのまま眠ってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます