俺の手を見ろ! 注※それは足です

作者 やまくる実

132

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

猫になってしまった主人公とその周囲の人々が織り成す、ほのぼの&ときどきちょっと甘酸っぱい日常系ストーリー……だと思いきや! い、いや、ここから先はネタバレになってしまうので言えませんっ! 様々なキャラクターの視点が交錯するストーリーはとっつき辛そうにみえるがそんなことはなく、しっかりと読み易く纏まっています。

猫好きはとりあえず読んでおいて損は無し。序盤に散りばめられた謎が終盤で回収されていく、そんな展開がお好きな方にもお薦め!

★★★ Excellent!!!

主人公の辰也は気づくと幸太郎という男性に飼われる家ネコ、ホロの姿になっていました。
人間(辰也)の記憶は前世の記憶で、自分はネコに転生したのかも?と考え出すホロ。
ホロはネコとして生活しながら、自分の身に何が起きたのかを知っていくことになります。

一人称の小説ですが、同じ出来事を登場人物それぞれの視点で語られる方式が取られているのが興味深かったです。
この人から見るとこの場面はこんな風に見えてるんだなーなど、同じ場面でも見え方が違っていて面白かったです。
誰の視点かをタイトルに明示してあるのも分かりやすくて、迷わずに済み、読む人に親切だなと思いました。

ホロが何故辰也の記憶を持ったまま、ネコとして生きることになったのか……その理由を考えながら読み進めるとより楽しく読めると思います☆

★★★ Excellent!!!

人間の男性が、気がつくと猫になっていた!?
しかも真っ白子猫ですよ。この時点で読者メロメロです。

新しい人生、もとい猫生では若い男性に飼われていて、そこには気のいい飼い犬がいたり、飼い主に片想いな女子高生とその飼い猫が現れたり、さらに人間だった時の彼女が登場…と、賑やかイベント盛りだくさん!
猫と犬と人間、それぞれの事情に恋愛要素が絡み合い、さらに猫になった理由のふかーい真相まで。
息つく暇もなく、事件、また事件!

…なんだけど、基本的にはほのぼの動物物語だと思って読んでます。
とっても癒されますよ♡

★★★ Excellent!!!

猫に生まれ変わった主人公。
これは現実なのか夢なのか?

日常と非日常が交差する不思議な世界。

可愛いキャラ達に、ほっこり癒されたり、ホロリと切なくなったり。

作者様の優しい人柄と癒しの世界観。
可愛いほのぼのファンタジー。


(第36話 まずいんだろう(幸太郎視点)拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

のんびりとした日常の中に、見え隠れする非日常の影。その正体は漠然としていて掴みにくい物だった。

これは夢か現実か。

その狭間に漂いながら楽しいキャラクター達と送る日々は、クスッと笑えて、だけど少し切なくて……
儚い文章の中にも家族とは何か、愛とはどんなものかを教えてくれる物語。

こんな優しい物語、文章を書けるのは作者様の心も澄んでいるからだと、思いながら楽しんでいます。一度読んだらあなたもこの心地よさの虜になるはず!おすすめです!