人をのむ呪い

作者 安室 作(あむろ さく)

第46話 エンド ロール②」への応援コメント

このエピソードを読む

  • エンドロールになって松木さんの存在感を改めて認識しました!

    あと何回かの公演でお別れ———

    自分のことみたいに寂しい気持ちになります。

    松木さんへの想い。
    引き止めて欲しい気持ち。

    『あの輝きに魂を焼かれたのさ』
    このセリフ凄くカッコいいです!

    こんなセリフ言える人、似合う人、そうそういないです。

    松木さんと繋がっていたい———
    それはきっと松木さんの方も同じ気持ちでいるんだと思いました!

    それがわかったら、本当には寂しくならないのかもしれない、と思ったりしました。

    15歳という多感な時に出会った友達や人はこれからの人生にすごく大切になって行くと思います!

    ひなにエールを送りたいです!

    続きを楽しみにしています!

    作者からの返信


    コメントありがとうございます!

    松木さんはほんと、いい男だと思います。
    変態部分が抜けても本質的なところは変わっていません。
    自分が執筆するときも、松木さんを二枚目や三枚目に書くところはテンション上がってます!

    ひなへのエールも受け取りました!
    彼女の背中を押す力のひとつに、きっとなっていると思います!

    この作品も残すところ、あと一話となりました。
    あした最終話と、いまさらな人物表と設定を投稿するのみです。

    JINプロのキャラクター、それぞれのがんばり物語もおしまいとなります。


    作品を読んでくださり、嬉しくて……感謝しか言えないです。

    2020年1月20日 22:59 編集済