人をのむ呪い

作者 安室 作(あむろ さく)

第44話 別れを告げる夢」への応援コメント

このエピソードを読む

  • コメント失礼します。

    ハッとした箇所が出てきます!
    は、『ごめんね……死んじゃって』ですね。
    確かに似た言い回しですね。
    でも、それって、だいぶ前の『明けそめるとき』のコメントでもおっしゃってましたよね。
    そんな前から執筆してるんですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    この作品は書ききっているので、毎日投稿してます。
    段落の見直し、ルビを振るかどうかの推敲も欠かさずって感じですが(*'ω'*)

    『明けそめるとき』を読んだとき、同じセリフ回しだすごい! って思い、
    コメントで感想とともにお伝えしました。

    死んだ人が大切な誰かに伝える言葉はいくつかあると思いますが、
    その中でも志半ばや突発的な死など「思い残し」があるとき、
    大切な人にどうしても伝えたい言葉の一つなんだと思います。

    里沙さんよりいろいろと幼い15歳だったので、その分未練やずっと一緒にいたい! って気持ちが整理しきれてない感じが他のセリフからも出てます。

    2020年1月18日 22:37 編集済