燐姫

作者 真花

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

はたして、純文学とは何でしょう。
この御作品に於いては「文体に純粋な熱情が乗っていて、その熱が読み手に伝播する」に尽きます。
音楽をテーマに疾駆する若者の想いには、表現者の魂が乗っているのです。限りなく純粋で熱いエンパシー。ライヴハウスの暗闇に走る照明は希望。
歌わずにはいられない=書かずにはいられない!
自分の中に眠るであろう表現に対する熱い想いを、共に確かめてみませんか?

★★★ Excellent!!!

 有り余るパッションを持つ凛。そのエネルギーの向かう先はヴォーカルだった。飛び入りコンテストで認められ出会った仲間と歌姫を目指す。
 その努力の疾走、走りっぷりは見事で、読み手に幸せの灯をもたらす。
 凛の力は人間の力、読み手の忘れかけていた情熱を取り戻す。
 続きが待ち遠しい。是非読んでほしい作品です。