最終回

 そして、亜美の家の部屋に自分は居る。

 なぜか外に出ようとしても亜美に止められる。

 ナイフをちらつかせる亜美。


「アナタは、これからずっと私のモノよ?」

 亜美はそう言った。


 なんだと?

 ん?

 つまりは、自分はこの部屋でニートしほうだい?


 やっふー!

 自分の人生に春が来た~☆


終わり

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

やさしいヤンデレっ娘は好きですか? 野口マッハ剛 @nogutigo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画