ゾンビスーツ・よしお

作者 おてて

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現在6話を読み終わりました。
めちゃくちゃ笑わせて頂きました。

※少しネタバレご注意下さい
----------------------------------------------------------------------------










園児ゾンビ保母ゾンビと来てお誕生日ゾンビには思わず声が出ました。
勢いがいい。無言でピアノを囲むゾンビの絵は主人公にとってシリアスなんですがとてつもなくコメディに溢れている。ギャグとシリアスは紙一重みたいなことを聞いたことがありますが、そんな空気が漂っています。笑いを書ける人は本当に少ないので貴重です。

ありがとうございます。
楽しませて頂きました。

★★★ Excellent!!!


素晴らしい!
まず、その発想力が素晴らしいです。
それがあれば超無敵なのでは!?と。

まず、ゾンビスーツを制作するところから物語が始まります。
これが衝撃的で、かなり大変な作業でございます。

着心地はいったいどんなのでしょうか?
冷たいかしら?
臭うかしら?
サイズはジャストなら良いけど……

いろんな不安がありますが、主人公は見事にそのスーツを作り出します。
マグロの解体よりも鮮やかに。
そして、仕立屋の如く素晴らしい手際の良さに脱帽です。
でも、私なら絶対に作るの無理かも、です。

でも、極限の恐怖を経験してしまえば……

主人公は生き延びられるのか?
今後が楽しみです!