幕間

──倫太郎、おまえの名は、あなたのお父上から頂きました。

 父がどこにいるのか、母に訊ねたことはない。

──ひとのみちに違わずに生きよと、お父上はあなたに伝えたかったのです。

──ひとのみち、とはどのような道でしょうか。

 母は、沁み入るような笑みを浮かべた。

──それは、あなたが見つけていくことです。あなたが何を選ぼうと、何を為そうと、いつでも、どこでもあなたを信じています。

 だから、名の意味を決して忘れるな、と。



「倫太郎、そこにいたのか」

 真慧しんねは銀杏の大木の下に座る、二木ふたき倫太郎を見つけた。

 富岡八幡宮本殿裏のご神木である。長屋を出て馬場通りから永代寺へ入り、普段はひと気の少ない八幡宮をよく訪れているようだった。

「食うか」

 差し出されたものに倫太郎は破顔した。向島の桜餅である。

「吉原帰りか」

「まあ、そんなとこだ」

 一応、真慧は法体である。

 ふたりで桜餅を頬ばりながら、

「で、なにがあったんだ」

 と、水筒を差し出した。

 倫太郎は、ちらりと真慧を見遣り、一口喉を潤してから答えた。

音哉おとや

音哉あいつか」

 ため息をつき、倫太郎の横に腰を下ろす。それ以上は訊かない。

「どうしたものかな」

「なるようにしかならねえだろう」

 あっけらかんと言い放つ真慧に、倫太郎は声を立てて笑った。

「確かに」

「だろ。とりあえず、食え」

 真慧は名物が詰まった経木の包みを手渡し、その場にごろりと横になった。目を閉じると、八幡宮の境内で遊ぶ子供たちの声が聞こえてくる。

 幼い頃は、早く成人したかった。成人した今は。

(面倒くせえなあ)

 確かに交わっていた道がほどけていた。それぞれが選んだ道ではあるが、かつてのようにひとつに馴染むことは、もうないのだろう。

(ああ、面倒くせえ)

 真慧は暫し、昔の夢に微睡むことにした。


 

「お奉行、そういえば先般の一件、その後どのような仕儀になったのでございましょう」

 南町奉行所である。

 町奉行である大岡忠相と対しているのは、内与力の小原小十郎だ。もともとは大岡家の家人だった男で、忠相の信頼が特に篤い。

 大岡は、目を通していた書状を置いた。

「与力、同心らに尋ねられることがございましてな。どうも、私ならば知っているのではと、買いかぶられているようでございます。どのように答えておけばよろしいか」

 のんびりした口調ではあるが、不満、疑問を和らげるためにも、見解を教えてほしい、ということらしい。

 奉行所でも、〈白〉絡みの探索は打ち切られていた。表立っては言わないものの、疑義を示す者がいても不思議ではない。

「直参の不行跡は世に示しがつかぬと、そう上様は思し召しておられる」

「左様でございますな。天下の将軍家の御直参でございます」

「茶化すか、小十郎」

「つまり、なかったことに、でございますか」

「そうではない。不行跡を起こした者は、確かに罰せられた。上様の目が黒いうちは、二度とまつりごとに関わることはあるまい。それゆえ世を騒がす賊〈白〉も、おらぬこととなる。そうなると、町奉行所としてこれ以上かかわることは難しい」

「御支配違いとはいえ、甘うございますな。四代様と比べて、それで民が納得するでしょうか」

 難しいことはわかっていた。しかし、今の世で、できることと、できないことがある。

 それよりも、と大岡は話題を変える。

「町廻りの堤から、深川門前町の長屋に目を配りたいとの申し出があり、許した。隠密廻りの手を借りることがあるやもしれん」

 堤清吾は型破りな面もあるが、総じて腕利きの同心だ。大岡から直々に命じられ、動くこともあった。

 小原は品川の名主屋敷で会った面々を思い返し、頷いた。

「承知いたしました。なにかありましたら、この小原へ申し出るよう、堤にひとこと言っておきましょう」

「よろしく頼む」

「承知仕りました」

 辞しかけて、小原は座り直す。

「そういえば、求馬様。これはまだお話しておりませんでした。実は一昨日、夜釣に参りましてな」

 いつものように、釣自慢を語り始めた。





(第二章へ続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます