6話 そして花見の宴


 翌日は、まさに引越し日和であった。


 二木倫太郎とその侍者里哉は、良徳和尚を伴って、寺から三町先の六軒長屋へ引っ越した。


 特に荷物はない。道中の荷は、すでに福籠屋ふくろうやのおふくが運んでくれた。


 代わりに良徳から持たされたのは、米と味噌だ。倫太郎はそれを背負ってのんびり歩いていた。自分が運ぶといった里哉へ、

「お里は、書を運びなさい」

 先に立った倫太郎に、里哉は良徳にもらった書物を抱え、必死について行った。

「ああ、里哉どの。あれがおすすめの米屋でしてな、その向こうの青物屋はいい品を揃えておる。なによりも夫婦そろって働き者だ」

 道すがら、良徳は暮らしの活計たつきに必要な店を、一つづつ示していく。里哉は必死に覚えようと、何度も復唱していった。


 やがて通りを一本入り、昨日の路地をたどっていくと、木戸の向こうに佐々凛が立っていた。今日はきちんとした身なりに、白い筒袖の羽織のようなものを羽織っている。


「おまえ……、倫太郎か?!」


 女医者は叫ぶなり、裾を蹴散らして駆け寄った。二十歳を過ぎた女性にょしょうというよりも、幼童のようであった。


「本当に、倫太郎か? こんなにデカくなって、おまえ、ほんとに、本当に、倫太郎か?」


 確かめるように、身体の前後をペタペタ触る。

「お凛。変わらないねぇ」

 のんびりとした当人の口調に、きっと上向いて睨みつける。

「おまえもだ。そのトロいところは相変わらずだな。あ、あの時、どんなに心配したか……っ」


 あとは言葉にならない。泣いているのか、笑っているのか、怒っているのか。顔中をドロドロにして、その顔を倫太郎の胸元に擦り付けた。


 木戸の先には、小川陽堂が待ち構えていた。

「二木倫太郎殿ですな。大家の小川陽堂です。わからぬこと、困ったことがあれば、何でも言ってくだされ」


「倫太郎様、こちらです!」

 里哉が手招いた室は、北側の真ん中だ。二階で二間に狭い土間と賄いの流しがついている。真新しい畳のよい匂いがした。


 目を引いたのは、開け放たれた障子の向こう、畑の真ん中にある満開の桜である。

 一幅の画のように、今を盛りに花弁を散らしている。

「花六軒の謂れが、あの桜でしてな」

 倫太郎と里哉は荷物を置き、良徳と並んで一尺ほどの濡れ縁に立った。

「見事ですなあ、御坊」

 畑はまだ白茶けているが、直に青々と茂りそうだ。


「おーーーーーい」


 その桜の下で、ひらひらと手を振る人影があった。

 真慧しんねである。

 桜の下に緋毛氈ひもうせんを敷き、なにやら並べている。花見の支度らしい。


「真慧どのは、昨夜から忙しく支度をしておられたようですぞ」

 陽堂が言うのは、料理のことだろう。


「凛センセ、昼飯だ!」

 それを合図に、良徳和尚や小川容堂だけではなく、おふくや他の住人たちが、わらわらと湧くように姿を現した。


「行くよ、チビ」

「チ、チビっ!?」

 里哉は金魚のようにパクパクと口を動かしながら、あわてて凛の後を追った。


「牛若」

 歩み寄った倫太郎に真慧は腕を組み、じろりと睨みあげた。背は、倫太郎の方がわずかに高い。

「久しぶりだな」

「おまえにまで迷惑をかけるはずではなかった」

「わかっている」

「しばらく、やっかいになる」

「そうか」

 真慧は笑んだ。遠目にもわかる、滲み入るような笑みだった。


 春の日差しの中、舞い散る桜の元で、倫太郎が皆と笑い合っている。

 その光景は終生、里哉のこころに残ることとなる。




(続く)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます