5話 引越し騒動


「ここが、倫太郎殿の新しい住居になる」

 ええっ?!と、表情を凍らせたのは里哉である。


 引越しは明日。その前に敵情視察とばかりに先見を申し出たのだ。

「良徳様、でございますか!?」

「左様。どうしたのだ、里哉どの」


 長屋である。

 通りを入っていくつか角を折れ、次第に道が細くなっていった。

 横道もなく、町家と町家の間もみっしりして、いかにも風通しが悪そうだ。


 やがて、しっかり組んだ木戸の向こうに溝板どぶいた、潜ると左手に井戸。右手にかわや。奥の突き当たりは黒板塀。そちらにも井戸と厠があるようだった。

 両側には六軒ずつの障子戸が並んでいる。手入れはよいようで、破れや雨染みもない。

 軒の先には溝を取り、砂利をいれて雨垂れを抑えていた。

 とは言っても、やはり、である。

 せめて、おそらく、最低、新居は戸建の町屋と予想していた。


「厠は二つあっての。奥の厠の脇を抜けると、菜っ葉畑に出る。もうすぐ青々となって気持ちがよいものぞ。今は桜がちょうど見頃。六軒長屋の桜といえば、この界隈随一での」


 と、北側の、手前より三つ目の戸が開いた。出てきたのは総髪の大男である。裁着袴たっつけばかまに十徳羽織の軽装だった。

 人のよさそうな面立ちで、両手を開かんばかりに笑みこぼれていた。


「おお、御坊。お待ちしておりました。隣人となるのはこのお方か?」

 小川陽堂は、里哉に向かって満面の笑みを浮かべた。


「篠井里哉と申します。今日は若、わ、り、り……」


 陽堂が首を傾げる。里哉は真っ赤になる。


「わ、私のあるじの倫太郎様の露払いで参りました」

「ええっ、倫太郎、まだ来てないのぉ?」


 背後から、いきなり若い女の声がした。

 ぎょっとして振り返ると、二十歳を少し出た女が、半裸に近い寝乱れた姿のまま、ボリボリと頭を掻きながら近づいてきた。

 ちょうど厠から出てきたようだ。


「あいつ、どこかトロいからな」

 そのままスタスタと南側の一番奥の戸へ消えていった。


「お凛どのは、医者でな。この辺りでは聞こえた名医」


 里哉が驚いたのは、若い、半裸の女が、厠から、出てきたこと、ではなく、

「倫太郎様のこと」

「よく知ってるよ」


 知らぬ間に背後に立つ気配に、さすがの里哉も身構えて振り返った。


 僧衣である。髪は短く刈り込んでおり、かといって剃髪ではない。まだ若く、おのれの主人と年は近いようだ。


(まるで仏様のような……)

 切れ長の一重で、にっと艶冶に微笑みかけてきた。が、なにか物騒な印象がある。


「あ、あなた様は……?」

 里哉はあくまでも丁寧だ。これから住う場所で、先達たちに失礼があってはいけない。目上には敬意を持って──とは、里哉の父の鉄則である。


「そいつはー! 牛若丸ー!」

 大きな目の女が、奥から顔を出して叫んだ。

「うるさい! その名で呼ぶなっ!」

 怒鳴り返してから、


「あのセンセは、佐々凛だよ。俺は真慧しんね。倫太郎サマとは知り合いだから、そんなに肩に力を入れない」

 小柄な里哉の肩を揉む仕草をしてから、

「なにか作るけど、食べてくかい?」

「え? 真慧さん、賄いするの?」

 南側の二番目の戸から知った声がした。


「おふくどの!」

 投宿先の福籠屋ふくろうやの娘、おふくだった。笑顔のかわいい小柄な十五の娘で、里哉は毎朝ふくに会うのが楽しみだった。

 寄宿先を変えて会えなくなるのが残念だったので、嬉しいような──否、わけがわからない!


「そうだなあ。今朝、いい玉子が手に入ったから、ネギ入りの出汁入りの、ふっかふかの玉子焼きにすっかなぁ」

「きゃーっ!」

「あたしの分も忘れんなよー!」

「おっかさーん!」

──ここはいったい。


 里哉は、出しなに倫太郎に言われた、

『お里、驚かぬようにな』

の意味がようやく腑に落ちた。

「良徳様、わ、私が知らぬことが、江戸ここには山ほどあるようです」


 空で烏がカーと鳴いた。

 ひらひらと風に乗って、桜の花びらが舞い落ちてくる。


「里哉どの。どうぞこちらへお上がりくだされ」

 陽堂の円やかな声に、煎れたての茶のよい香りが加わった。

 幾分肩を落としながらも、明日からの暮らしに備え、里哉は招きに応じて履物を脱いだのだった。



(続く)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます