4話 よろずや吉次


 よろずや吉次は、文字通りの便利屋である。


──よろずひきうけます


 住居の外には、小振りな木札がさがっている。〼の字の横に酒徳利のいたずら書きがあるが、どう見てもヒラメの逆立ちだ。


 通りから一本入った間口の狭い借家で、瀟洒な割に、なんとはなしに胡散臭い風があった。


 その吉次の元へ、南町奉行所定町廻り同心 堤 清吾がやってきたのは、弥生も十日を過ぎた頃合だった。


「伊織さん、いるかえ」

 イオリさんとは、吉次のことらしい。曖昧ないらえとともに戸が開いた。


「どうしました」

(相変わらず人の気を読むのがうまい)

 堤は独りごちながら、招かれるまま中へ入った。


 住居のあるじは、二十代半ばの町人である。地味ななりをしているが、一筋すっと通ったものがある。

 なによりも目をひくのは、その容姿だ。

 女顔といってもよい秀麗な容貌に薄く笑みを浮かべている。

 なにを考えているのかわからない──よくそう言われる笑みだ。


「このところ姿を見せねぇから、心配していたんだが。調子はどうだえ?」

「調子もなにも。堤さんの仕事で留守にしていたことを忘れましたか?」

「忘れちゃいねぇさ。帰ってきても挨拶にも来ねぇから、気鬱の病がぶり返しでもしたかと心配したのさ」


 伊織は笑みを深めた。

「まあ、いろいろとあったので」

 それ以上の詮索を避けるように、ところで、と切り返した。

「なにか足りませんでしたか? 留蔵さんへお伝えしたこと以上には、まだなんとも」

「それとは別件だ」


 堤は小さな庭に面した敷居ぎわにどっかり腰を下ろした。障子が開け放たれて陽が注ぎ、なんとも気持ちがいい。


「伊織さんよ、お前さん〈白〉のこと、なにか聞いているかい?」

 ああ、とかすかに眉を寄せた。

「あれは、御支配違いではありませんか?」


 伊織は角火鉢で沸く湯を注ぎながら、ふと手を止め、代わりに奥から酒徳利を持ってきた。

「こっちにしますか?」

 酒か白湯か。

──聞くまでもない。

 湯呑みに冷酒を満たし、手渡した。

「やらねぇのか?」

結願けちがんしてませんから」


 伊織に探索のを教えたのは、堤清吾本人だった。

 それをもとによろずや始め、今では知る人ぞ知る、腕利きの密偵となっていた。


「あれは、厄介そうですよ」

「どう厄介なんだ」

 言葉を選ぶように目を宙空へ向けた。


「恨み、つらみ」

「ふん」

「金子ではありません」

「なぜだい」

「危険を犯しすぎている。世間に知れ、とばかりですよ。それに」

 と、笑った。

「旗本や小大名の賄い方は火の車。金子が目的ならば、商人にすればいい」

「順当だな」

 と、堤はどこか嬉しそうだ。


「で、どうする」

「これ以上は掛りがでますが、よろしいですか?」

 どきりとする上目遣いで、伊織は言った。


「ひでぇな。師匠筋からもカネをとるのかよ」

「それも堤さんからの教え。それに、この一件は危なっかしい」


 堤は、懐紙の包みを渡した。

「危険手当込みだ。しかし、命は掛けるな。まずいと思ったらすぐに引いてくれ」

「私に大望があることは、堤さんがよくご存知のはずだ」

 夜陰の月のような笑みを浮かべ、伊織は引き取った。

「足りなければ言ってくれ。この件の財布は俺じゃねぇ」

「ますます剣呑けんのんですね」


 誰、とは聞かない。いつものことだ。だか、堤は逡巡した。

──言っておくべきか。

 この男にしては珍しい。


 先んじたのは伊織だった。

「言わないでください。聞くとかえってよくなさそうだ。私は堤さんのために動く。堤さんは、私を金子で雇う。それが一番単純で、わかりやすい」

「そうだな」


 万が一を思って同意した。しかし、その万が一が起きてはいけない。

「この件の調べは三日に一度、必ず知らせてくれ。俺がいない時は、留蔵へ繋いでおいとくれ」

 堤が最も信頼する、五十絡みの御用聞きである。


「おお、怖い」

 いつにない慎重さにふざけて見せながら、伊織の目はしっかりと頷き返していた。



(続く)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます