第一章 白鬼の復讐

1話 昨今、江戸で流行るもの


「若様!」


 二木ふたき倫太郎は、小走りに付いてくる侍者を振り返った。


「その、というのはやめなさい。と、これで何度目かい?」

「はい、わかり、り、り、倫太郎様。……えーと、百と十三回目です!」

 懐にから書き付けを出し、元気よく読み上げた。


 この侍者、名を里哉さとやという。

 年は数えの十六で、今年、元服したばかりだ。

 小柄で年を若く──若いというより幼く──扱われると、子犬のように吠えかかるがある。

 眼が悪いのか鼈甲枠の眼鏡をかけ、懐中から出した帳面を一寸の距離でのぞき込んだ。


「お約束の刻限まで、四半刻(約三〇分)もありません。早くたどり着かねば、ご迷惑をおかけしてしまいます。万が一、そんなことになったら、私は父上に殺されます!」

「大丈夫だよ。私が悪かったと説明するから」

「い、いいえ」

 と、里哉はかぶりを振った。

「侍者である、私の責任です」


 倫太郎は、子どもにやるように、里哉の頭、ちょうど青々とした月代をぽんぽん撫でた。


「本当に、お里はかわいいなあ」

「若様!」

「はい、百と十四回目」


 筆先を舐めて、律儀に「正」の字を書き込見ながら、里哉は陽の高さと遠くに見える千代田城の櫓を見比べ、

「行き先はあちらです」

 東へ向かう広小路を指さした。


 この若侍、名を二木ふたき倫太郎りんたろうという。

 年の頃は二十歳はたち程度。背は少し高い方だが、大兵だいひょうというほどではない。どちらかというとやせぎすの、しかし俊敏そうな印象である。

 面立ちも美丈夫というよりは、人柄のよさが伝わるそれだ。

 こざっぱりとした身なりに大小を差し、どこか育ちのよい物腰であった。


 と、その時である。


 絹を引き裂くような悲鳴が上がった。

 往来の人々が一斉に足を止め、声の主を探すように周囲に首をめぐらす。


「わっ、じゃなくて、り、倫太郎様っ、こちらです!」


 声の方へ走り始めた野次馬に逆らって、里哉は倫太郎を引っ張った。

 騒ぎに巻き込まれたら大変だ。

──若様になにかあったら……。

 文字通り、父に首を絞められるだろう。いや、土蔵にひと月吊るされるか、水垢離百本か。


「お里は、ここで待っていなさい」


 倫太郎は里哉の制止をすり抜け、人が流れる先へ間を縫うように進んでいった。ごった返す野次馬にぶつかることもなく、どういう具合か水の上をすべるような足どりだ。


 昼日中ひるひなかの上野広小路は、寛永寺門前町ともあって尋常ではない賑やかさだ。

 通りの真ん中にまで所狭しと出店が並び、売り子が声を張り上げている。行き交うのは坊主、町人、武家、どこぞのお女中、笠をかぶった役者や見世物小屋の

 物見遊山と、墓参と、色が入り混じり、怪しげな遊興所が軒を連ねる二つとない歓楽地だった。


 倫太郎は、大きな輪になって取り巻く、その中心を覗き込んだ。


 引戸籠だ。

 戸が開け放たれ、中は誰の姿もない。周囲でどこぞの家中か、侍が複数右往左往している。若くはない上臈がひとり、唇を噛んで引戸籠を睨んでいた。


 半紙に小柄。

──


 ざわり、と周囲が騒いだ。


──だよ。

──また、かぁ。

──今度はどこの御家中かい。

──なにやっちまったんだろうねぇ。

──しっ。


 倫太郎は隣に立つ丁稚小僧を捕まえて聞いた。

「あれ、とは何なのだ?」

 え?という顔で目端の効きそうな小僧が見返した。妖怪でも見たような目つきである。きょろっと周囲を見回してから、声をひそめる。


「お武家さま、もしかして、お国許くにもとから出てきたばっかりなのかい?」

「まあ、そんなものかもしれないなあ」


 事実、倫太郎が御府内に寄宿して、まだ三日である。


「じゃ、仕方ないや。あれはさ」

「鬼?」

 ますますわからない。

 小僧はそっと声を落とした。


「最近、攫ってくんだ。それもお侍さんばかり。あの紙に書いた〈白〉ってやつ。町の噂じゃ、攫われた人はみんななにか悪いことしてるらしい。町方には関係ないから、こっちは安心なんだけどさ」

「そりゃ、大変だなあ。まさか侍をかどわかすなんてなあ」

 まさに晴天の霹靂。切腹ものの醜態かもしれない。


「本当だよね。ええっと、これで」

 と、小僧はひ、ふ、みと指を折る。

「これで五人目かな。お武家さまも気をつけなよ」

「そうだなあ」


 と、東の方から、侍の一団が駆けてきた。引戸籠の御紋は丸に桔梗。家中の者だろうか。


 倫太郎は、すっと身を引いた。里哉の待つ方角へ踵を返す。


──どうやら、江戸とはかなり物騒なところらしい。

 まったく妥当な感想であった。



(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます