君の手は冷たく、そして暖かかった。

作者 矢田川いつき

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なぜこんな逸作が書籍化されていないのか、素直に疑問。

雪女と主人公の突然の出会い。
二人の心情の変化。
大切な人を助けたいという想いの交差。
最後に残される彼女の想い。

読み終えて、思わず叫んでしまいました。
感動のラストに注目です。

読まなきゃ損!ですよ!

★★★ Excellent!!!

焼けるような痛みと熱さをもたらす「痛熱病」
それは不治の奇病ゆえに、高校生の少年を絶望させる。
希望無き病床で、彼は「雪女」と名乗る少女に出会う。

青い瞳を煌めかせる天衣無縫の真っ白な少女。
彼女は少年の熱を吸い取って、自らの身体に色素を生じさせた。
黒い髪と黒い瞳の印象的な美少女の姿で、少年の病を治すと言う。

以来、行動を共にするようになった少年と少女の交流が瑞々しい。
少年が名の無かった雪女の少女に「夏生(なつは)」と命名する。
彼らの心の距離が近付くほどに、夏生は雪女ではない存在へ……

大切な人を助けたい。
一心で犠牲をいとわなかった夏生の行方は?

君の手は冷たく、そして暖かかった。
タイトルの示す結末に帰結する。

感動の軌跡を、ぜひ見届けてください。

★★★ Excellent!!!

初夏なのに雪がちらつく不思議な日に出会った佳生と夏生。
佳生は痛熱病という不治の奇病に侵され、夏生は真夏の空の下で生きてみたい雪女の少女。
病の苦しさから荒んだ病床生活を送っていた佳生が、夏生によって変わっていく姿は必見です。
そして夏生の突き抜けた明るさに笑みをもらい、佳生や友だちを大切に想う気持ちに胸を打たれました。
特に夏生のボイスレコーダー。涙、涙でした。

ひまわりの花言に込められた夏生の想いに、あなたも心を響かせてみませんか?

★★★ Excellent!!!

雪女という人物と、病気の男の子が関わるというストーリーです。
その思いつきも凄い!!!
雪女ちゃん(夏生ちゃん)の明るいキャラと、主人公のふれ合いが主ですね。
毎回ニコニコ(ニヤニヤ?)して読んでます。
題名も雪女という不思議なキーマンをよく引き立てていると思います。

私自身も、続きが楽しみです。
ぜひ読んでみてください。