記憶を踏みつけて愛に近づく

作者 水瀬 由良

気持ち悪さという名の美しさ

  • ★★★ Excellent!!!


ハッピーエンドが好きです。
見ていて幸せになれる物語が大好きです。

でも、感情を持つ生き物として、どうしようもないほどに抑えきれない何か。端からみれば狂っている、気持ち悪いと評されるであろうきっとマイナス方向に当てはまってしまうその感情をこれでもかと表現されている内容は、なぜかどこか惹きつけられてしまいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

@chauchauさんの他のおすすめレビュー 512