外への扉の鍵は、血と眠り

作者 一沢

1巻 改訂版 正気とは―――」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 自主企画への参加、ありがとうございます!


    大ボリュームでした笑
    読者様が読みやすいように分割した方がいいかな?と思いました。スマホだと正直、読むのが大変です。内容が面白いので勿体ないと思いますよ。

  • 自主企画「書籍化を志望する作品の集い」にご参加いただきありがとうございます。
    1巻の表記に恥じず、壮大なボリュームですね。だいたい10万文字くらいでしょうか。ちょうど書籍にした時の1巻分くらいですね。
    全部読もうとしたのですが、企画の作品の巡回中のため、お姫様抱っこのところまでにしました。ここまででも冒頭から目、オーダーの設定など惹き込まれるところがありました。また今度読ませていただきたいと思います。
    あと、各所で誤字報告をしていますが、いくつかありました。
    「あまりも理不尽」「用意してないくて」「ベンチついており」「諦めて方がいいかも」「最初こそつかかってきた」「仕事を紹介をして」「更にくすぐったいのか」
    ではでは。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    出来る限り早く直します。

    2020年3月1日 16:47