第1話 【書籍化】さがしもの

 三十代前半の高橋美和たかはしみわさんに聞いた話だ。


 事務の仕事に就いている高橋さんは、最寄り駅から職場に向かうさい、とある横断歩道を必ず渡る。オフィス街を突っ切る国道に設けられた横断歩道で、その雑然とした人混みの中にそれは立っているのだという。


「毎日いるんですか?」


 僕が興味本位で尋ねると、高橋さんは「はい」とうなずいた。


「横断歩道のちょうど真ん中あたりに立ってます。今になって思うと誰かをさがしていたんですよね」


 それはショートカットの痩せた女性だった。年齢は十代後半から二十代前半。顔全体に濃い影がかかっているものの、目だけはぎろりと底光りしている。


 もっとも、そう視えているのは霊感体質の高橋さんだけだ。横断歩道を行き交う人たちは女性の横を素通りしていく。まったく視えていないのだ。


「でも、その子、しばらく前に突然いなくなったんです」高橋さんは神妙な顔で続けた。「たぶん、男の人についていったんだと思います」


 ある日の朝、いつものようにその横断歩道に差しかかると女性の姿がなかった。不思議に思ってあたりを見まわすと、信号待ちをしている車の中に女性はいた。


 車はいかにも高級そうな国産車で、ハンドルを握っていたのは五十代前半とおぼしき男性だった。


「あの子、助手席に座っていました」


 グレーのスーツを折り目正しく着こなしたその男性は、助手席の女性にまったく気づいていないようすで、スマホを耳にあてて誰かとの会話に夢中だったそうだ。


「そのショートカットの女の人って、ドライブがしたかったんですかね?」


 僕が冗談めかして尋ねると、高橋さんはうっすら笑った。それから、また神妙な顔に戻った。


「ドライブが目的ならいいんですけどね……」


 高橋さんには少し気になることがあった。


 五、六年前の出来事らしい。職場の先輩に教えてもらった話によると、その横断歩道でひき逃げ事故があったそうだ。亡くなったのは若い女性で、犯人は未だに捕まっていない。


「さっきも言いましたけど、あの子、きっと誰かをさがしていたんです。目をぎろりと光らせて。そのさがしていたのは、たぶん……」


 少し間があった。


「いろんな霊がいますけど、あんなのはじめてです……」

「あんなのって?」

「男の人の首に噛みついていたんです」


 やはり目だけをぎろりと底光りさせて、男性の喉仏に歯を食いこませていたそうだ。


「あの男の人、今頃どうしているでしょうね。なにも問題が起きていなければいいんですけど……」


 男性の運転する車にこっそり乗りこんだ女性は、その日を境いにして横断歩道に立たなくなったという。もしかしたら、今も男性の首に噛みついているのかもしれない。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る