ちょっとマヌケな感じにしてもらえませんか?



「社長」

と玄関ロビーを入ったところで、同じ秘書課の堂端尊どうばし たけるが駿に声をかけてきた。


 薄い銀縁の眼鏡をかけ、すらりとした堂端は、如何にも切れ者の秘書、と言った感じで、未悠は入社したときから、この先輩がちょっと苦手だった。


 未悠は駿の少し後ろに控え、ぺこりと堂端に頭を下げる。


 堂端はチラとこちらを見たが、なにも言わなかった。


「社長、今日の昼食会、浜田さんは来られないらしいです」

と言いながら、堂端は駿と一緒に歩いてエレベーターに向かう。


 うわー、堂端さんとあんな狭い箱の中に……。


 ひとつ遅らせて乗りたいなー、と未悠は思っていた。


 呑み会ですら、隙のない堂端と居ると、今にも叱られそうで、隙だらけの未悠はいつも緊張してしまう。


 なので、いつも彼とは、あまり目を合わせないようにしていた。


 よく考えたら、後輩としては、甚だ失礼なことなのだが……。


 しかし、此処でエレベーターに乗らないわけにはいかない。


 ましてや、社長は遅刻しないようにと、わざわざ車で乗せてきてくれたわけだし。


 未悠は、一番最後にエレベーターに乗り込むと、出来る限り隅の方に立ち、じっとしていた。


 その間、堂端はずっと駿と仕事の打ち合わせをしていた。


 すごいよなあ、堂端さん。


 あの若さで、あんなに仕事任されて。


 社長に信頼されてるもんな。


 ……私も信頼されてはいるな。


 こいつに任せたら、必ず、なにかやらかす、という意味での信頼だが。


 そんなことを考えているうちに、エレベーターはつき、駿は社長室へと向かった。


 堂端はそのままついていくのかと思ったが、とどまり、未悠を振り返る。


海野うんの、お前、今日、社長に送ってきてもらったろう」


 うっ、ご存知でしたか、と未悠はつまる。


「す、すみません。

 遅刻しかけたので」


 社長に乗せてきてもらった理由にはなっていないな、と思いながらも、そう言うと、冷たい目で見下げられ、

「公私混同はなはだしいな」

と言われた。


 そのとき、ふと――。


 何故だろう、ふと――。


 いつもは目を合わせないようにしている堂端の目を見てみた。


「……堂端さん」


 なんだ? と堂端がこちらを見る。


「眼鏡外してみてくださいませんか?」


 はあ? と堂端が、使えない部下の突然の要求に声を上げる。


「眼鏡外してみてください。

 で、髪伸ばして、ちょっとマヌケな感じに話してみてくださいませんか?」


「海野……」


 はい、と言うと、

「社長はよく、お前みたいな訳のわからないのと付き合ってるな」

と言われてしまう。


「いえ、別に付き合ってはいません。

 付き合ってはいませんが、ちょっと眼鏡、外してみてください」

と近寄ると、ジリッと堂端は逃げていく。


「何故だ。

 というか、私がお前に従わなければならない義理はないっ、社長の愛人っ」


「愛人じゃないですよっ。

 っていうか、社長、独身なのに、何故、愛人扱いですかっ?」

と言うと、


「社長はしかるべき家の娘といずれ、ご婚約されるだろう。

 お前など愛人程度にしかなれんっ」

と言われてしまう。


「そんなものなる予定はありませんっ。

 っていうか、王子が正妻にしてくれるというのに、愛人とか。


 社長は王子より偉いんですかっ」


「訳のわからぬことを言うなっ。

 っていうか、近寄るなっ」

と言う堂端をドアまで追い詰める。


 ……なんか私が堂端さんを襲ってるみたいになってるんだが、と思いながらも、未悠は追い詰めた堂端の眼鏡を剥ぎ取る。


「シリオ!」

と瓜二つのその顔に思わず言ったとき、内開きのドアが開いてひっくり返った。


 いたた……と未悠は咄嗟についた手のひらと膝に衝撃が走り、声を上げる。


「私の上から退けっ、愛人っ」

と堂端が叫ぶと、


「誰が誰の愛人だ?」

と頭の上から声がした。


 堂端と二人、上を見る。


「社長っ!」


 駿が、なにやってんだ、この莫迦どもがっ、という顔をして見下ろしていた。


 組んだ腕を指先でイライラと弾きながら、

「未悠っ。

 堂端の上から退けっ」

と駿が言う。


 あっ、すみませんっ、と未悠は慌てて、堂端の上から退いた。


「……未悠は俺の愛人じゃないぞ」


 淡々とした口調で言った駿が怒っていると思ったのか、堂端は慌てて、起き上がり、そこに正座する。


 申し訳ありませんっ、と土下座する勢いで頭を下げた堂端の上から駿が言った。


「そいつは俺の妹だ」


 ……は?


 固まっている未悠を見下ろし、駿は言った。


「知らなかったのか、マヌケだな」


 だが、駿は一拍置いて、いつもの偉そうな顔のまま、繰り返す。


 ……マヌケだな、と。


「俺もだが――」





 何処か違う世界に行きたいと願っていた。


 あの話を聞いたときから――。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます