いやー、テンキーの早打ちくらいしか

 

「なにか呑むか?」


 シリオを叩き出したあと、アドルフは美しい細工の入った銀の杯を出してきた。


「そうですか。

 では、いただきます」


 窓際のテーブルを勧められたので、そこに向かい合って座り、葡萄酒をいただくと、アドルフは自分は呑まずに、こちらの顔を見ていた。


 未悠が美味しくいただいたところで、

「お前、なにが入ってるかもわからないのに、あっさり呑むなよ」

と言ってくる。


「……呑む前に止めてくださいよ」

ともう底に少ししかない赤紫色の葡萄酒を見た。


「だが、いい呑みっぷりだった」


 そう言い、立ち上がったアドルフはテーブルに重そうな布袋を投げてくる。


 金属がこすれ合うような音がしたので、恐らく、金貨が入っているのだろう。


「持っていけ。

 それで、エリザベートやシリオに礼をし、新しいドレスを買え」


 そう言い、アドルフは再び、腰を下ろした。


 未悠が布袋には手をつけずに、

「そんなに入ってるんですか?」

と問うと、偉そげに脚を組んで座るアドルフは、


「そんなに入っている」

と言う。


「いやー、たいしたゲームじゃなかったので、そんな、いらないですよ。

 せいぜい金貨十枚くらいで」

と言うと、アドルフは眉をひそめ、


「お前、何処から来たのか知らないが、この国の金貨十枚は結構な金額だぞ」

と言ってきた。


 そうなのか。

 金貨一枚、千円か、一万円くらいかと思っていた。


 それにしても、十枚ではもらい過ぎだが。


 なんとなく、貨幣だと小銭、というイメージが自分たちにはあるから、つい、軽く十枚などと言ってしまったのだ。


「じゃあ、これ、相当ありますよね」

と布袋を見て言うと、


「その辺の兵士の二十年分くらいの給料だ」

と言う。


「……そんなにいりません。

 じゃあ、一枚で」

と言うと、


「それは賭けの勝ち金じゃない。

 お前の代金だ」

と言われ、未悠は訊いた。


「……え? 今夜の?」


「一晩でか。

 高過ぎだろう」


 いや、そんなものの相場は知らんが、とアドルフは眉根を寄せる。


「それに、お前、どうせ酒の相手くらいしかしないんだろう」

と言われ、


「よくご存知で」

と未悠は笑った。


 目の前にカードを投げられる。


「酒はいい。

 ちょっと付き合え。


 金はいらないというのなら、それを元手にしろ」

とアドルフは布袋を指す。


「でも、王子、お疲れなんじゃないんですか?」

と言うと、


「いや、疲れてるんだが、今日もクソ面白くもない舞踏会などに出さされて、このまま、つまらない気分のまま寝るのも嫌だから、お前を呼んでみたんだ」

と言ってくる。


「なるほど。

 眠れないので、ちょっと大道芸人を呼んでみた、みたいなもんですか」

と言った未悠に、王子は、


「お前はなにか芸が出来るのか?」

と広げた手持ちのカードを見ながら言ってくる。


「……テンキーの早打ちくらいしか」

と言って、なんだそれは、と言われてしまった。


「ああ、あと、ものすごい早さで、100均の折り紙で箸袋を折れます」


「最早意味がわからないから、早く始めろ」


 眠いんだ、と言いながら、カードを出してくるアドルフに、


 ……いや、だから、さっさと寝たらいいんじゃないですかね? と思っていた。





 アドルフは誰かが枕許で本を読んでいる声で目を覚ました。


 やさしい声だな、と思う。


 まるで子どもに絵本でも読んでいるような口調だが。


 ……内容は面白くもない城の規律についてなんだが。


 目を開けると、部屋ほどもある広い真っ白なベッドの上に未悠が居た。


 あのドレスを着たまま、うつ伏せになり、自分の横で本を読んでいる。


 目を開け、その姿を見ていると、

「あれ? 起きました?」

とこちらを見て、言ってくる。


「王子が寝たあと、私の方が眠れなくなっちゃって」


 帰っていいかもわからないし、とくつろぎ切っていたことを誤魔化すように笑う未悠に、

「なんでその本読んでたんだ?」

と訊いてみた。


「王子が読めって言ったんじゃないですか。

 ゲームに疲れて寝るから、枕許で本を読み聞かせろって。


 適当にその辺の本をつかんで投げてきたのが、これだったんです」

と未悠はその分厚い本を見せてきた。


「……それは、時計塔の下で拾った本だ。

 私には読めない」


 なんとなく捨てられなくて持っていた、と言うと、

「これ、本の形はしてますが、ノートのようですね。

 誰かが書き綴ったもののようです。


 ラテン語みたいなんですが」

とそれをめくりながら、未悠は言う。


「ラテン語?」


「そういう言葉が私たちの世界にはあるんです。

 それと似ています。


 私は大学でちょっと勉強しただけですが」

と言ったあとで、未悠は渋い顔をする。


「どうした?」

と訊くと、


「今、私はどんな言葉をしゃべっているのでしょうね。

 私には貴方がたの言葉がちゃんと意味をなして聞こえます。


 でも、きっと日本語ではない」


 やはり、これは夢の世界なのでしょうか、とわからぬことを言い、何故か少し寂しげな顔をする。


 思わず、未悠の後ろ頭に手をやり、引き寄せようとして、額を派手に厚い本で殴られた。


「お前っ、無礼討ちにするぞっ。

 慰めようと思っただけだろうがっ」

と起き上がり叫ぶと、


「なんで私に貴方がキスしてきて、私が慰められるんですかーっ!」

と未悠は叫ぶ。


 舞踏会のつまらなさも吹き飛ぶくらいの騒がしい夜だった。




「あら、シリオ様、まだ起きてらしたんですか?」


 廊下をウロウロしていたシリオはエリザベートに出くわした。


「ああ、すみません。

 なんだか寝付かれなくて。


 ちょっと娘を嫁に出したような気分です」


 数日前に知り合った、歳もそう変わらぬ娘ですが、と言うと、笑い、

「私もです。

 なにやら落ち着きません」

と言ってくる。


 今にもなにかやらかしそうだからな、あの娘。


 あの剣も持たせていることだし――。


 王子となにかあれば、未悠が使わなくとも見つかるはずなんだが。


 今のところ、なんの騒ぎにもなっていないようだ、と王子の部屋を窺うように天井を見ると、エリザベートが、

「なにかお呑みになりますか? シリオ様」

と訊いてきた。


 あ、ああ。

 いただきましょう、と言って彼女のあとについていく。


 未悠め。

 どうなってるんだ?


 ドジ踏んで、既に切り捨てられて埋められてるとか?


 ちょっと可哀想だったかな、と思っていたので、翌朝、驚いた。




「なんだ。

 生きてるじゃないか、未悠」


「どんな言いようですか」


 朝食の席で顔を合わせた未悠は憤慨してそう言ってくる。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます