第9話 魔法式

 今日も講義を終えた私は『竜魔の塔』へやって来ました。

 ……未だに、此処へ来るのは勇気がいります。

 それでも、中を進み教授の研究室へ。ノック。


「テトです」

「開いてますよー」


 何時もと変わらないアレン先輩の声がしました。

 それだけで、ふわっ、と身体が軽くなるような気がします。

 研究室へ入ると挨拶。


「こんにちは?」

「どうして、疑問形なんですか。やぁ、テト。毎日、講義、御苦労様です」


 ソファに座り、分厚い古書を読まれている先輩が軽く手を振られました。

 室内に、この部屋の主であるアンコさんと教授の姿はなく、更には紅髪の公女殿下もいません。

 講義に出ている……と、いうわけでないでしょう。

 

 何しろ、先輩とリディヤ先輩は学生にして学生に非ず。

 

 大学校内で……いえ、大学校の長い歴史上でも二人しかいない『講義免除』の身なんですから。

 教授にこっそりと聞いたところ『テト嬢、なら逆に問うが――君は『剣姫』に何かを教えられる剣士や魔法士が王国内にどれ程、いると思っているのかな? 僕が見る限り、精々十人、といったところだろう。そして、アレンは僕宛に届いた、解けないが為に行き場を失った魔法関連の依頼、その過半を任せているんだよ? そんな子に、ここの教師達が教える?? ふふ……君も中々、言うじゃないか。あの二人が、此処にいるのは、多分にだ。聞きたいかい?』

 勿論、断りました。聞く場合は先輩に聞きます。

 むしろ…………僅かな期間で驚かなくなった自分が少しだけ悲しかったです。

 私は鞄を降ろし、質問します。


「えっと……アンコさんと教授は?」

「ん? ああ……教授は、出廷中です」

「ほぇ!?」


 変な声が出てしまいました。

 い、今……『出廷』と聞こえたような……。

 王国最高峰の魔法士である、あの教授が!?

 動揺する私を見て、先輩はくすくす。


「テトは本当に表情が豊かですね。さ、帽子も取りましょう」

「あ!」


 先輩の浮遊魔法と風魔法で帽子が奪われ、帽子掛けにかかります。もうっ!

 ……相変わらず、綺麗で繊細なのに、凄い安定性の魔法式です。

 少しだけ頬を膨らましながら、ポットに水を入れ、沸かし始めます。

 ――先輩が私へ要求したのは、たった一つでした。


『研究室には、毎日来なくてもいいです。好きな時に来てください。ただし、来た時は紅茶か珈琲を淹れてくれると嬉しいですね』


 変な人です。

 でも――嫌じゃありません。結局、放課後は毎日、此処へ来てしまいますし。

 私は、研究室内をきょろきょろしながら、問いを再開します。 


「教授は……どなたかに、その……訴えられたんですか?」

「ええ。『王都愛猫会』に匿名の訴えがありまして。曰く『教授は我等を軽んじ、会合時にアンコ嬢を連れて来ること稀! これは許し難き大罪である!!』と。確かに大罪です。訴えられるのも無理はないと思います」

「は、はぁ……」


 ……変な人には、変な人が集まっているようです。

 私は近寄らないようにしないと!

 お湯が沸くまでの間に、何を淹れるかを考えます。

 教授も先輩も食道楽な方々なので、研究室には王国だけでなく、海外からも紅茶や珈琲、御茶菓子が届きます。


「リディヤ先輩はどうされたんですか? …………も、もしかして、せ、先輩、浮気を!? は、早まらないでくださいっ!!! お、王都を火の海にするおつもりですかっ!?!!」

「…………テト、僕がモテるとでも思ってるんですか? 時に人は言葉で死ぬんですよ??」


 先輩が珍しく落ち込まれます。

 ……この人がモテない?? 

 小首を傾げ――手を打ちます。


「ああ、そういうことですね!」

「…………いったい、何が『なるほど』なのかは、敢えて聞きません。多分、泣いてしまうので。リディヤは屋敷です。南都から御両親が来られているので」

「??? なら、どうして、先輩は此処に?」

「テトで遊――からかっている方が、精神衛生的に健全ですからね。公爵殿下と公爵夫人が、リディヤと話したいことがあるそうで、夕方から行きます」

「なぁ!? 言い方! 言い方がおかしいですっ! 遊ぶ、も、からかう、も結局、私に実害があるじゃないですかっ!!!」

「……おや?」

「おや? じゃないですっ! そういうところがモテないんですよっ!」

「ごふっ!」


 先輩がソファーに倒れこみます。

 やってやりましたっ! やられっ放しはテト・ティフェリナの流儀じゃないんですっ! ……多分、リディヤ先輩が『絶対の楯』と化していて、モテないだけなんでしょうけど、教えてなんかあげません。

 お湯が沸いたので、丁寧に丁寧に、王国西方産の紅茶を淹れていきます。

 ……べ、別に、先輩に美味しい紅茶を飲んでほしい、なんて思っていません。

 私が美味しい紅茶を飲みたいだけ。他意は微塵もありませんっ! そうですっ!

 自分自身を納得させつつ棚からカップを取り出します。

 

 先輩のは小さな赤の鳥がカップの底に描かれたもの。

 私のは、先輩とリディヤ先輩が、侃々諤々の大討論の末、決定した可愛らしい黒猫が描かれたものです。


 それだけで――浮き浮きしてしまいます。

 ティーポットとカップ、御茶菓子を選んでテーブルへ。

 

「先輩、淹れますよ?」

「うん~」


 先輩は文献を凄い早さで捲り――閉じます。

 身体を伸ばし、ぐたぁ、とします。


「…………はぁ、疲れました」

「何を読まれていたんですか?」

「んー……テトが気になっていることですかねー」

「! わ、私は、べ、別に何も、気にしてなんかいませんよ? ええ、気にしてなんかいませんっ! あの二人との模擬戦を勝手に決めておきながら、後輩を放り出しっぱなし薄情者な先輩のことなんて、気にしていないんですっ!」

「くっくっくっ……気にしてるじゃないですか」

「……だってぇ」


 先輩の前へ小皿に載せたカップを置き、紅茶を注ぎます。

 ――いい香り。 


「ありがとう」

「どういたしまして」


 一口。うん、今日も美味しく淹れられました!

 とっても穏やかな時間が流れます。

 ……大学校の講義は、難しいですが、同時に好奇の視線にも曝されて、お世辞にも居心地が良いとは言えないので。

 あと、確かに私は二人の男子生徒――イェン・チェッカーとギル・オルグレンとの模擬戦を気にしています。

 でも、正直言うと


「…………こういう時間がそのままなら、負けてもいいかな? と思うんです」

「テトー、思ってることが、またしても口から出てますよー」

「! せ、先輩、魔法を使いましたねっ!?」

「冤罪はよくないと思います。まぁ」


 先輩が、焼き菓子を私に放ってきました。

 受け取り、頬張ります。


「今のままでも楽勝なんですが、圧勝に変えます?」

「……ふぇ?」


 あっさり、と先輩が告げてきました。

 えっと……


「……先輩、私、多少の実戦経験があるだけ、なんですけど」

「でも、一週間、僕の魔法式を見て、こっそり練習していたでしょう?」

「! に、にゃぜ、そ、それを」

「バレバレです。あと、練習する度に、僕の様子を覗うのは止めましょう。リディヤと笑いを堪えるのに必死でした」

「!?」


 私は、紅茶を飲んで自分を落ち着かせ――……むーりーでーすー。

 頭を抱え、蹲ります。

 ……先輩もリディヤ先輩も意地悪が過ぎます。

 笑い声。


「自分で弄って分かったと思いますが、僕の魔法式は既存のソレじゃありません『白紙』部分が多く、僕が『いる』と仮定する精霊に任せてしまう領域を増やしてあります。結果――こういうことも可能になります」

「っ!?」


 一切の魔力も感じさせず――先輩の魔法弾が私の急所を全て射抜く幻想。

 あ……今、私、死んだ……。

 先輩が、手を軽く振られ、魔法を消されました。


「僕から何も言わず、この魔法式を自分で試した君が、あの二人に負ける? ないです。初手で全方位から射抜き――お仕舞いですね。けれど、それじゃ少しばかり、味気がありません。折角の、君のお披露目ですからね。派手にしましょう!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます